いずものこころ

みんなで古代出雲を探検しましょう!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

このようにして、スサノヲ一族は古代出雲の山間地のいたるところに拠点を持ち、その中の中心的な拠点には、スサノヲを祀る宮を造り一族の団結と権威を見せつけたのです。須佐神社、須我神社、熊野大社がその代表的なものです。

このような中で、スサノヲ一族の系譜につながる御子神の一人に、「磐坂日子命(イワサカヒコ)」がいますが、その御子神にまつわる話として『出雲国風土記』の秋鹿郡の恵曇(えとも)郷の条に、スサノヲ一族が渡来集団であることのヒントとなる記載があります。

恵曇郷の地名起源として、磐坂日子命(イワサカヒコ)が国巡りをしてここに来たときに、「ここは国稚(わか)くして美しい。国の形は画鞆(えとも)なるか。わが宮をここに造ろう」といって鎮座したとされているのです。その宮は、現在の「恵曇神社」なのです。

今まで述べてきたことからすれば、スサノヲ一族は出雲の山間地を拠点としたとしています。ではなぜスサノヲの御子神であるイワサカヒコが、島根半島屈指の港湾を形成している海岸部の恵曇郷の恵曇神社に鎮座したのか疑問となるのです。

しかし、ここに大きな含意・暗示があるのです。この記載こそ、スサノヲ一族が朝鮮半島から渡来して、森林資源と用材を朝鮮半島に送り出すということが、最初の意図だったということを示しているのです。恵曇港は天然の良港として古くから記載のある港です。島根半島の日本海側にありますが、島根半島を形成する北山山地が、ちょうどそこでいったん途切れて、平野部とつながり佐太の水海から宍道湖に至る場所に位置しているのです。

宍道湖をはさんで対面する南側には、熊野大社に至る通路があり、そこから奥深くて、森林資源の豊富な中国山地へとつながるのです。今までの解釈のように、元来、スサノヲ一族は出雲の山間地に散らばる在地の先住山林族であり、スサノヲはそれらの地域の土地神あるいは在来神であったとするのなら、その御子神が突如として恵曇港に現れ、しかも、そこを国誉め(くにほめ)して鎮座するなどという伝承が生まれるはずはないのです。

すなわち、イワサカヒコに関するこの記載は、スサノヲ一族が出雲の海岸の港に渡来して来たことと、山間地に拠点を持ったにしても、スサノヲ一族の故地は日本海のはるか西の朝鮮半島であることを暗示するためのものだったのです。そこで、スサノヲの御子神は、朝鮮半島と往来のある恵曇港の近くの恵曇神社に鎮座し、はるかな故地を見つめていたのです。この望郷の思いが、恵曇郷をして「ここは国稚(わか)くして美しい。国の形は画鞆(えとも)なるか。わが宮をここに造ろう」という伝承を生み出したと空想するのです。

閉じる コメント(5)

故地を懐かしみ、海のかなたを望む位置に神社が・・・という考え方には納得できますね。
ところで、頻繁に木材を送るなり船を造るなりできたなら、
もっと易々と大陸と行き来できたのではないでしょうか?
何か、大陸には居られなくなるような理由があったのでしょうか?

2008/3/19(水) 午後 10:36 らんば 返信する

顔アイコン

当時は帆船だったでしょうから、例えば西風が吹く春に来日して、東風が吹く夏に帰国する、というような移動方法だったのではないでしょうか?
朝鮮半島は木が少ないですから、有りそうな話ですね。

2008/3/20(木) 午後 5:32 hop*519 返信する

顔アイコン

おかんさん>大陸に居られないというより、「こっちの方がずっといいや!」と思ったのかもしれませんね。

2008/3/21(金) 午前 9:01 [ いずものしげちゃん ] 返信する

顔アイコン

かさぶたろぐさん>全くありそうな話だと、自分で書いて自分でもそう思っています・・・。

2008/3/21(金) 午前 9:02 [ いずものしげちゃん ] 返信する

顔アイコン

コメントを置くのは久しぶりになります。(^^!)
なにしろ自分とこの記事をつくるのが精一杯で、ご訪問する時間がとれないのです。おかげさまで愉しい記事になりそうです。
ご記事のほう長いようなので、じっくり勉強させてください。(^^) 削除

2009/3/9(月) 午後 5:04 [ 平 素人 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事