埼玉県議会議員 岡しげお活動日記

日々の活動をリアルタイムでお送り致します。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全509ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

新春交通安全の集い


イメージ 1
イメージ 2
















杉戸警察署は宮代町と杉戸町を管轄しています。
昨日は、杉戸地区交通安全協会の賀詞交歓会・意見交換会が盛大に開催されました。
この会は、毎年この時期に行われますが、協会の皆さんの出席率も良く和やかな意見交換が盛大に行われます。昨日も、杉戸警察署長や交通課長などが出席し、最近の交通事故の実情などの説明が行われ有意義な意見交換が出来ました。
私は来賓挨拶で、現在埼玉県警が進める「ゾーン30」の説明を行いました。最近住宅地や抜け道などでスピードを出して交通事故が増えていますが、「ゾーン30」を設けることによって交通事故が約25%も減少している数値が示されています。
初めて聞いた人も多いようで、その後に意見交換会でも多くの質問などを頂きました。
昨日も、有意義な時間を過ごす事が出来ました。

*四耐四不訣(したいしふけつ):に耐え、に耐え、に耐え、に耐   え ー せず、がず、わず、わず    
:中国の政治家曽国藩の言葉です。私も心がけています。

*岡事務所よりお知らせ
埼玉県議会や全国で問題になっている「政務活動費」について、「埼玉県議会議員 岡しげおのホームページ」を開設し公開しています。
ホームページアドレス:http://ytwpn140.wix.com/okashigeo-jimusyo
*残金は毎年返納しています。

この記事に

本郷橋

イメージ 1
イメージ 2
















宮代町の和戸交差点付近は、交差点の拡張更には歩道の整備などで確実に良くなっています。
現在、宮代町の和戸交差点北側を流れる「備前前堀川(びぜんまえぼりがわ)」に架かる「本郷橋」の改修工事が行われています。昨年の耐震補強工事に続いてフェンスや側道橋の改修工事で、これが完成すれば歩行者や自転車で通行する人たちの安全性が格段と向上します。宮代町の大きな課題の一つは「県道の整備」ですが、毎年目に見えて確実に良くなっています。
和戸交差点付近の皆様のご協力に感謝いたします!



この記事に

新春マラソン大会

イメージ 1
イメージ 2
















昨日は、白岡市制施行5周年記念の「白岡新春マラソン大会」が開催されました。今年で28回を迎えるこの大会は、市外からの参加者も増えて今回は2,363名もの皆さんが参加しましたが、10㎞男子の部に秋田市からの参加者がいました。
ところで、今年のゲストランナーはNHK気象キャスターの「平井信行さん」でした。平井さんは春日部市在住で、時々白岡市まで走っているそうで、今回は10㎞男子の部で走ってくれました。
また、平井さんは白岡市内でも講演会をしていますので馴染みの方も多く開会式も盛り上がりました。
最初のスタートは、9時の小学1年生1.2㎞の部で元気にスタートしました。

今年も、参加者の皆さんの年初が良いスタートになった
と思います。

イメージ 3


この記事に

和戸交差点工事

イメージ 1
イメージ 2
















昨日、幸手市に行く途中、宮代町の和戸交差点で電柱の移設工事を行っていました。
現在、埼玉県の事業として宮代町の交通の要所「和戸交差点」が拡張され、大きく変化しようとしています。
また、交差点付近のパチンコ屋さんが取り壊され、住宅地になる予定で工事中ですが、この大規模工事はこれから宮代町が更に発展するために基礎作りです。
それは、今後圏央道付近の国納地区(沖の後)の工業団地の建設計画があります。
宮代町の将来の「税収増加策」として企業の誘致は大切な事です。その為には、スムーズな物流に欠かせない道路(県道)の整備や交差点の拡張が重要です。
和戸交差点も、地権者などのご協力のお陰で少しづつですが確実に進んでいます!

*四耐四不訣(したいしふけつ):に耐え、に耐え、に耐え、に耐   え ー せず、がず、わず、わず    
:中国の政治家曽国藩の言葉です。私も心がけています。

*岡事務所よりお知らせ
埼玉県議会や全国で問題になっている「政務活動費」について、「埼玉県議会議員 岡しげおのホームページ」を開設し公開しています。
ホームページアドレス:http://ytwpn140.wix.com/okashigeo-jimusyo
*残金は毎年返納しています。

この記事に

超高齢社会

イメージ 1

昨日「日本の世帯数の将来推計」が発表されました。
22年後の2040年には、高齢者世帯が44.2%(2015年:36%)と半数近くになり、1人暮らし世帯が全体の39.3%になると予想されています。
正に、超高齢社会の到来です!
埼玉県は、現在は平均年齢が45.5歳と全国でも6番目に若い県ですが、これから急速に高齢化が進みます。高齢者が地域で孤立しない社会の仕組みを作ることが急務です。埼玉県では、現在「要援護高齢者等支援ネットワーク」を作り、民生委員だけでなくあらゆる業界団体などの協力を得て市町村の担当部に情報を集約して孤独死などを無くす取り組みを行っています。
これからは、行政だけでなく地域全体で高齢者を見守る仕組みが大切だと思います。


この記事に

全509ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事