しげじぃの農ごよみ

今日も元気に農業に励んでいます。

とんだ勘違い

 留守中にゆうパックの配達、不在故のカードが入り本局迄持ち帰る通知だった。
宛名は私と家内の連名だが送り主は知らない酒店、依頼主の名はない。
若しかすれば老齢者を騙す悪徳商法ではないかと警戒する。

 心当たりはないなあ・・・と家族で話して三日が経つ。

 ひょっとして孫娘から敬老のお祝いでは・・・と
慌てて郵便局に走った。イメージ 1

 包装紙を剥ぐ。感謝と孫娘の名、早速お礼をメールする家内( ^ω^)・・・。

 じぃさんの何よりの好物、お酒の地酒セットそれも純米大吟醸の贈り物だった。
その土地、土地で作られた珍しい地酒だ。
夕食時の家族の話題は地酒が独占する。

 さあ、今晩は何処の銘酒を頂きましょうかな。
飲むと云うより舐めると云った方がぴったりでは・・・。

 より旨く感じる孫娘たちの心遣いにダブルで酔う、じぃちゃん、ばぁちゃん・・・
とんだ勘違いの贈り物だったねと笑う。、

この記事に

開く コメント(0)

笑顔が集う

 敬老の祝日、多くのお年寄りさんたちは言外の余韻を楽しまれたのでは・・
しげじぃさんの集落でも敬老の集いが催され夫婦でご招待にあずかりました。
イメージ 1
 招待された皆さんの顔どう見ても敬老というより、ぱりぱりの百姓現役まだまだこの人たちが集落の農業を支えているのだと心強い感じと頑張りが表に出る。

 稲刈りも終わりお米の収穫量、黒大豆、山の芋、小豆と話題に欠くことのないまま・・・

イメージ 2 
 三遊亭楽団治(三遊亭円楽の一門)のアマチュア落語家、講演師で幕が開く。

 
 普段は笑う事も少ない私たちに笑いの道に誘ってくれた久しぶりの笑顔の集いだ。

イメージ 3
 老人(朗人)、老化(老華)に置き換えて健やかな老後の生活は自分で工夫して生きることを教えて頂いたような気がする。
 
 お世話頂いた自治会の役員さんありがとうございました。

この記事に

開く コメント(0)

あの不思議な力

 明日は敬老の日、自治会から夫婦で招待を貰っている。
それまでに何とか稲刈りだけは・・・いや臼摺も終われたら・・・と贅沢が先走る。
イメージ 1
 朝から息子の助っ人に頼りながら臼摺も済ませることが出来た。
最近は臼摺と云っても一貫作業で、二階まで上げた籾のホッパーから自然落下で臼摺機に流れ込みお米となり、選別機を通り自動で設定した計量器で30kgに袋詰め・・・後は袋の口を結び終了。
イメージ 2
 最近はこの30kgの米袋の扱いが重い故、息子に頼っている。
 しげじいさんの青年期時代を思い出す。
納屋の天井から吊るされた棹秤で60kg詰の米俵を難なく移動山積みしてきた。
いまは当時の半分30kgの重量だのに重く感じる。

 あの不思議な力は何処に行ったのだろう。
加齢の精だけだろうか。それとも文明社会が体力を駆逐したのだろうか。
淋しい事だ( ^ω^)・・・。

この記事に

開く コメント(0)

クロアゲハ


 稲刈り終えて「やったあ・・・」と声を上げる
私たちは後期高齢者、年齢も夫婦合わせて158才、お互い良く頑張れたねと喜ぶ顔は底抜けに明るい。

 立て続けに見舞われた台風20,21号で昨年とは10日遅れの刈り米(稲刈りが総て終わってしまう)で喜びも倍増と云うところだ。
 もう、どんなお天気が来ようと心に焦りはない。
イメージ 1
 稲刈りの期間中は忙しさのあまりに見る物も見えなく気付くこともなかった裏庭の花壇に、アゲハ蝶が遊んでいるのを窓腰に見た。

 デジカメを持って近くに寄って行く。
あ・ 逃げられた( ^ω^)・・・しばらくその場に待ち構える時を過ごした。

イメージ 2 
 又・飛んできた・・・今度は逃がさんぞ・・・とシャツターに指をかけチャンスを待つ。
 アゲハも安心したか大胆にカメラまで寄って来る。
 色々なポーズを呉れた。10枚ばかりシヤッターを早押しした。

 こんな惜しまない時間が作れようとはね・・・一段落した刈り米が為だろうなあ。
有難いね。

この記事に

開く コメント(0)

嫌味ですかな・・・

 味気ないのは現世と悟りはしているが、何か惨めを覚えるしげじぃさん。

 先日の事だ。 ゴロゴロと鳴る雷と激しい雨に合った。事なきを祈るのみ・・・。
「ドンと無気味な音が」と同時に停電した。
イメージ 1
 どうやら近くの電柱に雷が落ちたようだ。
早速「関電」へダイヤルする。
受電して呉れたのはテーフだ。

