五本木指圧研究所ブログ

診断即治療〜日本指圧協会目黒支部長のあん摩マッサージ指圧治療院。

全体表示

[ リスト ]

医療費控除の申請

五本木指圧研究所の確定申告を、青色申告にて問題なく提出してきました。
目黒青色申告会の会員なので、決算サポートをして頂いたのでスムーズに終えました。
個人経営の治療院は、個人事業主という取り扱いで申告の義務があります。

さて、アルバイトや会社員(源泉徴収)だからと確定申告せずにそのままにしている人が多いが、
医療費、生命保険料などを支払った時や家の購入・増築および配偶者・扶養者のいる場合は、
所得税が還付される場合がるので自営でなくても税務署で確認してみてください。

意外と理解されていないのが、医療費控除の確定申告についてです。
医療費控除を受ける手続きは、医師や指圧師などが発行した領収書の添付もしくは提示して
所轄税務署長に対して確定申告書を提出する必要(ネットで申告e-Taxもある)があります。

医療費控除は、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために、
その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費がある時に対象となります。
支払った医療費の合計−保険金などで補てんされる金額−10万円又は所得の5%=医療費控除額 。

簡単に言うと、同居している夫または妻や子供や親などに1年間で使った医療費の合計が対象。
家族および親族が同居していなくても仕送りで生活しているというような状況にあれば、
生計を一にしていることとなり負担した医療費はその負担した人の医療費控除の対象となります。

大まかですが、家族で10万円を超えるならば医療費を控除して所得から差し引くという制度です。
そんなに医療費を使うかな?と思いでしょうが、治療費意外にも下記の費用も医療費となる。
治療費以外にも通院費や必要な医薬品の購入なども医療費に含まれるということが重要です。

〜 国税庁の冊子「暮らしの税情報」による医療費控除の対象となる医療費(一部抜粋) 〜
● 医師又は歯科医師による診療又は治療の対価。
● あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による施術の対価。
● 助産師による分べんの介助の対価。
*上記の医師などに診療などを受けるために直接必要な費用として、
通院費、医師などの送迎費、医療用器具の購入や賃借のための費用など含まれる。

● 保健師、看護師、准看護師又は特に依頼した人による療養上の世話の対価。
● 治療又は療養に必要な医薬品の購入の対価。
● 病院、診療所又は助産所などへ収容されるための人的役務の提供の対価。

五本木指圧研究所の指圧治療費は、医療費控除の対象となりますので領収書を大切に保管して下さい。
給与所得者など確定申告をする義務のない方や家庭でも一定の条件を満たすことにより、
医療費控除などで所得税が還付されることがありますので医療費の領収証は保管しておきましょう。

上記以外の詳しい医療費控除の対象となる医療費については、国税庁ホームページを確認してください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

* 医師および歯科医師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師 以外の治療は、
  医療費控除の 対象外 となりますのでよく確認の上ご注意ください。
  にほんブログ村 健康ブログ 指圧マッサージへ     

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事