渋谷正文(しぶやただふみ) 富良野が大好き!富良野を元気に!

市民の暮らしに寄り添い、市民の声を聞き、市民の声を実行していく。将来の夢や希望に向かって、行動を起こし、未来(あす)を創ろう!

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全611ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1


朝のマルシェ・サボールで待ち合わせ。富良野が気に入り、起業をして生活したいという若者と話をする機会を持ちました。学生時代に多文化と触れることで国際感覚を身につけているように感じます。座学だけではなく体験することによって得るものが大きい・・そんな感想を持ちました。
富良野で生まれ育つことで国際感覚が身につけられるように、「学び、実践、気づき」ができる次世代の皆さんの機会創出を求めたいと思います。

訪問活動、意見交換、おやこ劇場打ち合わせという一日。
普段の何気ない言葉から、気づかせられることがあります。私が聞き役になることもありますが、何かを感じ取ろうとしているからです。お話をすることを大切にしています。

夏のランニングはスタミナづくりに適しています。
あと2か月で北海道マラソンとなります、日暮れに大汗をかいて走っています。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1


マチナカを歩く。庭がきれいなお宅は目を引きます。
お庭をみせてくださいという観光客がいることは以前から聞いていましたが、外国から見えられている方からも声をかけられるのだそうです。ここのお庭にも宿根亜麻が綺麗に咲いていました。私が5月20日ごろに播種した亜麻は成長途中で半分ほどの草丈となっています。ご好意でじっくりと観賞できました。

訪問活動の一日。6月議会の議決と活動報告が話題の中心となっています。
夜のソフトボール審判は半袖でグラウンドに立ちました。今年から参加したチームの試合で審判できることを楽しみにしていました。楽しくプレーされる姿を見ると嬉しく思います。
7月からは公共施設であるソフトボール専用グラウンド周辺においても受動喫煙防止対策を講じなければならない・・具体的な周知方法を含め、明日にでも内容を確認し、打ち合わせを行いたいと思います。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

6/24 6月議会後の活動

イメージ 1

6月議会の閉会が金曜日。土日は行事やイベントが行われることが多い夏季シーズンです。
積極的に休みを取ることも、息の長い活動をするためには必要となってきました。

草木の成長とともに花も咲き始めましたが、雑草が勢力を伸ばしてきています。
一週間ぶりに義父の家まわりの管理作業。夏日となりましたが、通り抜ける風は心地よく、爽やかな気持ちになれます。ただ驚いたことがありまして、2日前には色づき始めていたサクランボが消え去っていました。鳥の群れが飛来していたのですが、防鳥ネットを施していなかったので仕方がありません。しかしここ数年原因が分からなかった状況から、観察によって原因究明ができましたので、来年に向けて「強風と鳥の被害」の対策を考えたいと思います。これも農のある暮らしの実践であります。

市議会だよりに掲載する一般質問の原稿を午前中に作成しています。JR北海道の路線見直し問題、市道の補修について、看護専門学校の運営について、3件すべての質疑の状況を掲載することは紙面の都合上無理ですので、それではどの部分を掲載させようかと考える・・悩ましい作業であります。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

昨日の雨が続く予報があり天候が心配された日曜日でしたが、おかげさまで晴れ間の多い一日になりました。昨晩はブログ作成に時間がかかってしまい寝不足気味でありましたが、早朝から富良野エリアの自然の中をサイクリストが駆ける富良野ライドのコース誘導のボランティアに参加です。
私が北海道の他地域でフルマラソン等を走るときに心地よく走ることができるのは、大会を支えるスタッフ・ボランティアの皆さまのご厚意のおかげですので、富良野市でこうした大会があるのであれば、喜んで大会を支え、コース近くから声援を送りたいとの思いがあります。
今回任されたポイントはここでした。国道脇に立哨しましたので、車両で通行される方の中には私と分かる人がいまして、手を振っていただくこともあったりと、逆に驚かれたのかもしれませんね。
またの機会があれば是非手伝いたいと思います。

イメージ 2

ボランティアのあとは、少しの時間を利用してのソフトボール専用球場のグラウンド整備です。
雑草が入り込んで一気に成長しようとする前に行う作業が効果的です。7月7日開催予定の会長杯は、環境を整え、気持ちよく試合をして欲しいと思いますので、コツコツ整備をしております。

