ここから本文です
into tomorrow
精力的に更新します

書庫全体表示

車の人相2

ちょうど4年前に出した記事の続編。
(ちなみに前編は、トップページのバックナンバーから閲覧できます。)

車の顔にも、人の受け取り方で、色々なものがあります。

かっこいいと感じるもの、不快に感じるもの、特に何も感じないもの・・・
(今の日本は圧倒的に3番目が多い)

特に不快に感じる車、まあ、あえて車名は言いませんが、サイズの大きな車に多いような気がします。

別に不快にするぐらいならいい。すれ違って2秒もすれば忘れるし、人によっては、それが素敵だと思う人もいます。価値観の押しつけはしたくありません。

しかし、それが不快ではなく、恐怖に感じる顔があったら別です。

いや、実際にあったんです。

その名も、「ビアンテ」

何処のメーカーかというと・・・

調べてみたらマツダでした。

だれですか! このデザインにゴーサインを出したのは!

ある日のこと、私が交差点の横断歩道を歩いていたら、左折しようとしていた恐ろしいアイラインの物体が、かみつくかのごとく私に接近しました。

歩行中の私は恐怖のあまり、おののいてしまいました。

例えるなら、森で珍獣に遭遇したような恐怖感。

わたし的に、さらに具体的に言うと、大きな木の葉だなあと思って近寄ってみると、巨大な蛾だったみたいな・・・そんな恐怖感です。

表現の自由ですから、別にどんなデザインでもいいですが、人を恐怖に陥れるのはいかんでしょう。

しかも、ヤンキーが自分でやってしまうのは仕方ないとして、それを大メーカーがやってしまうとは、どういうことですか。

あれに対抗できる恐怖顔は、オロチぐらいです。あれは、台数制限があるからいい。それに、九州にいると見ることすらないし・・・。

こともあろうに、ビアンテはミニバンですよ。

しかも、コンセプトに驚きました。

クラストップの広い室内空間、躍動感ある個性的なスタイリングの実現に注力しつつ、乗員に安心感(=楽しさ)を与える、マツダならではの優れたハンドリング・動力性能を提供するミニバンである。

周りの人には恐怖感を与えておいて、乗っている人は安心感? はぁ? なにぬかしとんのじゃ!!

最近、あのロードスターでさえ、緊張感のない、にやけた顔になっている。

アテンザに至っては、自分が小学生の時流行した口裂け女だ。

マツダはこれからも車にホラーメイクを施すのか?

別に奇抜じゃなくても、個性は出せるでしょ。

けっこう好きなメーカーだけに、もっちょっと考えて欲しいな。(デミオは最高だけど)

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事