しげじぃの農ごよみ

今日も元気に農業に励んでいます。

パフォーマンス

 子供、孫たちが三連休を利用して皆が顔を見せに帰ってきて呉れた。
なんかお正月が二度来たような賑わいとなった。

 皆で何か美味しいものでも食べに行きましょうかとなった。
何がいいですか・・・鉄板焼きと決まった。

 早速息子が近場がいいなと、スマホで検索三田ホテルとなった。
便利な世の中だね・・・年寄りのしげじぃさんには想像も付かない。

 鉄板カウンター席につく。
鉄板の上にステーキが運ばれてきた。


 シェフがスマホお持ちですかと・・・ステーキの調理時のパフォーマンスだ。
スマホを向けて豪快な瞬間を待つ。
 ワァーとみんなの声が重なった。

 

全て子供たちのおごりでご馳走になった。
多くのお金を使わせてしまった。

 「達者で長生きしてよ」( ^ω^)・・・嬉しい言葉が聞こえる。

この記事に

開く コメント(0)

和やか三代

 ワァー雪降りや・・・朝から少し積もっている。イメージ 1
軒下に出る。縁側のガラス障子に映る雪景色まるで山水の屏風画のように美しく見える。


 だから雪は好きだ。このまま暫らくこの景色を保ってほしいなあ・・・。

願いが通じたか大きな雪片のボタン雪、見る見る周囲は雪の厚化粧で濃ゆくなってゆく。イメージ 2

 

 ダイニングキッチンでは毎年の行事「かき餅ち作り」に家内と娘と孫娘が頑張っている。


 親、子、孫の和やか三代の笑い声の中に、
エビ入り、黒豆入りのかき餅が出来上がってイメージ 3
行く。
イメージ 4








       大事にしたいこれも我が家の風景だ。 

この記事に

開く コメント(0)

元気なお年寄り

 私たちが住む集落の老人会では毎年一カ月遅れで「新年顔合わせ会」が催される。イメージ 1
どの顔見ても元気な農業現役、広々した農地の請負人と云えよう。

 平生は忙しさに取り立てられ喋るに事欠くのだが、今日ばかりはゆとりあろコミュニケーションの一時笑いと和やかさが漂う。

 会食を終えてアトラクションは室内で囲碁イメージ 2ボール全員が平等に頂く景品でも力が入る。
 「ここ・ここに入れてよ」ナイス、ナイスの声援・・・。
 「ああ〜ぁ」・・・と笑う。
次はここよ・・・で個人戦、団体戦で幕引きとなった。

 
昔、愛育だよりで「笑いの効果」なるを教えて頂いたメモを取り出した。イメージ 3
  笑う事は病気に対する免疫力が高まるようだ。
  
  脳の働きが活発となる。
  血液の流れが良くなる。
  自律神経のバランスが整い体が活性化するとか良いことばかりをメモに綴っていた。
イメージ 4
 私たちは只、年を取るだけでなく、地域で絆を深めお互いがお互いを支える合えるそんな年寄りでありたい・・・・。
 住み慣れたこの地を次の世代に引き継ぐ村の元気なお年寄りでありたい。
 皆んなに好かれるお年寄りていたい。
これが本心では( ^ω^)・・・。

この記事に

開く コメント(0)

我が家の節分祭り

 皆さん恵方巻きご馳走になりましたか。
多くの人が今年の恵方はどっちだったっけ・・・と云いながら東北東に向かって食された事でしょう。

 我が家も今年は手巻き寿しで各々がお好みの具(かに・えび・ぶり・さけ・いか・さば・さば・玉子焼き・かいわれ・きゅうり・・・他)で頂きました。イメージ 1

 お蔭様でお腹は満腹、心も万福、アルコール飲料を添えて幸せを感じた節分の日でしたよ。

 しかし贅沢恵方巻きの売れ残りの金額
(大学名誉教授)の廃棄試算10億2800万円とか・・・びっくりですね。

 文明社会と云う言葉で片付けるのも余りあるではと思います。
イメージ 2
 節分の夜は進む。
家内が貰って来た福豆を家族で分けて、福は内、鬼さんも内と一粒づつ口に入れた。
 鬼さんもですって( ^ω^)・・・。いや仕事の鬼だったり何事にも励む鬼さんですよ。
 
 大事にお付き合いしないとね・・・

この記事に

開く コメント(0)

楽しみな寒の仕事

  一年中で一番寒いという大寒だが今日は寒さが少し緩んでいる
どうしても、これだけは済ませたい冬仕事キウイフルーツの木の剪定に掛かった。
イメージ 1
 伸び放題の徒長枝と細い蔓の様な枝が絡み合って樹勢の程が分かります。
 しかし他の果樹に比べて剪定はし易いと教わっている為、自己流にハサミを入れて風通し良くする程度です。

 昨年は基礎的な知識もなくバッサ、バッサと切り過ぎた故に、実の生りが遠かったので少し控えめに剪定を終えました。
イメージ 2
 冬肥も入れてこれで良し・・・五月の花の付きで答えが出る。

