ここから本文です
子育てママの被災地応援の会 ひだまりcafe
たくさんのつながりに、感謝しています。

書庫全体表示

 
 
  今日、仙台にいたころから私たち夫婦がお世話になっている先生から電話がありました。
 
 先生は、震災後被害のひどかった気仙沼、石巻、仙台市若林区などを歩き、
悲惨な状況を目の当たりにしたそうです。
 先生は、音楽の先生ですので、被災された学校に音楽を取り戻したいと、
必要としている学校の把握、ピアノや楽器などの提供を呼びかけ、楽器店との交渉など
されて、被災された学校に電子ピアノをお届けしたそうです。
 ご自分の音楽に対する思い、熱意を即行動に移されている様子に頭が下がります。
 
 私は、何かしたいと思い浮かんだときに、あれこれ考えて、
自分でこれは無理だと決め付けてしまう。
 でも、先生とお話してみて、思いや熱意を行動に、一歩踏み出すことの大事さを感じました。
 
  先生が、おっしゃっていました。
『被災地にいるママが、家族でディズニーランドに行きたいってラジオで言ってたわよ。
そちらの皆さんで声を上げて、ディズニーランドに掛け合うことはできないかしら』、と。
 
 そんなこと、むりです!   ・・・・と、今までなら笑って返していたけど、
「そんなことができたら、嬉しいよなあ、子ども達も喜ぶだろうなあ」、
「実現するにはどうしたらいい?」と考える自分がいました。
 
  子ども達の喜ぶ顔を想像しながら活動できたら、きっと励みになりますね。
  
 
 
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事