人生、波瀾万丈

私のこと、語ります・・・。本当にあったことと創作が混ざってます・・・。

全体表示

[ リスト ]

永遠の螺旋

イメージ 1













過去から
現在そして未来へ
と続く
時の螺旋の中で
何を感じ、
何を考え、
どう行動するか
どう生きるか、
全てが
私たち
一人一人の
選択。。。

自分だけが
自分たちだけが
よければ
いいという
競争と
対立の
世界ではなく、

お互いに
認め合い
愛し合い
尊び合い
分かち合い
切磋琢磨する
世界に
自由と
平等と
権利がある。。。

今日は
明日になれば
昨日となり、
今という
瞬間は、
次の瞬間には
過去の
時となる・・・。

そうやって
どんどん
続いていく
時の螺旋の中に
私たちは
生きている・・・。

21/12/2012
11.9

後半部分を独立させました。

イメージ 2













先日の夏至の2日後に、facebookとtwitterで
書いたのですが・・・。

今年の夏至2016年6月21日は、
4年前の冬至2012年12月21日からの流れの
集大成だったみたいです。

というか、4年前の冬至にスイッチが入った
私たちの中に眠る種が芽吹き地上に現れた?!
のかもしれません。

4年前の冬至に書いた記事

先日の夏至の集団瞑想関連
 
上の4年前の冬至の記事にリンクを入れた記事
 
この記事でシェアされている内容は、2012年夏至数日前の
お話ですので、まさに。。。
丸4年間かかって、隠れていたものが地上で顕になり、
次のステップへ進むための原動力となっていくのでしょう。

実は、私にとっては、2012年からさかのぼること2年、
2010年の夏至の直後の今日、ネット上で知り合った方と
あるトラブルがありました。
そのトラブルがあったからこそ、上の「すくい・・・」を
書くことができたし、今の私につながっている部分もあり
ますので、必然の出来事だったと、今なら納得もできます
けれど、当時は、本当に何が起こったか分からず、混乱の
渦の中にいました。
たまに、その時のことを思い出すような出来事が起こり
その度に心が騒いでいました。


6年前の鳩山元総理の辞任から流れとが合流し
さらに大きな流れへとなっていく予感。。。


7月10日の参議院選挙

投票しましょう!


特に、今回の選挙から選挙権を持つ、18歳からの若い人たち。
どうぞ、自分たちが、望む未来を創造するために、投票しましょう!
明るい未来を一緒に創造できる政治家、政党を選びましょう!
この動画、たくさんの人にシェアしていただければ嬉しいです。
お友達、若い人たち、お子さん達、中年の私達、高齢者の方々・・・
みんなで、一緒に未来を造っていきましょう!
今、やっと、それができる時代になってきたんです♪





何度も書いていますが、私が明るい未来を創造するために
小さな一歩を踏み出して、ブログでメッセージを書き始めた
のが、2009年秋から。
2010年の春に、「アメーバ」「ハート」などの気づきを
経て、「真琴の豊穣の女神」を探したり、乳がんと診断されたり、
山の中の村アルベルカへの引越し、大腸がんからの転移の肺がんを
患っていた夫が亡くなったりと、現実的な経験も含めて、私は
知識と情報を蓄積してきてました。

そして、2年前の夏に、素の私を取り戻してから、今まで蓄積
してきたものが、全て、点と点がつながり、関連し合っている
ことが分かってきました。
「セロトニン」「ミトコンドリア」「腸内細菌叢」などの
肉体的な話も、「意識レベル」に代表される精神的な話も、
「量子力学」代表される科学的な話も、エネルギー関連の話も、
政治的な話、経済的な話も、全てがつながっているのです。

全てを統合し、生きとし生きるものが全て幸せである新しい世界を、
未来に創造する実現段階に近づいてきたようです♪

5月からのお日さまの光のパターンが変わったのが何よりの証拠。

同じところをぐるぐる、うろうろと迷走しているようでいて、
実はちゃんと、前進し向上している。。。
ほんと、永遠に続く進化という名の螺旋みたい。。。

「螺旋」がタイトルに入った記事



イメージ 3













先週一番上が注文した電子キーボードが届いてから、
○十年ぶりに、鍵盤を触って、若い頃、まだエレクトーンを
弾いていた頃の私がよみがえってきた。。。
実家を出て以来、ほとんど鍵盤を触ることがありません
でしたから・・・。

