人生、波瀾万丈

私のこと、語ります・・・。本当にあったことと創作が混ざってます・・・。

全体表示

[ リスト ]

向こう側へ・・・

イメージ 1











矛盾だらけの
混乱した世界の
向こう側には
どんな世界が
広がっているのだろう?

子供のころから
そんなこと
いつも
考えていた。。。

毎日の
生活を
積み重ねて
山を登るように
坂を上るように
一歩一歩
向こう側へと
近づいていく。。。

向こう側というのは
二元性を
超えるってこと

二元性を
融合して
古き佳き秩序と
新しい秩序で
均衡が取れた
世界へと
突入すること

すでに
私たちは
その道を
歩んでいる。
最後の坂を
登り始めている。

その坂を上りきるまで
向こう側は
見えないけれど・・・。

20/08/2013
7.14


先日書いた
と関連しています。

阿波連さんの

そして、曽ヶ端さんの

ドラゴンさんの

ドラゴンさん原作、FUKATIさんのところで
連載されている
なども関連しています。

つまり、私たちは今
いるんじゃないかな・・・と。。。

今日、知り合いに書いたメールも
内容が関連しているので
転載しておきます。

「飯山さんもかなり、やんわりと(笑)、
いろいろ物議をかもし出していますよね。。。

読んで、危機感を感じて、自ら動き出すように、
啓蒙しているのかな・・・と。。。
政治や国に期待せず、自分たちの暮らしに
ベースを置け・・・と。。。
なんか、三宅洋平氏関係でのツィートや記事を
読んでいると、江戸時代以前の2重構造国家への
回帰を促しているような気がして・・・。
やっぱり、明治維新での舵取りの仕方に問題が
あったんでしょうかね。。。
その後の対外戦争が連続する混乱の時代が
あったからこそ、江戸時代の庶民の生活が
よかった、って思えるのでしょうけれど。。。

私は、できるなら、その、2重構造を超えた、
向こう側の世界を目指したいのですが、
そんなこと、考えること自体が無謀なのか、
と思いつつも、信じていれば実現可能なんじゃ
ないか、ってついつい、みんなで向こう側へ
いくことを夢想してしまいます。」


そのキーワードが、以前から何度も言っている
『アメーバ』であり、最近気になりだした
『ミトコンドリア』なんじゃないかな・・・って(笑)
何でも関連付けちゃう、相変わらず、の私です。。。


たぶん・・・
この流れの一環なんじゃないかな・・・って
そんな気がしています。。。(誇大妄想?!)


今、ふと、この曲とシーンが頭の中に浮かびました。



A dream that will need
All the love you can give
Everyday of your life
For as long as you live
Climb every mountain
Ford every stream
Follow every rainbow
Till you find your dream

その夢をかなえるには
あなたの愛すべてが必要だから
来る日も来る日も与え続けなさい
あなたの命がある限り
すべての山に登りなさい
すべての流れを渡り
すべての虹を追いかけなさい
あなたの夢を見つけるまで

閉じる コメント(3)

顔アイコン

向こう側を見たけれど、向こう側へ行かずこちら側で活躍されている人からのメッセージ。
「内在する」
http://lezgedapartystarted.ti-da.net/e5211705.html
「魂の根底にあるもの」
http://lezgedapartystarted.ti-da.net/e5080829.html

もちろん、私がそう感じただけです。
「向こう側」自体、人それぞれによって、概念が違うでしょうし・・・。

2013/8/23(金) 午前 5:20 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

セロトニンのことを書いた記事を検索していて、見つけたんだけど、
ちょうど、2年前の昨日に書いていました。
なんだか、ちょっと、示唆的・・・。

山の向こう側に「美しき緑の星」はある・・・?!
そんな気がしているから、人は山に登るのかもしれません。
『切断される映画「美しき緑の星」日本語字幕付〜追記あり〜』
http://blog.goo.ne.jp/tres-cerdidos/e/2b60fc85bd2418ef4bc756894964c51b


その他の「セロトニン」関連記事
『セロトニン』
http://t.co/aswHpqehqc
『感情と体の相関関係を示した図』
http://t.co/FUWr9YkBve
『マッサージ』
http://t.co/bnGvmZjHaP
『与える・・・』
http://t.co/iYYmCnNKSS

2015/8/22(土) 午前 2:21 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

びっくりしたー
つい、この間、LINEで、この記事のことを紹介したら、今日読んでいたADHDの精神科医のブログでも出てきた!

すべての山に
http://dryanbaru.xyz/?p=576
歌詞を読めば読むほど、「ADHDに最適の助言で
ある」と私は思う。誰が何を言おうと、結局自分が納得するしかない。
「すべての山に登ってみる」しかないのだ。

すべての脇道や小道まで全部行けと言うあたりが、「中途半端に逃げるのは許さない」というこれまたジャイアン向けの助言になっている。

2017/6/28(水) 午前 6:24 [ ひろみ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事