 #⃣を押して1〜該当する番号を押してください・・・と味気の無いテープに、何んとか言われるままに操作は出来た。

 企業の合理化も立派な事だと思うが、世はまさしく高齢化社会年々加齢は私たち年寄りには2倍について回る。

 でも、自己で何とか処理の出来る老家族ばかりでは無いのでは・・・。

 弱肉強食の社会ではなく温情味のある誰もが幸せに暮らせる世の中でありたいものですネ。

 あの日からもう5日も過ぎました。だのに、固定電話は今も通じない。
スマホがあるから用は何とか果たしているが・・・と付け加えたい。

 これも年寄りの嫌味ですかな( ^ω^)・・・

この記事に

開く コメント(0)

「まあ・まあ」ですか

 皆より三日遅れで稲刈りに入ったしげじぃさん家、今年は息子の助っ人で気丈夫なスタートを切った。
イメージ 1
 普段は高齢者家族と呼ばれる農作業だが、助っ人のお陰で活気に満ちる。

 刈り始めた。コンバインのホッパーに溜まる籾の嵩に・・・こんなものだろうかなあ・・・
 豊作か不作かと気になるところ、皆に聞いてみる。
イメージ 2
「まあ・まあ」まあ・まあですか・・・と教えて呉れた。
まあまあ、ですとはよく使う言葉で決して十分とは言えないが一応満たされる程度です・・・か、受け止める人によっては差はあるだろう。

 長い間続いたお米の減反制度、生産調整が廃止となり自由に作れるようになった初年度の収穫です。

 今、稲の刈り取りが始まったばかりの農家の胸の内はどうだろう・・・
そんなことを考えながらコンバインを操るしげじいさんでは。

この記事に

開く コメント(0)

野菜のお医者さん


 早い農家は稲刈りが始まった。
コンバインの大型化によって一日で多くの面積の稲が刈り取られて行く。

 それを見て気は焦るが、稲刈り迄の我が家の優先順位は山の芋が新芋肥大期に入りこの時期の病害虫の防除だ。外側から見ればきれいと思いながら圃場に入った。
イメージ 1
 葉っばに糸状の白いカビが突き刺さったのを見る。一枚葉を取って確かめる。
葉渋病だな・・・
早速予防する。(ダニの予防もかねて)

 しげじぃさんは周囲の者からよく言われる。
そんなに日参しないと栽培できないのかと。
イメージ 2
 農家は育てる野菜の茎の伸び、葉っぱの色、果実の形その他・・・色々診断する医者のような仕事ですよ。
肥え切れ、害虫、病原菌と原因をいち早く見抜くことが収穫に繋がります。
イメージ 3 
 
 それが楽しくて汗しています。今年もよい山の芋が出来ます様にと( ^ω^)・・・

この記事に

開く コメント(0)

気忙しい朝

 しげじぃさんの夏場の朝一番はオクラの収穫から始まる。
am5時過ぎには畠の中、今日も頑張りましょうと大きな深呼吸〜。
イメージ 2
 オクラの収穫は未熟な果実を食用とし、
9㎝前後が食べ旬で粘りも強い。
 しげじぃさんの中指の長さに当たり、指が便利なハカリとなっている。

 100本ばかり栽培しているが朝、夕の2回の収穫故に気忙しい。
イメージ 1

 葉っぱの陰で見落とすと、もう大きくなりすぎて、商品価値がなくなりその場に切り捨てる。
 
 あ、近所の烏骨鶏の鶏舎から朝の目覚まし合図声が始まった・・・。

 
急ごう・・・NHK・BS朝ドラ「半分、青い」が始まるよ( ^ω^)・・・

この記事に

開く コメント(0)

元気集落だね

 スマホにセットした篠山市の「熱中症情報」は厳重警戒」と毎日入って来る。
今朝も出た。イメージ 1

 そんな中、集落の農業行事で溝掃除が行われた。
途中の休憩場所は、毎回決まっている。
あそこ迄行けば有難い木陰、冷たいお茶を役員さんが配って呉れる。

 皆が待ちかねて一気飲み・・・イメージ 2
癒しの時を過ごしてもうひと踏ん張り・・・

 作業終えれば缶ビール、おつまみ、お茶で打ち上げとなる。

 出席者はどの顔見ても老人会ですか・・・
高齢化率は丁度50%とよんだ。
貴方はと聞く。( ^ω^)・・・イメージ 3

 来年、再来年と多くが控えて呉れている。来年は52%ですかな・・・

 こんな、私たちの集落はどう呼べばよいのだろうか。
 限界集落ですか。
 それとも準限界集落ですか。

 何れにしろ・・・皆さん元気な顔だ。
そう元気集落ですねと答えが出た。頼もしい限りです。

この記事に

開く コメント(0)

直撃ですか

 日に日に稲穂が黄化して行く。イメージ 1
今年は例年と比べて早いのではないか・・・と農家の皆さんの談だが。

 折からの台風20号の進路予想図を見れば直撃のコースにある。

 稲だけでない。総ての畠野菜から圃場に育つ黒大豆、山の芋、小豆の倒伏が危ぶまれるが一様手は打った。イメージ 2

 後は静かに通過をねがうのみだ・・・。
夜半頃から雨風の音が激しく雨戸を叩く。

 いよいよやって来ましたか・・・と観念するが気になって熟睡は出来ない。

 夜明けを待って恐る恐る圃場を見回った。
想像を上回る惨めな姿にびっくりする。
イメージ 3
 
 農家の一番大切な生産意欲の崩れる音が聞こえた。
 
 しげじぃさんだけだっただろうか。

 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事