人生、波瀾万丈

私のこと、語ります・・・。本当にあったことと創作が混ざってます・・・。

全体表示

[ リスト ]

今日、とても興味深い記事を見つけたので
転載させていただきます。


緊張すると顔が赤くなったり、イヤなことを前にすると胃が痛くなったりするのは、よく考えれば不思議なもの。しかし、感情による体の変化の中で、私たちが認識できるのはごく一部だという。気付いていないだけで、私たちの体内では、感情ごとにさまざまな変化が起きているらしい。

そんな感情と体の相関関係を調査した研究が、話題になっている。そして、研究結果を端的に示した図が、非常に面白いのだ。

・体のパーツごとに記録
フィンランド人の研究チームが、フィンランド人と台湾人の合計773人の参加者を対象に、「怒り、恐怖、幸福などの感情は、体のどのパーツに影響を与えるのか?」について調査した。

参加者はまず、映画などを見せられる。感情に変化がおきたところで、コンピュータ処理により体の各パーツの状態を記録。それをシルエットで表示したのが上の図だ。

左上から順に「怒り」「恐怖」「嫌悪」「幸福」「悲しみ」「驚き」「自然な状態」。左下からは「不安」「愛情」「憂鬱」「軽蔑」「誇らしさ」「恥」「嫉妬」と並んでいる。体内で感覚が高ぶっているパーツはまず赤、さらに強まると黄色に。一方、感覚がくすんでいるところは青で示されている。

図を見ると、体内の感覚が最も高ぶっているのが幸福の状態。一方、憂鬱な時には、体中の感覚が低下しているといえそうだ。また、幸福と愛情の状態が似ている点や、恐怖と嫌悪に類似性が見られる点なども面白い。

・体は全部知っている
また、研究者によると、ほとんどの感情は、体に何らかの影響を与えるらしい。つまり、私たちが認識していない感情でも、体は常に感情を把握し、何らかの変化を起こしているというのだ。

・文化の違いは関係なし
また、先述の通り、この実験はフィンランド人と台湾人の間で行われている。当然ながら、それぞれの文化は全く異なる。しかし、実験の結果は、どちらも似たようなものに。感情が体に与える影響に、文化的な差異は見られなかった。

これらの調査結果は、どれも深い。表を見ているだけで、いろいろと考えさせられてしまう。

執筆:和才雄一郎

▼「Happiness」と「Love」がすごい

イメージ 1





















この記事を見つけたのは、「幸福感情」「緊急感情」を
検索したことから。

読んで、他の方の説明を見たかったから。

それにしても、愛と幸福、とくに幸福感を持つと
体全体の感覚が高ぶるって、すごくよくわかります。
そして、その幸福感で感覚が高まった振動が
周りにも影響を与えるのでしょう。

ポジティブな感情とネガティブな感情で、感覚が高ぶる
という状態は同じでも、どのように・・・という部分が
きっと違うので、分泌される物質も振動も違うだろうと
思いますが、今回の図ではそこまで分けていないので
続きの研究が楽しみです。

今日のその他の検索結果は、
『8月2日(日)のつぶやき』をご覧ください。
関連記事があり、すべてを読むと、感情と体の関係が
なんとなく見えてくると思います。

『魂の法則』にも、感情が病気の原因だと書いてあり、
感情と体の相関関係の図によって、視覚的に捉える
ことができるは、すばらしいことです。

イメージ 3













コメントもシェアします。

「幸福感情」と「緊急感情」・・・専門用語としては、知りませんでしたが、感覚としては理解してました。
「緊急感情」が心理的、精神的そして肉体的に悪い影響を与える、と言うのは、私自身が、乳がんと診断される直前の5年ほど、「緊急感情」に囚われていたことを体験しているので、すごく、よくわかります。
体の筋肉が緊張し、ぴりぴり感がいつもつきまとっていました。

今は、親元を離れて冒険の旅に出る前のように、瞬間瞬間を楽しむことをモットーに生きてますので、もう大丈夫です(笑)


乳がんと診断された翌日にアルベルカに
引っ越してきたのですが、その日を境に
私は今までの生き方を変えよう、と決心を
していました。

その後、大腸がんから肺がんを患っていた
夫が亡くなり、「緊急感情」が強まった時期も
ありましたが、去年の夏、素の私を取り戻してから
「幸福感情」に満たされた状態が続いています。

