ここから本文です
人生、波瀾万丈
私のこと、語ります・・・。本当にあったことと創作が混ざってます・・・。

書庫全体表示

去年から、年間購読をしている、「世界戦略情報みち」
編集人である、天童竺丸さんが、8月1日号、9月1日号、
9月15日号、10月1日号と4回に渡って連載をなさった
記事です。

全文をネット公開されているので、多くの方々に読んで
いただきたいと思います。


みち387号(平成25年08月01日)


昭和20年8月15日、まだ生まれてもいなかった私には
その時、生きていた人々が何を感じ何を思ったのか
想像することしかできませんが、この4つの記事に
託されている思いを、私たちは受け継いで、私たちの
子孫へとまた伝えていかなければいけないのでは
ないでしょうか。。。

私たちが今、こうやって生きているのは、多くの方々の
犠牲があったからこそ。。。
その思いの上に成り立っているんです。。。

そして、今、時代はまた大きな転換期です。
もしかしたら、昭和20年8月15日よりも、過酷な時を過ごして
いるのかもしれません。

ならば、今一度、あの日に何が起き、今にどうつながって
いるのか、そして、未来にどうつなげていくのか、を私たち
一人一人がしっかりと感じ、考え、意識し、行動に移すことが
大切だと思います。

だから、天童さんが公開してくださった、この4つの記事は
とても大切なことを教えてくれていると感じます。
ぜひ、お読みになってください。。。


「神やぶれたまはず」をお書きになった、長谷川三千子さんは
月刊日本9月号特集 昭和二十年八月十五日正午にも
寄稿されています。



  • 顔アイコン

    ひろみさん、過分のご紹介をいただき、有り難うございます。長谷川三千子さんは誰もがチラッとは想いを馳せながら、よくよく突きつめないで放置していた大切なことを、長い熟慮を重ねて揺るぎない歴史的事実として提示して下さったと考えます。拙い紹介を通じて長谷川三千子『神敗れたまはず』を繙いてみようとする方が一人でも多くなることを祈ります。それにしても、自らの命を犠牲にしても民を救おうとされた昭和天皇の、まさに神格なるがゆえの御振舞に改めて震撼された次第です。このような國體を守り続けてきたがゆえに、日本は神国なのでありましょう。恵まれた国土もさりながら、天皇が歴代にわたって肇国の理想を実現することを継続されてきたことが日本をして神国たらしめているのだと思い知ったことでした。縁あって、遷宮後初の伊勢参拝に参加してきました。静かなる熱気が参道に満ちていて、心洗われる感じを抱きつつ、お参りを果たしました。

    [ 竺丸 ]

    2013/10/8(火) 午後 2:33

    返信する
  • 顔アイコン

    天童さん、とんでもございません。
    私は、天童さんの文章を読んで、4回とも涙が溢れました。。。
    天皇陛下の思いに、私達は、きちんと応えることができているのだろうか・・・と
    自問自答してしまいました。。。

    長谷川三千子さんの著作、入手して心して拝読したいと思います。

    [ ひろみ ]

    2013/10/10(木) 午前 6:46

    返信する
  • 顔アイコン

    参考のために・・・以前書いた記事。

    「五箇条の御誓文を考える」
    http://blog.goo.ne.jp/tres-cerdidos/e/40e6d9833ec68a89bc85eb538fb19753

    [ ひろみ ]

    2013/10/10(木) 午前 6:47

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事