人生、波瀾万丈

私のこと、語ります・・・。本当にあったことと創作が混ざってます・・・。

全体表示

[ リスト ]

視野の広がり

イメージ 1











上から下を
見ることは
できるけれど

下から上を
見るのは
難しい

山登りと同じ

イメージ 2











経験は
知識よりも
想像よりも
魂に深く
刻まれる

経験には
善悪はない
ただ
現象があるだけ

善悪は
エゴにとって
良いか悪いか
プラスかマイナスかで
判断される

イメージ 4












山の上からの景色と
山の麓からの景色が
違って見えるように

視野が
広いか狭いかで
経験や現象への
判断も
変わってしまう

視野は
経験の積み重ねと
知識の積み重ねと
時の経過で
意識レベルが
高くなるように
どんどん
広がっていく

18/08/2015
7.5

去年の春に書いた記事に
山登りの途中の景色の変化、
視野が広がる様子がわかる
写真を載せています。

言葉で説明するよりも
写真を見るほうが
納得しやすいかも知れません。

その他、関連記事。

話は、変わりますが・・・
(とはいえ、つながってますが・・・)

今日、とても示唆的な動画を見ました。




縄文人は、世界の先住民。。。
そうかもしれません。
黒海周辺でかつて宇宙規模の侵略があり
その地域、そして周辺の縄文時代が終わったと。。。
実は、この話は私の深い心の傷の記憶と
一致しているんです。。。

縄文時代というのは「美しい緑の星」だったんじゃ
ないか、って気がします。
1万年という長い間、戦いの痕跡が見られないという
縄文時代。
日本は、弥生時代に大陸からの渡来人がやって来るまで
ずっと自然と共生し、平和な縄文時代が続いていました。
今、私たちは、もう一度あの頃の豊饒を取り戻そうと
しているのではないかと思うのです。

風呂敷でいろいろなものを自由自在に
包み込むように、清濁併せて飲み込んで・・・。
泥水の中の蓮が美しい花を咲かせるように・・・。


イメージ 3













視野が広がるということは
意識レベルが上がるということ。
認識、思考が俯瞰的になり
個人の一時的な感情や他者の言動や
過酷とも思える状況にも
あまり左右されなくなり
冷静を保つことができるようになります。

だからといって、偉いわけでも
すごいわけでもなく、特別な人だけが
到達できる特別な状態ではなく
全ての人が魂の進化と共に到達できます。
だから、山登りと一緒なのです。

あきらめずに、一歩一歩足を動かし
登り続けていれば、いつかは
山の天辺にたどり着いて
広大な景色を上から見下ろすことが
できるのです。

閉じる コメント(8)

顔アイコン

もし父が鏡をひっくり返してなかったら、死んだ娘のこの秘密が分からなかった
http://t.co/lSaYoKI7kc
病気になってもアセナは人生の美しさを見る力を失いませんでした。彼女の建設的なマニフェストはティーンの最期の考えとして鏡の裏に書かれています。こうすることによって彼女は自分を鏡で見たときに自分の言葉を思い出し、彼女を変えたガンと立ち向かえたのです。この考え方と意志の強さは私たちみんなにとってインスピレーションとなります。

トイレ掃除の女性を馬鹿にした学生。しかしある男性の一言に彼らは凍りつく
http://t.co/G4EKoNGjPt
世の中に仕事や与えられる責務は数えきれないほど種類がある…その職種、その責務には全てに『事情』があり、『原因』があり、『目的』があるという事を忘れてはいけません。

2015/8/19(水) 午後 2:35 [ ひろみ ]

顔アイコン

かおりさんの、昨日のツィート
「価値観って。自分の神様と神人一体になることって。自ら輝く太陽のような、自ら潤う美しい星のような、そういう溢れる歓びのようなもの。誰に押し付けることもなく、誰に分かってもらいたいと思うこともなく、自ら咲く歓びに溢れて初めて、魂は、ほんとうのものになる。」
https://twitter.com/kaori_garden/status/633506817922875392

まさに、自らの花を咲かせ、喜びと愛の状態であれば、いい。
難しいことを考える必要もない。
今までの習慣で、ついつい、思考してしまうけれど、まだ、今の世界では、思考を手放すのは、ちょっと難しいので、いつかは、それも全て手放し、ただ、感じるままに生きたい。

今は、山に登っている途中だから・・・。
天辺に着いたと思っても、また次の高みが目の前に顕れ、また登る・・・そんな感じ。
一歩一歩登るごとに、視野が広がり、意識が広がり、普遍化し、愛がどんどん純粋になっていく。。。

2015/8/19(水) 午後 9:48 [ ひろみ ]

