五本木指圧研究所ブログ

診断即治療〜日本指圧協会目黒支部長のあん摩マッサージ指圧治療院。

全体表示

[ リスト ]

妻の不定愁訴が更年期によるものと疑われたので医療従事者あん摩マッサージ指圧師として、
医師に患者紹介状を書き病院へ行かせたところ更年期障害を認めると診断されました。
指圧師として臨床において更年期障害を含めた不定愁訴の患者の指圧治療をしてきているので、
改めて「更年期障害における指圧治療」について妻の治療を含めて研究した報告をします。

・不定愁訴(ふていしゅうそ)とは?(愁訴:患者が訴える症状)
漠然とした自覚的な愁訴が主体となるが、他覚的に器質的疾患の認められないもの。
身体症状としては、めまい・全身倦怠感・頭痛・頭重・動悸・胸部圧迫感・下痢・振戦(震え)など。
精神症状としては、不安障害・気分障害・気分変調・軽症うつ・身体化障害・自律神経機能低下など。
身体的な治療だけでなく、心理的側面や社会的側面も含めてアプローチすること重要となる。

・更年期障害とは?
40代〜50代頃の更年期によくみられ、更年期障害を不定愁訴症候群とも呼ぶ。
女性の場合は、卵巣機能が衰えはじめ内分泌環境が徐々にあるいは急激に変動(移行)してくる。
このような内分泌環境に対応し適応しようとすることにより、身体症状や精神症状が発現する。
男性の場合は、加齢により精巣から分泌されるステロイドホルモンのテストステロンの低下。
女性ほど内分泌ホルモンの急激な変化はないが、男性の更年期障害も多く認められてる。
若年性更年期障害では、生活の乱れやストレスなどによるホルモンバランスの崩れから症状が出る。
身体症状としては、ほてり・のぼせ・発汗・冷え症・頭痛・めまい・耳鳴り・息切れ・不眠 ・疲労感・
しびれ・知覚鈍磨・肩こり・腰痛・性交痛・頻尿・泌尿器系障害など多岐にわたる。
精神症状としては、神経質・興奮状態・うつ・ヒステリー・心理的や社会的による心因的要素など。
経過としては、人により様々な愁訴や自覚症状など多いが、一般的に予後は良好である。

 *参考文献:臨床医学各論(東洋療法学校協会)、医学辞書(南山堂)


今回は、更年期によく効く指圧のツボ(経穴:治療ポイント)である三陰交(さんいんこう)を紹介。
三陰交は、足の冷え・のぼせ・ほてり・イラつき・不眠症・生理不順・月経痛などに効果的。
また、経絡(つぼの筋道)の肝経・脾経・腎経の三つの陰経が交わるところであり、
ホルモンバランスを整えて更年期障害の症状も軽くしてくれる指圧のツボです。

イメージ 1

三陰交の場所は、内くるぶしの突起から指4本分上にあり、内側の骨際にあります。
*画像の赤い点が、足の太陰脾経の三陰交(さんいんこう)。触れると、くぼみがある。
自己指圧では、座ってひざを内側に曲げて、親指の腹でゆっくりと優しくツボを押して下さい。
場所が正確にわからなくても、くるぶしからひざまで骨の後ろに沿って指圧をすれば、
足のむくみと疲れが取れて更年期障害の症状も改善するので毎日でも指圧してほしいです。

ただし、妊娠初期には、三陰交への指圧をしてはいけません。
骨盤内臓の血流が良くなりすぎて、堕胎や早産してしまう場合があるからです。
私は、帝王切開を控えた妊婦の了解を得て、三陰交による逆子治療の指圧をしたことがある。
指圧治療を受けた妊婦は、赤ちゃんが元気に動いているのを感じたそうです。
三陰交は、逆子治療や安産、不妊改善にも効果が期待できる、幅広い効果のあるツボである。

妻のカルテを作りました。指圧師として治療家として夫として、更年期障害の症状を改善させます。
次回の更年期不定愁訴は、「不眠症における指圧治療」について研究した報告の予定。
妻が寝つきが悪いというので頭の指圧をしたら、朝までぐっすりと眠れたようです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事