さようなら Windows 〜Linuxへ乗換えよう!〜

2014年4月9日 WindowsXPのサポート打ち切りから早1年。今こそ真に Linuxへの移行を!

全体表示

[ リスト ]

Welcome to the Linux Mint
 Microsoft/Windows XPとOffice 2003 のサポートを終了
 
 
 
 
 
 
 
前回からかなり間が空いてしまいました。
実は先日ようやくにして妻のパソコン「NEC製 Lavie LL750/C(WindowsXP)」をLinuxMint13に移行しました。
移行したついでにウイルスソフトのインストールを検討してみることにしました。
 
Linuxをサーバーでなくデスクトップとして使用する場合、ウイルスソフトをインストールすることについては、必要なしとの考えが主流なのかなと思います。
ただ、我が家はWindowsパソコン(7)が生き残っているので、ネットに繋いでWindowsとファイルのやりとりもあるかもという状態なので、一応インストールすることにしました。
 
一応ということもあり、無償のソフトを探すことに(そもそも「無償のオープンソースソフトウェア」それが基本!ですが)。
そこで、LinuxMintで使えるウイルスソフトですが、
最も手近なのが、「ClamAV」のようです。
 
イメージ 1
 
「ClamAV」には、GUI管理ツールとして「ClamTk」があります。
LinuxMintの「ソフトウェアの管理」で「clam」で検索すれば表示されますのでインストールは楽です。「Clamav」はそもそもインストールされているかもしれませんの
で、その場合「ClamTk」をインストールして下さい。
 
とここまで言っておいて実際にインストールしたのは、「Comodo Antivirus for Linux」です。
 
イメージ 2イメージ 3 
 
というのも、[ソフトウェアの管理]からインストールした「ClamTk」で、ウイルス定義ファイル(シグニチャ)がうまく更新できなかったからです。試しに「ClamTk」のバージョンを上げてみたのですが、シグニチャは更新できたのですが今度は動作が今一つ?だったもので。
 
また、この「Comodo Antivirus for Linux」のサポートOSの一つに偶然?LinuxMint13が載っていたということもあります。
早速サイトからLinuxMint用のdebファイルをダウンロードして、ダブルクリックしてインストールしました。
インストールは何の問題もなく終了。
それではと起動すると、左側の盾画像に「赤背景に×」が付いていて「Filesystem filter driver is not loaded!」と表示されていました。
「ん?」
まあ、このような場合何か問題ありですよね(笑)
盾画像の下に「Run Diagnostics」ボタンがあって、それを押すとメッセージが表示されるわけですが、内容が・・・。
で、webを巡り巡って辿り着きました。
端末(ターミナル)から、(sudoを使って)スーパーユーザーで、
$ sudo bash /opt/COMODO/post_setup.sh                        
$ sudo /etc/init.d/cmdavd restart                              
を実行するようにとの表示だったようです。
 
そのまま実行すると、赤い盾は緑の盾に変身!
 
イメージ 4
 
更に、リアルタイムスキャンができるか、悪さをしないテスト用のウイルスファイルがダウンロードできる 「eicar」
で試してみます。
 
イメージ 5
お見事!
 
今回は以上です。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事