うまいもん寄せ集め

ツイッターで結構つぶやいているので、このブログは多分もう更新はないかと思います。そのうち実名ブログ立ち上げるかも?!

全体表示

[ リスト ]

中嶋

今日は東京出張。
夜の予定が何もなかったので、ミシュランガイド一つ星の新宿割烹 中嶋に行ってきた。
初めてだったので一番安い8,000円のコースで予約しておいた。
イメージ 1

まず最初に出てきたのは、三種類の豆を和えたもの。
まずまず。
イメージ 2

次は白バイ貝、蛸、ホタルイカと二種類の野菜を煮付けたもの。
バイ貝って昔は普通にあったのに、最近あんまり見かけなくなった。
なぜだろう。
大好きだから大喜びで食べたけど、肝の部分が途中で切れてしまった。
残念、と思ったら、「少し残っていましたがお食べになりますか」と、肝の部分を小皿に取り出して持ってきてくれた。
うーん、これが一つ星の実力か。こんなところまで気配りしてくれるお店は初めてだ。
ちょっと感動。
蛸も柔らかくて味付けも抜群。
イメージ 3

次は変わりもの。
ハマグリだけで出しをとったものに、ソラマメを濾してすり流したものだって。
ハマグリだけでこんなに出汁が出るもんなんですね、と聞いたら、10分くらいことこと煮出すんだって。その分ハマグリの身は使い物にならなくなるから、贅沢といえば贅沢なんですけどね、と言ってた。
イメージ 4

次にお造り。
鮪に水蛸、平目のお刺身にウニともう一つ何か忘れたけど小さめのお鮨。
水蛸は山葵でなく、シソの花、茎全部と一緒に食べてみてください、茎まで柔らかいから大丈夫です、と言われ食べてみる。
うまっ。こんなにおいしいものなんだ。
初体験でうれしくなる。
イメージ 5

次に鮎の塩焼き。
鮎出てこないかなぁと期待していたけど、本当に出てきて超うれしくなる。
琵琶湖周辺でとれたものらしい。
あーっ、やっぱり鮎はおいしい。
イメージ 6

次はあいなめとじゃがいもの煮物。
じゃがいもも柔らかくておいしかったけど、煮物の出汁が抜群のおいしさ。
でもスープをお皿に口つけて飲むわけいかんよなぁ、と思っていたら、女中さんがお皿を下げるときに、スープはお召し上がりにならなくて良いですか、と聞いてくる。
思わず、飲んでもいいんですか?と聞いたら、どうぞだって。
これもまたうれしくなる。
全く気取らないところがいいねぇ。
オーナーシェフも料理の説明だけでなくいろんな話をしてくれてすごく和やかな雰囲気に包まれているし。(でも板前さんへの注意、指導はかなり厳しい。同じ一つ星イタリアンレストランのピアットスズキも一緒だった。)
イメージ 7

お口直しにもずくの酢の物。
イメージ 8

鰯の梅肉合え。
日本酒に合います。
イメージ 9

〆は鯛茶漬け風の鰯の茶漬け。
あっ!食べる前に写真撮るの忘れた!
形崩れちゃった。
でも抜群の出汁と風味。
イメージ 10

イメージ 11

デザートはシャーベット。
イメージ 12

これで8,000円のコースに生ビール2杯と日本酒熱燗3本、消費税を足して14,000円でした。
日本酒は富山のお酒で、かなりさらっとしたお酒。
多分料理の味を引き立てるためなんだろうけど、もう少ししっかりしたお酒の方が好みだったかなぁ。
でも料理の内容、味、お店の雰囲気、どれをとっても十分満足でした。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事