午後からは富良野地区分会の消防総合訓練大会(第49回)に来賓の一人として出席をしております。
今回の開催場所は、分列行進、開会式、小隊訓練、操法展示は人材開発センターグラウンドと模擬火災訓練がふれあいセンターを使用して行われています。「広域連合」で行われる訓練は持ち回りで行われ、相互応援体制の状況を見ることができる訓練であります。
お聞きすると占冠消防団には5名の女性団員がいるそうです。本日の操法展示では消防技術を立派に披露されまして、ひと際大きな拍手が送られていました。

何事も無い事が一番ですが、万が一の有事の際には住民の生命と財産を保護することと同時に自身の安全を着実に守っていただきたい。高齢化、少子化、人口減少の社会の中であります、課題解決に向けてあらゆる知恵を結集していくことが必要ですね。尚、次回は中富良野町となります。
いつもありがとうございます。頼りにしています。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1


歯茎の痛みも軽快。いつも通りに活動しています。
午後からの富良野ソフトボール協会記録部の研修会はしっかりと半日。7月13日・14日と鷹栖町で行われる国体北海道ブロック予選会に向けて私も復習をしています。
そして夜はおやこ劇場全道大会の手伝いを少しだけ。

朝から地方紙面に目を通す。
新市庁舎建設に向けた実施設計の業務委託料を盛り込む補正予算の可決が掲載されていました。
市民への周知が進んでおらず、今回の予算案には十分に時間をかけて市民の声を聞く必要があるとして、新庁舎建設の補正予算を除いた修正動議が提出されましたが、賛成少数で否決となりました。
私は予算案に賛成しています。

ここからは私の考えを補足します。
事業手法をECI(技術協力・交渉)方式とすることで、入札が不落・不調となっている事例が増えてきていることへの対処と、早期の着工と完成につながるとの説明がありました。尚、新庁舎建設の基本計画には事業手法を3つの発注方式(従来方式、DB方式、ECI方式)から検討したいとしており、策定公表の5月28日でありましたが、基本計画(案)は検討委員会で協議されたのちに、パブリックコメントと5ヶ所の住民説明会を行ってきた経過にあります。

3つの発注方式からECI方式を選ぶための検討時間が少なく、その中で合理的な根拠に基づいた決定であったのかというところに疑義があったことは私が議場で申し上げています。市側の検討がなされてきたことは分かりましたが、市民の皆さんそして議決を行う議員に対しても説明は十分なものではなかったものと思います。
7月末に基本設計案が市民説明会を通じて市民の皆さんに示されますので、イメージができる図面やイラストを目にすることとなることから、市民の皆さんの具体的なイメージが広がってきますので、市民の皆さんからの声はこれまで以上に大きくそして多くなってくることが想定されます。
聞かれれば答えるという姿勢では、基本設計に意見を集約しきれずに、着工までの日数確保を優先し、実施設計に進むこととなれば、市を二分するようなことにもなりかねません。丁寧な説明を何度も何度も重ねることが求められるのではないでしょうか。どこかに不十分なところが出てきてしまうと、基本設計案がすんなりと認められないことも考えられます。

新庁舎建設までのハードルは少なくとも2つ。
ひとつは基本設計が認められないと実施設計に進むことができないこと。(日数上の制約)
もうひとつは実施設計の業者との契約は議会の議決が必要となりますので、透明性、周知の徹底、経過の合理性などから、丁寧で的確な対処が事務方には求められましょう。(議会の議決)
もし議決されないとなると、今後の市の信用力が低下し、さまざまな契約に大きな影響が出てくることも考えられます。しかしこのことが設計を認める要因にはなりえないと私は思っています。市民の皆さんの声をしっかりと受けとめることが大切なことです。ですので、市が組み立てるプランニングには大きな責任が付きまとっているということなのです。プランナーの力量が問われているとも言えます。

私の経験則からするとタイムスケジュールが非常に危ういという認識を持っています。どうも順調に推移することだけが考慮されているように見えてしまうのです。日数はあるようで無いですよ。
そのことが、今回の答弁で何度も強調されていたところに出てきていたように思います。そして部局連携がいまひとつ取れていないようにも感じてしまいました。
新市庁舎建設、まだまだ課題は多いです。
強引な手法が取られてしまうことのないように、合理的な手順そして丁寧な説明を申し入れています。
議員としてのチェック機能を果たして参ります。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全611ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事