よねちゃんの車中泊旅行記

4月22日、はてなブログ「よねちゃんの花日記」に移行しました。車中泊旅行記もそちらで継続しています。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

    2007年8月15日 第6日目

  今、鹿児島市の桜島にいます。古里温泉にある林芙美子の文学碑を見学して出発、国道224号線を東進して、1010時、有村展望所にやってきました。

  ここは、桜島の火口の南西に当たります。駐車場はよく混んでいますが、運良く1台分空いていました。

  ここは、遊歩道が整備されていて溶岩台地の中を歩くことができます(写真 法浅間山の鬼押出と同じ趣向です。

  駐車場から早くも地獄のような雰囲気になります(写真◆法こういうように遊歩道はよく整備されています。途中まではまだ桜島の火口は見えません。

  最初の四阿(あずまや)に来ました。目の前に巨大な桜島の南岳が迫っています(写真)。直線距離で2キロメートルほどのところに火口があります。

  目の前には錦江湾が広がり、遠くには薩摩半島が横たわっています(写真ぁ法写真い涼羆に開聞岳が頭を出しています。

  この遊歩道には四阿が3カ所、避難壕が2カ所あります。万一、観光中に桜島が噴火したらここに逃げ込めということでしょう(写真ァ法もし、人が多かったらどうするのでしょう。

  火山学者の話として、もし火山の噴火に遭遇したらやみくもに背を向けて逃げるのではなく、火山の方を向いて火山弾の飛んでくる弾道を見てよけながら避難するのが正しいとかいう話を聞いたような気がします。しかし、この火山弾の大きさを見て、できるかどうか疑います。

  この有村展望所のあるところは、1914年の桜島の大噴火により噴出した溶岩原です。この時の噴火はすさまじく、想像を絶する溶岩流や火山灰が噴出し、いくつもの集落が全滅、桜島もそれまで島だったのが大隅半島と陸続きになったのです。

  それから約100年、こういうように、松が生えてきて穏やかな景色になりつつあります(写真Α法しかし、いつ噴火して地獄の様相になるか誰にも分かりません。

  写真Г里茲Δ法火口の麓も緑に覆われています(写真А法自然の治癒力には驚かされます。

  遊歩道にはいくつかの歌碑や句碑があります。これは高野素十の句碑です(写真─法


  初蝶の 熔岩に突き当たり 突き当たり


  いささか字余りの句ですが、このあたりの地形の厳しさが伺えます。もっとも、多くの蝶は鳥のように飛ぶことはできません。ひらひらよたよたと草むらの中を飛ぶというという感じです。

  それが素十にかかると、厳しさに変わるという不思議さが一流というところです。

  ちなみに、素十は余りよく知られていませんが、茨城県の出身で高浜虚子の直弟子、東大医学部を出た医学博士で、新潟大学や奈良県立医科大学で法医学を教えた先生でした。

  1976年、83歳で亡くなっています。この句の通り、俳句の原風景を継承したことでも知られています。

  次は、高野国臣の歌碑です(写真)。


  わが胸の 燃ゆる思いに くらぶれば 煙はうすし 桜島山


  高野国臣を知らない人でもこの歌を知っている人は多いでしょう。意味は文字通りですが、意図するところは全く違います。

  高野は幕末の尊皇攘夷の志士でした。尚古趣味でやや時代錯誤的とも言える過激な武闘派といったら概ね当たっているでしょうか。

  福岡藩出身ですが、浪人をして攘夷活動に専念します。鹿児島にもやってきたのですが、島津久光に受け入れられず、やむなく鹿児島を去るときに詠んだのがこの和歌なのです。

  確かに、時代を動かそうとする有為の志士にとって、桜島の噴煙など取るに足らぬものだったでしょう。こういう気概をもって生きられた激動の時代、それが幕末だったのです。

  残念ながら、あと4年で明治という1864年、京都で獄死しました。

  写真の中央に写っているのは記念写真を撮る写真屋です。写真の横はこうなっていて、この石碑の前で大勢の人が記念写真を撮っています(写真)。

  今は、来る人を驚かせる桜島、その噴煙を我が志に比べれば大したことはないと言い放って去った幕末の志士、その歌を桜島の代表の歌であるかのように歌碑にしていること、意味深長としかいいようがありません。

  1025時、これで、桜島の見学が終わりました。このあと、国道220号線に入り、宮崎県の日南市をめざします。


  続く。

  

  


   



  

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事