 棚の陰を利用してシイタケ栽培、今年は新しく原木10本買って来た。
イメージ 3


 楽しみな寒の仕事だ。


この記事に

開く コメント(0)

笑いで終わる

 外出から帰って来たしげじぃさん、家に入ると家内の話し声が聞こえた。
あ・誰か訪問客かなと思ってしばらく話の内容を聞いた。

 話はこう言う事だ。
「ルンバちゃん・・・帰るお家忘れたの・帰れないの」だった。
イメージ 1
 ルンバちゃんとは我が家のAIロボット、お部屋の掃除屋さんだ。
もう家に来て七年が経つ。今では大切な家族の一員を占めている。

 朝はセットされた時間になれば動き始める。

あ・早やルンバちゃん起きて精出しているわ・・・音で聞き取る。

 掃除が終わったり、体力が消耗して動けなくなると独自で充電器迄返って休憩するという優れものだ。

 そんな優れものが最近ちょこちょこ充電器まで帰らずに途中でストしている事がある。
七年も経てば帰るお家を忘れるのかな・・・と言いながら手伝ってあげる。

 帰るところが分からないとは、人間でいうMCI(軽い認知症)ですかな( ^ω^)・・・。

 暫らく見守って上げましょうかな・・・の笑いで終わった。

この記事に

開く コメント(0)

 ああぁ・・・当たりませんな。
お年玉つきの年賀ハガキの当選発表があった。

 皆さんどうでしたか。イメージ 1

 切手シートより当たった試しのない我が家だが番号を照合する。
先ずは下2桁からだ。
1枚1枚丁寧にみる。中々当たって呉れませんなで終わる。

 毎年変わり映えないが貰った年賀ハガキに改めて目をやり気分は元日に戻る。
 どのハガキを見てもきれいで立派な作品だが、年寄りのしげじぃさんには何か物足りない気がしてならない。
これが現世かと云いながら納得する。

 そんな中で毛筆に出会う。毎年同じ人からだ。
しみじみ筆跡に見とれる。感無量とはこのことの様・・・

 こんな筆使いが出来れば、どんなに楽しい事だろうな。
真似は無理でもせめて自筆でコメントだけでも添えられたら、少しは趣も出るハガキになるのではと反省する。

 ハイ・当たりは切手シートが4枚ですか( ^ω^)・・・。

この記事に

開く コメント(0)

白菜の防寒対策

 これ食べて呉れませんか・・・と親せきや知人に大判振る舞いするが、畑から白菜が中々減らない。

 スーパーで白菜は4分のⅠ・2分の1とカット売りされている。
私たちの野菜の直売所では、1個売りがそれよりも安いのに売れないとは、どうしてだろう。やはり値段より寒さが客足を止めているのでは・・・。

 このところ毎朝雪かと思うような真っ白な霜に露地の冬野菜が覆われている。
それらの防寒対策にと、ビニール、布製の覆いが主軸だが昔ながらの生活の知恵をあちこちの畑から見ることが出来る。イメージ 1

 ワラやヒモで外葉をまとめて結ぶ方法とか・・・
我が家では一番簡単な収穫時に残った外葉を3〜4枚球のてっぺんを覆う方法だ。

 
今年の冬野菜は良く育っている。イメージ 2
野菜の防寒に気配りしながら、美味しく頂きたいものだ。

 今晩の白菜のレシピーは( ^ω^)・・・。

この記事に

開く コメント(0)

朝ドラ・まんぷく

 皆さん、朝ドラ「まんぷく」見ていますか。
萬平さんの波乱万丈の人生模様に惚れたり、笑ったり、涙したり・・・に楽しんでいますよ。

 ドラマの母親、鈴さんが連発する台詞「私は武士の娘、武士の娘の娘」とか・・・。
今朝はその鈴さん、孫たちにみかんの皮を剝かずに表皮の中の袋の数が分かるかと云ったシーンがありました。イメージ 1

 咢の部分で分かるとか・・・すぐさま我が家で確かめました。
虫メガネを出して、これ9袋の様ですよ・・・と家内が云う。
私も9袋かなと表皮を剥いだ。

 当たっていました。
朝ドラが教えて呉れたみかんの袋数、次のミカンは何袋入っているかな( ^ω^)・・・

 お暇な事ですなあ・・・で苦笑い。

この記事に

開く コメント(0)

どっちが、いいかな

 どっち、とは・・・どちらと云う意味だが私は、どっち、の方が好きである。
何か田舎っぽい語呂で親しみやすく感じるからだ。

 話はこうだ。イメージ 1
年明けて自家菜園に入った。
毎日の最低気温が1℃〜マイナス2℃と続く丹波篠山地方、冬野菜の葉っぱは氷の針が刺さっている。

 そんな厳寒の中に菜花が多くのつぼみと花茎を付けている。
 野菜の直売所に出荷する菜花のPOPを考える。
     ・ 春の先取り菜花
     ・ 春の香り呼ぶ菜花
さて、どちらのキャッチフレーズがいいかな・・・と頭の中に描く・・・。

 どちらにしても我が家の初物。  おひたしに・からし和えに( ^ω^)・・・
これも、どっちがいいかな・・・。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事