顔アイコン

生まれたばかりの透明色だったあなたは、たくさんの色と出会います。
光の三原色のように、すべての光が混ざると、なんと白になってしまうのです。

心が白い人は、何にも知らない純真な人のことではありません。

すべてを包括して、
すべてを受け入れることができる人のことをいうのです。
白のように、すべてを受け入れている状態です。

白は、すべての色の集合体です。
光の究極の姿がそうであるように、人の究極の姿も、そうなのです。

白の光のように、あなたも人生において
たくさんの人と出会って、たくさんの色を取り入れることが大切です。

http://mintmk.blog.fc2.com/blog-entry-388.html

2015/8/19(水) 午後 11:06 [ ひろみ ]

顔アイコン

一つのアイディアでは解決できないことが、二つ、三つ、四つといろいろ
組み合わせたら、解決することができるかもしれません。

3月11日以降、私達の世界は一変してしまいました。
でも、私は相乗効果の奇跡が起こると思っているんです。

私達一人一人が、こうありたい、こうしたい、という未来を思い描き、
それに向かって進もうとするとき、きっと奇跡が起こります。
そう信じています。

全体としての進む方向が「平和とか幸せ」なのであれば、個々の
細かい部分は自由です。
「みんな違って、みんないい」
これぞ、まさに、去年から何度も何度もしつこいくらいに繰り返して
お伝えしている、【アメーバ効果】なんだと思っています。

http://blog.goo.ne.jp/tres-cerdidos/e/fb4efd1f539d820bf1b24e10b34f4cfa

2015/8/19(水) 午後 11:06 [ ひろみ ]

顔アイコン

視野が広がると、見たくないことまで見えてしまったり、気づいてしまったり・・・と不便なこともありますけれど、小さなことには囚われずに、俯瞰して臨機応変に柔軟な対応をするようにしたらいいと思います。
ネット情報も同じ。玉石混合のたくさんの情報に翻弄されずに、自分の感覚を信じて取捨選択をしていると、必要な情報だけが目につくようになります。
たくさんの経験を経て、そういう領域に到達することができるのだと思います。

上のコメントでリンクした二つの記事に書かれていた「光が重なると白く(透明に)なる」と関連しますし、この経験の積み重ねによって白くなることが、魂の進化なんだと思っています。

2015/8/20(木) 午前 0:05 [ ひろみ ]

顔アイコン

2年前の一昨日に書いた記事
「向こう側へ・・・」
http://blogs.yahoo.co.jp/shihihaida/10244288.html

沖縄聖地廻りの昨日の記事
「ある日の夢☆死後の世界に興味ない、天国でも地獄でも気にならない。」
http://seichimawari.okinawa.jp/e7878989.html

一昨日の記事
「ある日の夢☆最もの因縁は色事だった」
http://seichimawari.okinawa.jp/e7864425.html

2015/8/23(日) 午前 1:03 [ ひろみ ]

顔アイコン

深い心の傷の記憶に関して・・・

昨日のかおりさんの連続ツィート
http://twilog.org/kaori_garden/date-150822/asc
http://twilog.org/kaori_garden/date-150823/asc

たしかに。同意と容認は、違いますね!ずっと、混同していた気がします。あるがままを容認したからといって、それは同意しているわけではないと考えられなくて、容認できていないことがあります。この数日現在をすべて容認するため過去を容認しようとしていましたが…
過去の自分を許せない私がいて、ジレンマを感じていました。なぜその行動を取ったのか、理解ができないんです。理解できなくても、容認することができれば、事実をあるがままに受け入れしまえば、きっと楽になってすっきりするんだろうな、ってわかっているんですけれど…

水井さんの「ホ・オポノポノ」に関する記事も・・・。
http://blog.mizui15.jp/entry/2015/08/22/131444

グッド・タイミングなシンクロ!

2015/8/24(月) 午前 6:32 [ ひろみ ]

顔アイコン

「私の深い心の傷の記憶」が本当に私が過去世で経験したものなのか、または、誰かの記憶に共感してあたかも私の経験のように感じているだけなのか、そのあたりは、実はよく分かりません。

ただ、子供のころから、何度も何度も繰り返し感じてきた「私が我慢すれば、犠牲になれば、全体が幸せになるのなら、それでいい・・・」という自己犠牲の感情というか感覚があるので、おそらく、私の古い過去世の記憶なのだろうと妄想しています。
「心の傷を癒す・・・」で一年前に書いたように、悲しい苦しい過去を繰り返さない、新しい今、幸せな今を紡いでいきたい、もう、私だけでなく、他の人にも同じような苦しみや悲しみを味わってほしくない、と心のそこから願っています。
それが、本当に実現できて、すっかり当たり前になったとき、きっと私自身も癒され、全体も癒されるのでしょう。。。

2015/8/24(月) 午後 10:12 [ ひろみ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事