フリースペース おっちー塾

"おっちー塾"のコンセプトは“学ぶことの喜び”を分かち合いたい、実感してもらいたい。

全体表示

[ リスト ]

数字のまやかし

官僚や政治家のみなさん
単なる数字だけを
判断根拠にするのはやめてもらいたい!
 
何のことかって?
国家財政逼迫(本当かな?)の折
予算カット
それも選挙票で影響の薄そうなところを
 
 
義務教育の1クラスの定員数を元に戻すって
 
小学校「1年生35人以下(2年生以降は40人以下)」を「40人」にするという
〜 財務省の案 〜
 
その根拠は(導入前の0610年平均と導入後1112年平均の検証結果)
○イジメ件数が増えた{イジメ認知割合10.6%11.2%
○不登校生の数が微減{4.7%4.5%
「イジメ防止に改善は見られず、これでは児童・生徒の定員数を減らしても意味はなかった」
だから、「40人学級に戻す」
これにより教員数を4,000人減らし 86億円が削減出来ると
 
ちょっと待って!
 
かつて教育現場で従事した私から言わせてもらえば
高校で1クラス45人から40人に生徒が減った時
生徒一人一人の見え方が大きく変わった
一人一人の個々人が見られるようになったことを実感出来た
 
「イジメ件数が増えた」
今まで イジメられている子どもがいた にもかかわらず
教師がそれに気づかずにいた
それが1クラスの定員減によって
イジメ発見がしやすくなった結果がこの数字である
 
数字は一人歩きをしがちである
その数字を どう見て どう解釈するか
経済効果のみしか視点のない
政治家・官僚のみなさん
教育ってェのはそんなもんではあらへんで!
 
<追記>
施策提言する「審議会」(有識者で構成)
このメンバー人選に問題あり
何故なら、政府の意向を汲む人材を
メンバーにする為 「結論ありき」なのである

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事