フリースペース おっちー塾

"おっちー塾"のコンセプトは“学ぶことの喜び”を分かち合いたい、実感してもらいたい。

スタッフつれづれ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

年度末!

今日で平成26(2014)年度が終了!
 
今日の新聞には教職員の異動や退職者が掲載されている
元同僚等知人も今では すっかり少なくなってしまった
〜時の流れを感ぜざるを得ない〜
 
私が新聞のこの欄に載ったのは7年前
そして
“困っている子ども”へのボランティア支援活動団体
「おっちー塾」を立ち上げ・開塾して丸7年が経つ
 
始めは、大学生であった私の教え子たちが協力してくれ
「おっちー塾」を立ち上げることが出来た
しかし、当初、知名度もなく生徒も誰もいない
ただひたすら“待つ”日々……
〜嘘のような日々でした(笑)〜
 
生徒も 今は、徐々に集まり
賑やかな日々となりました
 
スタッフも
既に、私の教え子たちはみな社会人となり
今は、ご近所の方々や近隣の大学生さんが
ボランティアで「おっちー塾」を支えてくれています

みなさん 子どもたちの“笑顔”のために


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

活動時間
火曜日・木曜日 /16:00〜18:00 
土曜日     /13:00〜15:00

ホームページはこちら→
http://occhijuku.weebly.com/

連絡先はこちら→occhi_juku@yahoo.co.jp

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

★困っている子どもへの学習支援
・不登校
・日本語を母語としない子ども

★保護者の相談にも応じます

★横浜・東戸塚駅(徒歩1分) 「とつか区民活動センター」

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

スタッフの活躍!

明日から南三陸町に行ってきます。
今まで東京でちょっとしたボランティアや
募金くらいしかしてこなかったので、
震災の被害を実際に自分の目で見たり、
被災した方から話を聞くことはありませんでした。

もう春には4年が経ち、
行動するには遅いかもしれないけれど
現地に足を運んでみようと思います。

「できる人ができる時にできる事を!」
おっちー塾のボランティア精神を胸に、行ってきます。
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

活動時間
火曜日・木曜日 /16:00〜18:00 
土曜日     /13:00〜15:00

ホームページはこちら→http://occhijuku.weebly.com/

連絡先はこちら→occhi_juku@yahoo.co.jp

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

★困っている子どもへの学習支援
・不登校
・日本語を母語としない子ども

★保護者の相談にも応じます

★横浜・東戸塚駅(徒歩1分) 「とつか区民活動センター」
          (こちらへの問い合わせは御遠慮下さい)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

数字のまやかし

官僚や政治家のみなさん
単なる数字だけを
判断根拠にするのはやめてもらいたい!
 
何のことかって?
国家財政逼迫(本当かな?)の折
予算カット
それも選挙票で影響の薄そうなところを
 
 
義務教育の1クラスの定員数を元に戻すって
 
小学校「1年生35人以下(2年生以降は40人以下)」を「40人」にするという
〜 財務省の案 〜
 
その根拠は(導入前の0610年平均と導入後1112年平均の検証結果)
○イジメ件数が増えた{イジメ認知割合10.6%11.2%
○不登校生の数が微減{4.7%4.5%
「イジメ防止に改善は見られず、これでは児童・生徒の定員数を減らしても意味はなかった」
だから、「40人学級に戻す」
これにより教員数を4,000人減らし 86億円が削減出来ると
 
ちょっと待って!
 
かつて教育現場で従事した私から言わせてもらえば
高校で1クラス45人から40人に生徒が減った時
生徒一人一人の見え方が大きく変わった
一人一人の個々人が見られるようになったことを実感出来た
 
「イジメ件数が増えた」
今まで イジメられている子どもがいた にもかかわらず
教師がそれに気づかずにいた
それが1クラスの定員減によって
イジメ発見がしやすくなった結果がこの数字である
 
数字は一人歩きをしがちである
その数字を どう見て どう解釈するか
経済効果のみしか視点のない
政治家・官僚のみなさん
教育ってェのはそんなもんではあらへんで!
 
<追記>
施策提言する「審議会」(有識者で構成)
このメンバー人選に問題あり
何故なら、政府の意向を汲む人材を
メンバーにする為 「結論ありき」なのである

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

塾長

小さな記事だけれど、何か元気をもらえた!
 
