全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全105ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2017年 年頭にあたり

イメージ 1

迎春。

歳を重ねるごとに、時間の感覚が早くなっていくような気がします。
もう1年が経ってしまいました。
昨年の元旦から、まったく更新せずに1年が過ぎてしまいました。

昨年もマイペースで、日々を過ごしていました。
2011年より連載していた小説が完結し、
LUMINA BOOKSより
昨年12月から、まずはスマートフォーン板で電子書籍化しました。
今後、タブレット版が順次リリース予定です。

紙媒体を愛するものとしては、
なかなか時代の流れに翻弄するばかりですが、
まずは初心に戻って、
自分のできることをやっていこうと思っています。

今後とも、よろしくお願いいたします。



開く コメント(0)

2016年 年頭にあたり

イメージ 1


謹賀新年。

昨年同様、こちらのブログは、年頭の挨拶くらいになってしまっていますが、
また少しずつアップできたらと思います。

多摩丘陵に居を移して7年。
あいもかわらず、週1〜2回に都心に通う以外は、
自宅近くでパソコンに向かう毎日。
合間に走ったり、泳いだり、自転車漕いでいる日々です。

仕事の方は、2011年から月刊誌で連載している小説が、まだ継続中です。
現在、52話になっています。
あと数話で、終結を迎えます。
完結後、何らかの形でまとめられるようにしたいと思っています。
決定したら、また告知していきます。
また、続編も執筆する予定です。
日本国内をもとより、マルタやベトナムなど、
旅を基軸に活動をしています。

本年もマイペースで、自分なりに言葉を紡いで行くつもりです。
今年も、よろしくお願いいたします。

開く コメント(1)

朝焼けコレクター 2015

イメージ 1

なんともいえない薄ピンク色の朝焼けは、ほんの10分ほど。
美しいものは、儚い。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2015年 年頭にあたり

イメージ 1

明けましておめでとうございます。

こちらのブログは、年頭の挨拶くらいになってしまっていますが、
また少しずつアップできたらと思います。

多摩丘陵に居を移して6年。
週1〜2回に都心に通う以外は、
自宅近くでパソコンに向かう毎日。
合間に走ったり、泳いだり、自転車漕いでいる日々です。
12月には、風邪をひき3日ほど高熱をだしてダウンして、
急性気管支炎などになったりもしましたが、
元気で日々を送っています。

仕事の方は、2011年から月刊誌で連載している小説が、まだ継続中です。
現在、40話になっています。
起承転結の転のあたりまではきたかなという感じです。
着地点に向かって、いろいろ試行錯誤しているところです。
苦しみながらも、楽しんで執筆しています。
トライアスロン関係のレースレポートの連載の他に
秋田の森を歩いたり、沖縄の海に潜ったり、
旅を基軸に活動をしています。

本年もマイペースで、自分なりに言葉を紡いで行くつもりです。
今年も、よろしくお願いいたします。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

そこに流れる時間

イメージ 1

2月のある日。
戦中戦後と活躍した映画監督小津安二郎が逗留した茅ヶ崎館という宿に、たまたま泊ることになった。
茅ヶ崎海岸から、少し内陸に入ったその宿は、住宅街の中にひっそりと佇んでいた。
石段を上がっていくと、暖簾があって、そこをくぐると、中の様子が垣間みれた。
昭和の時代が、そこに留まっているような、懐かしい温もりのある空間が奥へと続いていた。

イメージ 4


映画ファンでなくとも、
1度は聞いたことのある『晩春』『早春』『東京物語』……。
小津安二郎と脚本家の野田高梧は、茅ヶ崎館の「二番」の部屋に籠って、
寝食をともにしながら、数々の名作の構想やシナリオを練った。
冬晴れの寒い日の宿泊者は、他にいなかった。
せっかくだからと、その「二番」の部屋に泊ることになったのである。

イメージ 2

小津安二郎の映画は、あまりピンときたことがなかった。
どちらかといえば、黒沢明の作品の方が好きだった。
時代を超えた人間の機微のようなものは感じとることはできるが、
それ以上に、そこに流れている時代に生きていた人たちの心と、自分があまりにもかけ離れていて、
絡み合わないからだということを感じた。

イメージ 3


今回、あらためて映画を観直してみたが、
やはり戦後の混沌とした時代に人びとが抱えていた
思いのようなものを想像することしかできなかった。
市井の人びとの日々の淡々とした生活……。
その中に、当時、青春時代を迎えていた我が両親もいたのだということに気づいた時、
作品がまったく別の形で、身近に迫ってきた。
ああ、コカコーラは洒落た飲み物だったんだ。
デートする時は、ああいうカフェに行ったんだ。
ああ、ああいう歌が流行っていたんだ。
昔ながらの無骨な亡き父と、青春時代の話などしたことはなかった。
しかし確実に、その時代を父は生きていたはずだ。

イメージ 5


しんと冷える外気も、部屋の中だけは暖かく、2重にした毛布の中は、心地よかった。
白熱灯の暖色が映し出す天井の板は、年季が入っていて、黒光りしていた。
小津が部屋で煮炊きした時の煤が残っているためだという。
その時代に生きた人びとのなんでもない日々の思いや価値観が、ここで生まれてきたのだろう。

イメージ 6


翌朝は、海岸に日の出を見に行った。
ちょうど一艘の船が沖に出るところだった。
朝焼けの中のその風景は、あの時代と変わっていないであろう。
その朝焼けに包まれながら、時ということを思った。
世代は違えども、それぞれの人の中に、それぞれの時が流れている。

イメージ 7


今度、実家に戻ったら、原節子より13歳若い母に、
あの頃の話でも聞こうか……。

イメージ 8


開く コメント(0)

全105ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事