でも、指が全然動かないし、頭の中にある音が再現できない。
一番下は、右手だけのメロディーを練習して、「ロンドン橋」と
「メリーさんの羊」ともう一曲曲名が分からない曲を弾けるように
なりました。
今、「歓喜の歌」のメロディーを練習しています。
一番上が欲しくて買ったのに、何故か、一番上が夢中になって
弾いています。

そして・・・私も・・・。
この数日、ちょっとずつ練習して、そして楽譜をダウンロードして
中学時代に友達が弾いていて耳で覚えた「エリーゼのために」
だいぶ弾けるようになりました。
まだ、完全ではなくて、時々間違えるけれど、楽譜を見ないで
記憶していた途中の部分は、ほぼ、大丈夫。
記憶できていなかった部分を楽譜を見て練習しているのです。
中学時代に弾けなくて悲しんでいた私を癒しているのかも。。。

「エリーゼのために」が完成したら、大学時代に付き合っていた人が
いつも弾いていた曲を練習しようと思っています。
あの時、彼の横でただ聴いていただけの私でしたが、心奥底では
弾きたかったのかもしれない。。。そんな気がするのです。
だから、弾いて、その時の私を癒そうと思っています。

エリーゼは、ドイツ語で、Elisa
スペイン語でIsabel(イサベル)、英語でElizabeth(エリザベス)。
wikiによると、ヘブライ語で「神の助け」という意味のようです。
イサベルのスペイン語wikiでは、エジプトの女神イシスが語源と
いう風にも書いてありました。

イシスといえば・・・イシドロを思い出します。

イシドロが入っている記事


スペインにはイシドロ(Isidro)とイシドーロ(Isidoro)という
よく似た男性の二つの名前があります。
どちらもイシス(Isis)関連の名前ですが、意味がちょっと
違います。

イサベルは、エリザベスのスペイン語名と思い込んでいたので、
イシス関連とは、ちょっとびっくりですけれど、なるほど、と
いう感じもします。

イメージ 4













6年前に書いた記事

5年前に書いた記事

3年前に書いた記事


季節はずれだけれど(笑)
全ての人々に起こりますように
祈りを込めて・・・。



29/6/2016
5.25




∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

わたしの記事を読んで、心に響いた方、
なるほどー参考になったと感じた方、
もしよかったら、わたしに寄付してください♪

こちらのPaypalページで、お好きな
金額を
入力するだけという簡単な操作です。
今、paypal送金では1ユーロは137円くらいです。

paypal口座を予め開設する必要があります。
メールアドレス、銀行口座、住所、連絡先などを
登録するだけで国際送金の手数料がかかりません。

寄付してくださるなら、こちらをクリック♪

どうもありがとうございます♪

閉じる コメント(3)

顔アイコン

フラクタルなスパイラル
https://www.facebook.com/fuhgetsu/posts/1683189798406698?notif_id=1516447539714385¬if_t=close_friend_activity


やっぱ、螺旋だわ。。。スパイラル。。。
https://www.facebook.com/hiromiamigos/posts/1577475422330223?pnref=story

2018/1/20(土) 午後 11:00 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

眠りの森の美女の悪い魔女とされているけれど・・・

ディセンダント(Los Descendientes)
https://blogs.yahoo.co.jp/shihihaida/14574694.html

2018/11/2(金) 午前 1:27 [ ひろみ ] 返信する

顔アイコン

イサベルのスペイン語のリンク入り
イシスだけでなく、バアルとも関連していること、さっき久しぶりに見てビックリ!
やっぱり、ここにくるのかーと、、、

20:24 - 15 sept. 2018

https://twitter.com/hiromiamigo/status/1040924276969365505

2018/11/2(金) 午前 1:39 [ ひろみ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事