「緊急感情」が無くなったわけではないです。
でも、以前のように囚われなくなっています。

それよりも、今この瞬間を楽しく、精一杯生きよう
私がご機嫌でいれたら、満足していたら、それで
いいんだ、それがいいんだ、という私自身を愛し
大切にすることが腑に落ちたのもあって、意識
そして、考え方、生き方がすっかり変わりました。

刹那的とか流行のポジティブ・シンキングとも違い
「緊急感情」も「幸福感情」すべて受け入れ、生きる
ことに対し覚悟ができたのかもしれません。

イメージ 2













写真は、7月30日の満月前日の月の出と
7月31日の7月2度めの満月の月の出。


<8月3日追記>
ポジティブな感情とネガティブな感情で分泌されるものが違います。
幸福感や愛の感情はαエンドルフィンやドーパミン、セロトニン、
オキシトシンなど脳内麻薬や神経伝達物質と呼ばれるもので、
より増幅し至福感へと昇華され、怒りや嫌悪、悲しみでは
ノルアドレナリン、アドレナリンが分泌され、一時的には
効果がありますが、常態化すると、体調が悪化し、果ては
病気になってしまうのだろうと想像できます。
常態化するかどうかというのは、意識レベルとも関連しています。

*ドーパミンは、報酬系なので諸刃の刃です。
中毒症状を起こしてしまうことがありますので、適量の分泌なら
やる気が出たり、という、プラス効果がありますが、長期的に
大量分泌が続くと、闘争心、名誉欲が強くなりすぎちゃうかも。
要は、何事もバランスなんです。
でも、脳に損傷があると、自分ではそれをコントロールできない
ということも出てくるので、難しいところですが、ストレスを
減らし、食事に気をつけ、適度な運動をし、心の平静を保つように
すると自然に回復する方向へ向かうはずです。
(2017年1月15日追記)

<追記その2>
こんな記事を発見!
私、学生のころから、友達によく
「ひむちゃんは、素面なのに
いつも酔っ払ってるみたいにご機嫌だよね。
脳内麻薬がでてるんじゃない?!」
って言われてました。
あっ、でも仕事は、さっぱりです。。。


<2016年9月6日追記>
最近思うのが感情だけでもなく思考だけでもなく
やっぱり、バランスだということ。。。
となると、やっぱり、過去のこの記事たち。。。







<2016,11,27(10.28)追記>


「パワーかフォースか」p294より抜粋&引用
絶望的で治療不能な疾病からの奇跡的な回復に関する
全てのケースは、意識の大きなシフトによって、
病的なプロセスがもたらすアトラクターパターン
(注:意識レベルが200未満の領域)が支配しなく
なったことが明らかになりました。

上記を裏付けるように、病気から劇的な回復例として
患者自身が「腹を立てていて自分を哀れみ、偏屈で
エゴイストな生き物」から「優しくて親切で、寛大な
愛のある人間」に変わった事で体にも変化が訪れた、
と書かれている。
このような意識の変化が、進行性のある絶望的な病気
からも回復できる鍵となるのである。

←これは、がんだけでなく、ほぼ全ての病気について
有効だと思います。

魂(感情・心)が傷つき、肉体の外側にある見えない体
(エネルギーの層)が傷つき、肉体に症状が出てくるの
ですから、真の回復のためには、魂(感情・心)の傷が
回復させたら、いいんです。。。

言葉では簡単ですけれど、実際には、難しいのが現実。

本当に、すごくシンプルなことなんですけれど、
ストレスを常に感じたり、しがらみが多い複雑な現代社会では、
ちょっと大変です。

魂が求める「自分自身」でありさえすればいいんですけれど。。。
思考が、常識が、社会が私たちを「自分自身」でいることを
邪魔するんです。。。。

臨死体験で、劇的に回復する人の話があります。
誰もが臨死体験をする必要はないのですが、彼らの話の中の
エッセンスをどのように自分の今の生活の中に取り入れ
心のありよう、思考、生き方を「魂」が望む方向へ軌道修正
するか・・・。
できるところから、やっていけばいいと思います。



2018年10月23日(9.15)

「魂」が望むからといって、他者の気持ちを
考慮に入れず、自分のやりたいことに邁進する
のは、「エゴ」じゃないかなーって思ってます。
「愛」に基づく選択からの行動は他者を傷つけ
たり、ないがしろにしたりはしません。
思いやりに満ちたものになるはず。。。
誤解や至らないところがあって、トラブルが起こったり
するかもしれないけれど、そのときは素直にきちんと
修復する努力をしようとするのではないでしょうか。
理想論かもしれませんが、わたしはそうありたいと
ずっとそう思って生きてきています。
 
