よねちゃんの車中泊旅行記

4月22日、はてなブログ「よねちゃんの花日記」に移行しました。車中泊旅行記もそちらで継続しています。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

    2007年9月15日

  今、鳥取県智頭町の石谷家住宅にいます。引き続き内部を紹介しましょう。

  主屋とそれに続く新建座敷を見学したのでさらにその奥にある江戸座敷にやってきました。その名の通り、江戸時代に立てられた部分です。

  まずは、次の間です(写真 法2燭笋薜嫐ありげな掛け軸がかかっています(写真◆法次のように書かれています。

  不言之教無為之書 天下希及之 隆彦

  不言とか無為とか言えば老荘思想であるとすぐに分かります。隆彦というのは伊福部隆彦、明治31年生まれで地元の智頭町出身です。

  伊福部隆彦は老子の教えを土台として自らの悟りや見性の体験から、人生道場という宗教を開きました。この宗教は現在も活動しています。

  掛け軸の下の絵を拡大するとこうです(写真)。老子が牛に乗っている図でした。

  一口に老荘思想といいますが、老子と荘子とは同じものではありません。高校生の頃から慣れ親しんだ思想ですが、詳細は省略しましょう。

  少なくとも、何もしないで人生を無駄に過ごすこととは意味が違います。もっとも、こんなことを言ったら師匠の老子荘子に笑われるという点が老荘の世界のさらに奥深いところでもあります。

  次の間と座敷との境の欄間(鴨居の上の部分です)にはこういう透かし彫りが施されています(写真ぁ法

  これが江戸座敷です(写真ァ法座敷を取り巻くように縁側が続き、その向こうに大きな池を眺めることができます。縁側には御簾(みす)が架かり、格式を高めています。

  これが正面です(写真Α法左から平書院、床の間、明かり取りの窓に違い棚と地袋が付いた床脇からなっています。

  写真では見にくいのですが、解説によると、この座敷は床挿し(とこざし)といって、棹縁(さおぶち)天井の棹が床の間を向いている珍しい造りです。不吉とされる造りですが、江戸時代中期以降はたまに見かけることがあるようです。

  平書院はこういう感じです(写真А法書院とは、床の間か床脇の横につく明かり取りの構造物のことで、出っ張りがあるのを付け書院、この座敷のように出っ張りが無くただの障子のようになっているのを平書院といいます。

  この平書院は、繊細な格子とハート形の木枠が印象的です。下の部分には細工を施した框(かまち)が付けられています(写真─法

  この座敷から庭を見るとこうなります(写真)。庭もさることながら、御簾がこの座敷の風格を高めていることに改めて気がつきます。

  座敷の奥には茶室があります(写真)。残念ながら奥まではいることができません。見て分かる通り、座敷に比べると質素な造りであることが分かります。

  さあ、これでこのあたりの見学は終わりです。もう一度紹介しておきましょう。

  写真は江戸座敷から新建座敷を見ています。

  写真は新建座敷から江戸座敷を見ています。池にはたくさんの大きい鯉が泳いでいます。

  なお、文中いろいろな和風建築の専門用語が出てきますが、インターネットですべて検索できます。こういう知識を持って文化財を見学すると、一層、理解しやすくなります。


  さあ、次は主屋の二階を見学しましょう。

  続く。

 

  

  

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事