ここから本文です
Now Rowing... 滋賀大学漕艇部
部員の成長日記。

書庫日々の日記

記事検索
検索

全524ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

尊敬 4回堤

関西選手権が終わりました、
メダルを獲得したクルーの粘りはすごいものがありました。見ていた場所は1600m地点だったのですが、そこでは4位でした。最後の粘りは日々の努力からならものなのでしょうが、その点に尊敬しました。

補助員として体験した学連の活動にも尊敬することになりました。大会に参加できるのも学連があってこそなんだなぁと4年目にして実感しました。すいません…

以上です。

もうすぐテストです。

わたくし古井、とうとう本気を出す時が来たようです。


不安はありません。むしろ、イケる気しかしません。



乞うご期待。


ところで、最近ユーチューブで10000時間の法則を実証しようとしている人がいて、たまにその人の動画を見ています。

彼曰く、世界レベルの技術を習得するためには10000時間の練習が必要らしいです。

大学から始める人が多いボートで引退までに活動できる時間は、
1週間14時間(乗艇のみの時間、多分)×49週間(52週間もやってない)×3.4年くらい=2332時間(多分ね)










_:(´ཀ`」 ∠):

以上です。失礼します。

失礼します。四回生の白井です。
とりあえず関西選手権終わりました。一回生から出場し、羨ましく思い続けていた表彰に手が届きました。特にやっさん先輩にみきとらは表彰台いってなって言われてから二年…
正直なところものすごく嬉しかったです。
しかし、それと同時に気持ちも引き締まりました。二位の大工大がものすごく悔しい顔をしていたのが目に入ったからです。確かにまだ上はいます。このまま満足しているとインカレではまた、悔しい想いをしないといけないかもしれません。次はインカレ最終日という目標にジェラシーを持って挑みたいと思います。

さてここからは、少し後輩に読んで欲しい内容です。
四回生になってからものすごくこだわっていることです。
それはノーワークをノーワークと思うな。ということです。
ワークとノーワークの漕ぎを変えるな!イージーオールしてから気を抜け!!

残り二ヶ月ウザいほどいいます。
ワークよりむしろ集中するつもりでいきましょう。

失礼します。4回生の河合巧です。本当は今日書こうと思ってたテーマが2個ぐらいあったのですが今日の測定を見て思ったことがあったのでそれを書きます。
 
今日の測定でベストが出なかった漕手は多かったです。その内何人かの漕手が本気で悔しがっていたのを見て、最近忘れていた高校野球で辛かった経験を思い出しました。
自分は怪我と才能の問題でどれだけ必死になっても高校時代で一度も自分の思い通りの送球ができたことがありませんでした。そして毎日、たかがウォームアップのキャッチボールで毎日涙を流していました。どうしても結果が出せずに部をやめて高校をやめて生活をすべて投げ出そうと思ったこともありました。
本気でやっていれば辛い思いをすることが多いです。
今まで、自分の思いや取り組みに対してレスポンスをくれる漕手が少なかったので感情を殺してスタッフの仕事をしていました。でも今日、もう一度自分の考えていたこととかを思い出して、ボート界(その他の世界でも)で必死に取り組んでいて苦労しながら高い目標を達成するために頑張っている人がいるのに、適当な気持ちで“勝ちたい”とか言ってる選手とか、やる気がなくて惰性でやってる選手が許せないと思いました。
 
僕のこの考えは社会で普遍的に正しい考えではないし、自分の幼稚さの象徴かもしれないと思いますが、それでも僕は、今日本気で悔しがっていた選手のように必死でボートに向き合ってる人がいる中で、頑張っているふりをする選手や、頑張らない選手が心の底から嫌いだと思いました。
 
僕の意見では、選手は全員必死で取り組まなければならないです。じゃないと本気で頑張ってる選手に失礼だし、スタッフが自分の時間を犠牲にして色々やってる意味ないので。

失礼します、二回生の藤本です。
とりあえずみんな関西選手権遠征、応援おつかれさまです
僕も関西選手権色々あったけどがんばった!とかフィジカル不足を実感しました。とか言いたかったですね笑笑
しおらしくなるのも嫌なんですけど、メンバー選考の時点で僕はセカンドフォアで出場するチャンスをもらえました。ただクルー紹介であった通り背中の怪我で大会に出ることはできませんでした。その時はまたやってもうたわーぐらいに思っていたのですが、後から段々悔しくて、あの時測定頑張ったのにとかこれから復帰して怪我して繰り返すのかなとか先輩ら抜けてからどうしよとかクルーメンバーに対しても一緒に途中まで頑張ったのに途中で交替してしまったなとか色々思いました。
背中怪我したってのは事実だし、痛かったから乗艇できなかったのはあるんですけど、ほんとは関選から逃げたかったのかもしれません。
前のブログでも書いたんですが、クルーに選ばれてからイマイチモチベーションが上がらなかったことがあり、どこか自分に対して頑張りきれなくてクルーにも迷惑だし無意識のうちに怪我っていうのを選択してしまった気がします。
二回生のこの時期に大会に出れたことも拓人と一緒のクルーで乗れたこともできなかったのが今となったらすごい後悔です。オッ盾はみんなと一緒に出たいな〜
自分語りになるんですが、これまで色々通して最近やっと納得できる60点っていうのがわかるようになってきました。妥協じゃなくて納得できる60点です。いい経験できたなと思います。
なんかめちゃくちゃでごめんなさい
なんもしてないけど疲れたんで笑
以上です、失礼します。

全524ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事