  

閉じる コメント(28)

顔アイコン

ミトコンドリアとATP
https://t.co/4fWGJFb8qJ
体の痛みやコリは、ミトコンドリアが弱くなって、「ATPが足りないよ」と体が教えています。
血行と代謝を良好に保てば、ミトコンドリアが元気になって免疫力が高まり、病気を遠ざけて活力のある毎日が送れる♪

ミトコンドリアと心と身体の関係
https://t.co/wECpkRpV0K
脳細胞のミトコンドリアは脳内ホルモンと神経伝達物質を…白血球のミトコンドリアは、免疫物質を作ります。
「こり」とは細胞内のミトコンドリアが機能不全になっている状態…

←痛みにミトコンドリアが関連しているなんて・・・。
おぉーって感じ♪

2016/10/5(水) 午前 5:51 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

ストレス(自分自身を生きないこと、自己犠牲なども含む)
→ネガティブな感情が慢性化
→筋肉が収縮し血流が悪くなる
→細胞内のミトコンドリアの酸素供給が減少
→臓器を損傷→病気
→脳の損傷の場合→心の病気
臓器の損傷となるか、脳の損傷となるかは
各自の生活パターン、体質などによるのでしょう。
だから、ミトコンドリアが元気になれば症状の改善は可能。
そのためには、血流をよくして、酸素供給すること。
お日さまにあたること。適度な運動をすること。
ミトコンドリアのエネルギー生産が活性化される食事をすること。

2016/11/24(木) 午前 4:00 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

悲しみが体に与える影響
http://minnakenko.jp/kanashimi-karada-ataeru-eikyou/…
悲しみは、コルチゾールと呼ばれるホルモンにも影響を与えます。コルチゾールは血糖値や血圧の値を正常に保つ重要なホルモン…睡眠の質にも関係します。
免疫力が低下し、病気になりやすくなる…

2016/11/24(木) 午前 4:02 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

精神病を”会話”で診断するなんてもう古い!」
83,000個の脳をスキャンしてわかった、精神病の正体
https://t.co/goY6HfSKpN
「トラウマ」で脳は実際に損傷
話すだけで診察する精神科医はナンセンス
脳のダメージを諦めない
脳のスマートプログラム…脳を改善→症状改善

2016/11/24(木) 午前 4:03 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

脳の傷をふさぎ心の病を治そう
http://nikoari.info/?realestate=%E8%84%B3%E3%81%AE%E5%82%B7%E3%82%92%E3%81%B5%E3%81%95%E3%81%8E%E5%BF%83%E3%81%AE%E7%97%85%E3%82%92%E6%B2%BB%E3%81%9D%E3%81%86
うつ病の患者さんにも統合失調症の穴があり、統合失調症の患者さんにもうつ病の穴がある…統合失調症は必ずうつ病から発病する…アルツハイマー病の傷は混合型精神病と同じく扁桃体にあり、さらに海馬が障害されて…

2016/11/24(木) 午前 4:04 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

原始共産社会にはうつ病はなかった―NHK「病の起源} http://rara840.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/nhk-88dd.htm
「平等」はうつ病の原因となる扁桃体の異常な活動を刺激しない…原始共産社会では「平等」によってうつ病の原因を抑え込んできた…狩猟生活の後、農耕栽培社会…富の偏在…貧富の差や社会階級

2016/11/24(木) 午前 4:05 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

親の愛と仔犬の扁桃体の関係
http://shindenforest.blog.jp/archives/27760427.html…
人も犬もいかに愛情が脳に影響を与えるか。

2016/11/24(木) 午前 4:23 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

うつ病の原因|野性脳の過剰な防衛本能/止められない理性脳
https://t.co/Mc8zOLU0K4
「長期間のストレスの蓄積で、『扁桃体』が過剰に反応し始め、それを鎮める役割を担う『DLPFC』も正常に機能しなくなる。そのため、『扁桃体の暴走』が起きてしまい、コルチゾールを過剰分泌させる。その影響で、『海馬』をはじめ『神経細胞』がダメージを受けるが、『BDNF』も減少しているためダメージの修復が出来ない。すると、『神経細胞』から分泌される『モノアミン』の量も減ってしまうため、『安心感』や『やる気』が阻害され、気分が落ち込んでしまう。」