今日(1019日)の東京新聞『あの人に迫る』で
燦葉出版社長の白井隆之氏のインタビュー記事
 
ポリオ(小児麻痺)であった白井氏
小学校4年時の体験をこう語る
 
「運動会では嫌でも走らされる。
どうやっても一番になれない。
一番でなくても周囲が応援してくれる。
ゆっくり走るから周りが見える。
応援してくれる姿が見える。
ビリでもすごい拍手が来た。
ビリでも認めてもらえるのだと思って感動した。
これまで恥ずかしかったけれど、
これでいいんだと思った。」
 
ポリオであることに劣等感を持っていた白井氏が、
この運動会の体験を通し、
“自己肯定感”を持つ。
そして
「出来ないものは出来ない。
出来るものは出来ると割り切れるようになった」と。
 
 
ありのままの自分を認めることにより、
ポジティブな人生を歩み始めることを可能にする。
 
そんな記事を読み、“ほっこり”とさせられた!
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

活動時間
火曜日・木曜日 /16:00〜18:00 
土曜日     /13:00〜15:00

ホームページはこちら→http://occhijuku.weebly.com/

連絡先はこちら→occhi_juku@yahoo.co.jp

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

★困っている子どもへの学習支援
・不登校
・日本語を母語としない子ども

★保護者の相談にも応じます

★横浜・東戸塚駅(徒歩1分) 「とつか区民活動センター」
          (こちらへの問い合わせは御遠慮下さい)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

最近思ったこと

 
 
 どうも! 5月から半袖短パンの方、スタッフFです。
 
活動についての更新を主としている、このおっちー塾ブログですが久しぶりにおっちー塾とは直接関係のない記事も書いてみようかと思いました。
ということで、今回は「日本の平和」について書いてみたいと思います。
 
 
何個か前の記事でスタッフS君が、「平和とはなにか」について生徒と考えたというものがありました。
その生徒さんは、今小学生で、「小学生のうちから平和みたいな漠然としていて、大人でも考え込んでしまうような課題が出るんだな」と思いました。
 
5日ほど前、安部首相が集団的自衛権の行使容認を目指す考えを明らかにしました。
安部さんが総理になってから、「自衛隊」を「国防軍」にしたい考えを展開するなど、ニュースで「日本の自衛」に関するテーマを扱ったものが増えてきているように感じます。
 
また、最近、朝の報道番組で「国防男子がブーム」という特集が流れていました。
「自衛隊員の方々の写真集が売れに売れ、隊員の方とのお見合いパーティーなども行われ大盛況」と伝えていました。
何でも、街角でインタビューに答えていた女性によると、「国のために命を捧げていて、かつ誠実そうなところに惹かれる」のだそうです。
 
実際、おっちー塾のイベントで横須賀の海上自衛隊基地に入らせて頂き、護衛艦にまで乗せていただいた時にお会いした隊員の方たちは、皆屈強で、親切な対応で普段できないような様々な体験をさせて下さいました。
その時の、生徒やスタッフの楽しそうな、うれしそうな表情は今でもはっきりと覚えています。
 
 
また僕個人としては、去年ぐらいから軍隊、自衛隊や国防など、「戦争」に関するものを扱ったエンターテインメントが急速に増えているような気がします。
実写映画に関してだと、「永遠の0」や「少年H」、「相棒」などがヒットしていますし、アニメ映画でも、「風たちぬ」や「名探偵コナン」などがあげられると思います。テレビアニメやゲームでも「艦これ」などがヒットしています。
 
 
ここで言いたいことは、こういったエンターテインメントの形が正しいとか間違っているとかではなく、僕たちの身近な、常に頭のどこかで考えていなければならない問題として、「戦争とは何か」、「平和とは何か」というものがはっきりと迫ってきているのだろうなということです。
 
 
実際、僕も軍艦を見たら「カッコいい!」と思いますし、女性も先に挙げたような国防男子を見て「カッコいい!」と思うのかもしれません。
 
 
ですが、ただ単純に「カッコいい」で終わらせずに、そこをきっかけとして、「今世界ではどうなっているのか」、「日本はこれからどう世界と付き合っていくのか」、「日本にとって、世界にとっての平和とは何か」について、ゆっくり考えてみるのもいいかもしれないと思いました。
 
 
 

連絡先はこちら→occhi_juku@yahoo.co.jp


ホームページはこちら→http://occhijuku.weebly.com/


アメブロはこちら→http://s.ameblo.jp/sharlock-ochiai/


Facebookはこちら→https://m.facebook.com/OcchiJuku?id=360138160688738&refsrc=https%3A%2F%2Fja-jp.facebook.com%2FOcchiJuku&_rdr


Twitterはこちら→https://mobile.twitter.com/juku_occhi/


神奈川県ホームページはこちら→http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f70226/p305471.html





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


★活動時間
火・木/16:00〜18:00
土/13:00〜15:00


★困っている子どもへの学習支援
・不登校
・日本語を母語としない子ども


★保護者の相談にも応じます


★横浜・東戸塚駅(徒歩1分) 「とつか区民活動センター」(こちらへの問い合わせは御遠慮下さい)
http://totsuka-kumin-center.jp/?page_id=48


★ボランティア・スタッフの募集 (理系の方も大歓迎!)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事