美しい地球環境を守るために、生き物・弱者に支援を

姫路オンブズマン達のため息、九条守って地球に平和と良い環境を勝ち取ろう

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

●ガソリンの高騰はもちろんですが、地球温暖化に大きな影響を持つ石油製品使用の元締めである自動車の運転は、排気ガスを出来るだけ少なくする運転テクニックが求められています。
●それは走行時や停車する時などの、ちょっとしたテクニック。コツさえつかめれば毎回難無く実践できる運転方法なのです。
●押さえたいポイントがあるのは「スタート時」「走行中」「停車時」の3つ。ガソリンが噴射されるのは、アクセルを踏み込んだ時です。ですから、その踏み込むタイミングと加減をちょっと気を付けてやればいい、ということになります。
●エコドライブで大切なことは、同じスピードであれば「出来るだけ低いエンジン回転で走ることです」
●同じ時速なら。2000回転よりも、1500回転で走る方が燃料消費が少ないのです。
●普通走行で、エンジン回転を上げがちなのが、発進時です。このときの燃料消費を押さえることが必要です。
●エンジン回転数を低く抑えて発進するためには、出来るだけ高いギアーを使うことが大切です。ブレーキペダルから足を話すとゆっくりと車が動き始めます(クリープ現象)。
●少し走り始めたら一呼吸おいて、アクセルペダルを静かに踏み込みます。スピードが遅い間は浅く踏み、早くなったら少しづつ踏み込みます。
●目標のスピードになったら、アクセルを緩めます。この方法でゆっくり発進する癖をつけることで大きく燃費を改善することが出来ます。
●マニュアル車でもこのテクニックはほぼ同じです。ローギヤーから静かにスタートして急発進はしないことです。停車するときも早めにアクセルから足を離して、シフトダウンをして静かに停車する習慣を身につけましょう。
●ブレーキペタルもいつも踏んでいるのではなく、サイドギアーを使うようにすることでバッテリーの消耗を少なくすることになりますし、電球などの消耗を助けることに成ります。
●ドライバーの皆さんが、少しずつエコドライブに心掛けることで、地球温暖化を防ぐことに成ります。ハイブリッドカーや電気自動車あるいは、エタノールを使った燃料の普及など根本的な対策が始まるまで、工夫と鍛錬、心がけで、悲鳴を上げる地球を救いましょう。私たちの生存の可能性ために・・・
●私は運転免許をもっていませんからそのへんのことが良くわかりません。しかし温暖化防止になる運転方法があるのなら是非たくさんのドライバーに教えてあげてください。・・・・・EK

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

エコドライブの書かれた上のサイト私も拝見させていただきました。大変勉強になりました。エコドライヴの記事アップしたのでTBさせていただきます。

2007/2/24(土) 午前 9:48 ecodeoyasai 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事