体の病気の場合も、よく似たメカニズムなのではないかと思います。
また、ミトコンドリア、血流については言及されていませんが、実際はとても深い関係あります。

2016/11/24(木) 午前 5:49 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

体の治癒力が4倍高まる、簡単な方法! http://www.hypnotice.jp/column/1004/
ストレスを飲み込んだり、見ないようにするのでもなく
「吐き出す」
心身の健康に、大きな影響をもたらす

家族や友達に話す
溜まる前に書き出す
写真のような小道を歩きつつひとりでブツブツいってみる

2016/11/24(木) 午前 5:50 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

すべての原点は、自分の心に正直に生きること
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-9e1f.html
私たちは本当に(細胞の)ツブツブで生きていますから、自分の考え方が変わり、しっかり思えば思うほど、そのツブツブの細胞は自分の思うように形が変わっていきます。大切なのは水で、細胞の90%は水で、それぞれの内臓も80%が水です。ですから実は水が多くのことをコントロールしています。水の働きが自動的に病気が治ることを助けています。ですが体内の水がしっかりしていないと、それができなくなって、逆にそうした力を消してしまいます。
水を正常に行動させるものは何だと思いますか?
皆さんの恒常性を正常に働かせているものは何でしょうか?
わかりますか?
答えは続きにありますが、こちらには転載しません。
考えて、答え合わせのために、記事を読んでください。

2016/11/24(木) 午後 5:31 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

「感情と体の相関関係を示した図」を見たら、ネガティブ感情を続けることがどんなに体に悪いかがはっきりと分かってしまいますから、
ポジティブ感情であり続けたくなりますが、無理やりの
ポジティブ・シンキングではないので、気をつけてください。
あくまでも、自然なポジティブ感情です。
無理やりだとネガティブ感情を抑圧することになるため、ストレスになり、ネガティブスパイラルに突入してしまいます。。。

ネガティブ感情のスパイラルが長期にわたると、脳の損傷がどんどんひどくなり、アルツハイマー型認知症になるのではないかと、推測しています。家族のためにと自己犠牲し続けてきた結果と考えると、悲しいですが、途中で自分自身と向き合い、自分自身を愛し労わろうと意識を変えていたら、違う未来がやってきていたかもしれません。
初期なら、意識を変え、生き方を変えることで症状が進まなくなると思いますが(昨日の音楽療法なども一つの手段)、重症になってしまった方について、今、回復の可能性があるのかないのかを、確認中です。。。

2016/11/24(木) 午後 6:23 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

「ガン細胞とテロリストの相似形」から
http://blog.goo.ne.jp/hanamiduki87/e/ed6364c6f7f2f80cdbbabc26397da0b8

「パワーかフォースか」p294より抜粋&引用

絶望的で治療不能な疾病からの奇跡的な回復に関する全てのケースは、意識の大きなシフトによって、病的なプロセスがもたらすアトラクターパターン(注:意識レベルが200未満の領域)が支配しなくなったことが明らかになりました。

上記を裏付けるように、病気から劇的な回復例として、患者自身が「腹を立てていて自分を哀れみ、偏屈でエゴイストな生き物」から「優しくて親切で、寛大な愛のある人間」に変わった事で体にも変化が訪れた、と書かれている。
このような意識の変化が、進行性のある絶望的な病気からも回復できる鍵となるのである。

←これは、がんだけでなうK、ほぼ全ての病気について有効だと思います。

2016/11/27(日) 午後 10:23 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

魂(感情・心)が傷つき、肉体の外側にある見えない体(エネルギーの層)が傷つき、肉体に症状が出てくるのですから、真の回復のためには、魂(感情・心)の傷が回復させたら、いいんです。。。
言葉では簡単ですけれど、実際には、難しいのが現実。
本当に、すごくシンプルなことなんですけれど、ストレスを常に感じたり、しがらみが多い複雑な現代社会では、ちょっと大変です。

魂が求める「自分自身」でありさえすればいいんですけれど。。。
思考が、常識が、社会が私たちを「自分自身」でいることを邪魔するんです。。。。

臨死体験で、劇的に回復する人の話があります。
誰もが臨死体験をする必要はないのですが、彼らの話の中のエッセンスをどのように自分の今の生活の中に取り入れ、心のありよう、思考、生き方を「魂」が望む方向へ軌道修正するか・・・。

