ここから本文です
子育てママの被災地応援の会 ひだまりcafe
たくさんのつながりに、感謝しています。

書庫全体表示


   
   新年度、新元号、新学期、、、 生活のなかで「新しい」ことを
  がたくさんの時季でしたが、
  少しずつ少しずつ新しいことに慣れてきたような気がします。


   新しく通う学校では先日、災害用伝言ダイヤルを使った情報提供訓練が
  ありました。

   家族がそれぞれの場所で過ごす昼間は、その時間帯に地震があると
  お互いの安否を確認することができません。確認しようとして皆が電話回線を
  使うことでつながりにくくなってしまいます。

   災害用伝言ダイヤル、利用したことはありますか?

   今回の訓練は、
  子ども達が学校にいる間に大地震が起きたことを想定し、
  子ども達の安否と指示を学校側が伝言ダイヤルにメッセージを録音し、
  保護者が各自そのメッセージを確認するというものです。

   詳しくは、NTT災害用伝言ダイヤルのHPで確認してください。

  この使い方は、1,2度の練習では、非常時に使うことは難しいかも
  しれないなと思いました。

   実際の体験日が、毎月1日、15日、防災週間、防災ボランティア週間
   正月三が日に設けてあるので、練習してみるといいと思います。

   あとは、連絡を取りたい人の電話番号を入力しないと、メッセージを
  聞くことができないので、家族や親しい友人の番号、子ども達の学校の番号は
  暗記するかどこかに書き留めておかないとと思いました。

  

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事