よねちゃんの車中泊旅行記

4月22日、はてなブログ「よねちゃんの花日記」に移行しました。車中泊旅行記もそちらで継続しています。

2014年旅行記録

すべて表示

2014年11月 愛知旅行53(豊田市稲武郷土資料館12)

    2014年11月22日(土)  今、豊田市の稲武郷土資料館にいます。場所は道の駅どんぐりの里いなぶの南西約3.5キロの国道153号線沿いです。  ワラなどで編んだ「せご」と呼ばれる袋です(写真①②)。山仕事の道具を入れて背中に担ぎました。   昔使われた木製の鍬(くわ)です。やがて、土に直接当たる刃の部分だけが金属になり、さらに今もあるような全金属製の刃になります(写真③)。   これは写真③の鍬を作るときに使った道具です(写真④)。右の道具は銑(セン) と呼ばれる桶屋の道具かと思ったのですが、鍬を作るときにも使ったようです。曲線を削る道具なので出番があったのでしょう。   砧(きぬた)と叩すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

2019年元旦

2019/1/1(火) 午前 5:44

  2019年1月1日   明けましておめでとうございます   今年こそいい年でありますように   0515時、ふと窓の外を見ると二十六夜の月がかかっていました。下にあるのは金星でしょうか。手持ちなので二十六夜には見えませんが。   江戸時代は旧暦7月二十六日の月を「二十六夜待ち」とし ...すべて表示すべて表示

    2013年5月2日(木)   今、長野県千曲市の稲荷山宿・蔵し館にいます。場所は千曲川に架かる国道403号線千曲橋西詰の北西約800メートルのところです。この辺りは江戸時代は善光寺街道の稲荷山宿があったところです。   商家の暮らしという解説がありました(写真①)。 ...すべて表示すべて表示

    2013年5月2日(木)   今、長野県千曲市の稲荷山宿・蔵し館にいます。場所は千曲川に架かる国道403号線千曲橋西詰の北西約800メートルのところです。この辺りは江戸時代は善光寺街道の稲荷山宿があったところです。   左から密閉式煙突付きの進化したかまど、コークスを使う移動式のかまど、右端はいわゆる七輪で ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事