できるところから、やっていけばいいと思います。

2016/11/27(日) 午後 10:28 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

うつ病の隠された原因。感情と筋肉
https://t.co/LdCjpcHXRQ
うつの痛み
https://t.co/gZnArsYscu
筋肉の緊張は感情を抑えることとも関係
筋肉が硬く緊張すると、血管を押しつぶしてしまう
血液の流れをよくするには筋肉の緊張を緩める必要

冷え性対策のキーワードは感情開放と筋肉の調整
https://t.co/LieC6EMaeE
冷え性を治すには血液の流れも大切ですが、感情を抑え込むことによって起きた筋肉の緊張を元に戻るように調整するのは非常に重要
それと共に、冷え性を治すには感情を出すことも重要

2016/11/28(月) 午前 6:28 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

先日facebookに投稿したとき、検索結果をコメントとして
書いたけれど、もれがあるかもしれないので・・・。

もれがあるかもしれないのでfacebookのURL
https://www.facebook.com/hiromiamigos/posts/1173109556100147

2016/11/28(月) 午後 9:25 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

脳と筋肉は同時に癒やされていたhttp://blog.goo.ne.jp/harutitan/e/b0c6b3aabbc2e8a2f221c00efbd885f5 …
今、問題になっている「キラーストレス」、絶え間なく脳のストレスにより分泌されて続けているストレスホルモン、コルチゾールが原因。

現代社会の途切れのないストレスが、そのコルチゾールを分解する「間」をなくしたため、脳のストレスと同時に筋肉もコチコチになっています。

別々に癒やすのではなく、どちらも同時に癒せる高い生命エネルギーで、宇宙のリズムと同調させ、癒やすことです。


首のこりも五十肩も、ぎっくり腰も、膝痛も、花粉症も、パニック障害まで、途切れのないストレスによる筋肉の過緊張が原因

2017/1/10(火) 午後 11:55 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

ドーパミン人生の危険性

「トランプ氏に釘を刺す人、利用しようとする人」
http://blog.goo.ne.jp/hanamiduki87/e/87bada3baf254d55571c219da8d4baee

コメント欄に
「快楽物質であるドーパミンを出すための依存症体質になっているのではないかと感じました。
究極のドーパミンの放出が大統領選です。

ーパミンの過剰放出、暴走すると、冷静さを保つセロトニンの分泌が阻害されます。
(=止められない負けの込んだギャンブラーの法則)
また、セロトニンの分泌が少ないほど、意識レベルも低下してしまう傾向があります。

政治は、スポーツやゲームと違います。」

2017/1/15(日) 午後 11:14 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

感情が身体に影響を与える明らかな証し―血中の劇的な変化の例
http://fb.me/6jCgMkREC
EFT-Japan

2017/5/29(月) 午後 11:33 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

https://www.facebook.com/Kuon.tetsugaku/photos/a.230329083718890/540795299338932/?type=3&comment_tracking=%7B%22tn%22%3A%22O%22%7D
「般若心経」でいう“五蘊皆空”の状態です。色、受、想、行、識のこと。色は物質的現象、受は感情、想はシンボル、行は意志、識は知識のことです。これらすべて線形支配の知能/知性/理性によって生み出されたものです。

それらへの執着を一掃する。まさにそれを皆(みんな)、空(から)にする。すなわちリセットすることを指しています。そういった意識に自らを修正できたとき、神仏のご加護の下、恩寵によって私達にの前に、その真実は明らかにされます。

2018/10/23(火) 午前 4:56 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

枝野さんと安倍さん
https://blog.goo.ne.jp/hanamiduki87/e/716c0d300b85381eecbfc1aab238203c

同じ状況でも、枝野さんと安倍さんの反応が違うのは、やはりセロトニンの分泌量が違うので、枝野さんには、なんでもなく乗り越えられることが、安倍さんにはストレスと感じる。そして、その原因を排除するのに子供のように必死になってしまうのだと思います。

高い意識の人が持つ特徴がよく出ている言葉、「情けは人の為ならず」が、政治信条の枝野さん。
枝野さんのように高い意識エネルギーのパワーの方は、明るさとユーモアがあり、人を癒やします。
しかし、暗黒フォースの世界では、「自分の欲」が一番で、分かち合う喜びもないし、笑いも人を嘲笑することのみに特化しており、そこには本当の幸せはありません。「人を呪わば穴二つ」です。

幸福感情がなければ、いずれ自滅の道にゆくのだと思います。同調している人も同じ。一人でも多くの方がこの事に気づいてほしいです。

2018/10/23(火) 午前 4:58 [ ひろみ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事