渋谷正文(しぶやただふみ) 富良野が大好き!富良野を元気に!

市民の暮らしに寄り添い、市民の声を聞き、市民の声を実行していく。将来の夢や希望に向かって、行動を起こし、未来(あす)を創ろう!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

11/17 今日は休息日

イメージ 1
今日は休息日。
日中は睡眠不足の解消と体調維持にあて、夜は読書の予定です。
 
なかなか霧が晴れません。山の辺りは白さが残っていましたね。
日中に走る機会が少ないので、今年最後かなと思いながら着替えを完了。
富良野の晩秋を感じ、気持ち良く走ることが出来ました
 
イメージ 2
途中、「あかなら」さんに立ち寄りました。
今年の通常営業の最終日ということですが・・人形展やスケッチに、訪れる方が大勢です。
イベントのお手伝いをすることが何度かありましたが、その都度、訪れる客層が違います。
文化が薫る、気軽に立ち寄れる「場」として、富良野のマチの財産を大切に使われていました
 
日がかげると一転、寒さが身にしみます。
富良野ブルーが色濃くなると夜を迎えますが、チーズ工場の前を通ったとき、建物と背景がとても美しかったです。 一所懸命、坂道を下っていましたので、画像は次の機会に m(- -)m
 
1時間走り終えて、家の中でストレッチ。 五十肩のリハビリも兼ねます。
若い頃の体力の貯金を使い果たしたようなので、これからは地道に体力維持につとめます。
こうして気分転換すると、ひらめくことが多いのです。 忘れないようにメモを取り、明日以降に活用したいと思います。 
明日は富良野における地域エネルギーを見て歩きます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
「人生90年時代安心の暮らしを考える」
ふらの市民講座の自主企画講座の聴講風景です。
会場は満席。年長者だけではなく、介護関係の方や若い方も参加し、高齢弱者や障がいのある方の人権擁護について皆さんで学びました。
仲世古弁護士は「高齢者と障がい者の権利擁護について」の講演、そして市民後見センターふらのの事例紹介を行い、パネルディスカッション「市民が市民を支える仕組みを創ろう!」に私もパネラーとして登壇し、それぞれの立場からの視点でお話しをさせていただきました。
 
イメージ 2
藤田司法書士や仲世古弁護士、そして暮しステーションの浦田代表といった専門家に囲まれて、少々不安な気持ちがあったのですが、進行の笠倉さんが上手な配分をされたので、郊外でも生き生きと暮らせるようなアイディアの提起・若い力と年長者とのつながりによる伝承・仕組みを前進させるには声をあげて続けることのお話をすることができました。
 
専門家からは、法定後見と任意後見の違いを、法定後見は財産管理・契約に重きを置くので、任意後見には身上監護・・あたたかいサポートを期待したいと話されました。 「いつもと違うなと思ったら担当につなげる」といったゆるやかな見守りから地域が動き出せれば、安心して暮らせるマチにつながりはじめることでしょう。
 
参加された方々のお顔もとても穏やかだったですよ。
とても貴重な体験をさせていただきました。
 
※以前の職場で一緒に仕事をした仲間の結婚披露宴に出席。
主賓はしっかりとした挨拶をしました。 立派になったなぁ・・感慨深いものがありました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事