人生、波瀾万丈

私のこと、語ります・・・。本当にあったことと創作が混ざってます・・・。

全体表示

[ リスト ]

メンタル・ブロック

前の記事同様、最近他の方のブログの記事に書いた
コメントをシェアします。

しまったのです。」

PTG
ありがとうございます。

PTGという言葉、初めて知りましたが、そうですよね。
トラウマを自分の成長の糧にできたらいいですよね。

そもそも、私が1年前から、ここまでいろんなことを調べる
ようになったのは、担任の先生た「メンタル・ブロック」だと
思うから、学校の心理療法士と話して、と言われたからでした。

それまでも、学業不振で、学校のオリエンテーリング部門の
人たちとは何度も話をしていたのですが、心理療法士もいた
とは知らなかったんです。

まぁ、この1年、子供の「メンタル・ブロック」を通じて、
学校教育システムを相手に、よく奮闘したなーという感じです(笑)
私自身も出社拒否を経験しているので、子供が登校拒否になる
気持ちというか、意思ではどうにもならない力によって、体が
動かなくなることが分かっていたので、学校の先生に対して、
どうしようもないことなのだと、説明し続けていました。

学校の先生や関係者というのは、基本、社会にも疑問を持たず、
まじめに勉強をしてきた努力家タイプの人たちですから、勉強を
したくない、集団で入るだけで疲れるという気持ち自体が理解
できないんですよね。

前提が違うので、会話が成り立たないんです。
そのことを思い知らされた1年だったような気がします。

疲れ切ってしまった彼自身の心と体が回復したら、きっと自分から
学校へ行くようになるだろう、と信じているのですが、学校側の
理解が得られらないのがもどかしです。

先ほど、「メンタル・ブロック」というのは、悪いものだろうか、
という疑問がわき、頭の中を整理してみたら、これは、体と心から
の「そっちの道は間違っているよー、おかしいよー、それ以上行っ
たら病気になるからストップしたほうがいいよー、エゴの道へ
入らないでー」と教えてくれているんじゃないか、って感じました。
体や心からの機器を察知した本能の声に耳を傾けることができる人の
方がおかしい人にされてしまうくらい、現代社会自体が、病んで
しまっているってことなんですね。。。

ひろみ 2017-05-04 04:40:21

イメージ 1















ありがとうございます。
「メンタル・ブロック」というのは、スペイン語で、
言われて、「精神的ブロック」と私は解釈しました。

担任から、言葉の定義の説明を受けたわけではありません
が、今までの彼女の主張からすると、学校側(自分、
クラスメート、その他の教師)には、問題はない、問題は、
我が家の一番下が、何らかの要因による精神的ブロックで、
教室内で話さない、勉強が嫌いで、登校拒否になっている、
ということを主張したいのだと思います。

会話が成立するためのベースとして、相手を理解しようと
する気持ち、思いが必要だと思うのですが、この先生からは、
そういうところを感じることができなくて、自分の価値観を
とにかく押し付けるためにまくし立てる、という感じなんです。

声を荒げるわけではないので、いい先生だと思っていましたが、
何度も話しているうちに、私からの、説明には耳を傾けること
なく、自分の思い込み、価値観、経験的知識にはまらない、
思い通りにならない子は、「だめな子」と決め付けているように
感じるようになり、私も話を聞いていて、1時間にも満たない
時間で苦しく、つらい気持ちになってしまいます。
そういう思いを胸に持って、子供に接していたなら、毎日5時間、
子供も相当苦しかっただろうな・・・と、先日妙に納得して
しまったんです。
たぶん、先生の本心を感じるから、忍耐の限界に来てしまった
のだろうと。

この先生が、「メンタル・ブロック」という言葉を使ったから
こそ、今まで隠れていた場面緘黙やHSPやADHDのことが表に
出たので、よかったのだとは思います。
子供が、先生を信頼しているから、こういうことになったのだと
私は考えていましたが、全く反対で、先生の言動と本心の矛盾を
感じるのと先生からの「だめな子」評価に対して、不信感を持った
んじゃないか、という気がしてきています。
本人は、学校に関することを質問しても、答えないのです。
聞いても、答えないと心に決めているようなのです。

ひろみ 2017-05-04 23:58:06

イメージ 2














ありがとうございます。
そうですよね。

私は、子供を育てるにあたって、自分が嫌だと感じることは、
できるだけやらない、ということを心がけてきました。
子供の頃、親からされたり言われて嫌だったのは、コントロール
されることでした。
特に、頭ごなしに理由もなしに「言うことを聞け!」と言われるのが
嫌いだったんです。
だから、私は、基本的に、叱るときも、ただ怒鳴りつけたり怒るので
はなく、「〜〜をやったら、○○になって、困るから、だめだよ」と
理由も説明するようにしていました。
もちろん、たまに、感情的になって、大きな声で怒ったりすることも
ありましたが・・・。

今日、心理療法士を話をするために、学校へ息子と行ったのですが、
2階に上がって、部屋をノックしようとしたら、担任の先生の声が
中から聞こえて、その瞬間、息子が硬直し、後ずさりしました。

一旦階段の踊り場へ行って、息子に「どうする?」「担任の先生が
いたね」と言って「でも、せっかくここまできたんだから、部屋に
入る?」と聞いたけれど、返事はしません。
しばらく迷っていましたが、自分から、部屋のほうへ近づき、
ノックをしようとしたところで、担任が出てきて、鉢合わせになり
ましたが、担任は教室へ戻ったので、挨拶だけして、心理療法士と
話すために、部屋の中へ入りました。
担任には、心理療法士との話が終わったら、今日は、連れて帰るから
と伝えて、私も一旦家へ戻りました。
話が終わったと、連絡があり、迎えに行ったのですが、ちょうど、
授業が終わる時間帯でクラスメートに鉢合わせになりそうだったの
ですが、彼は、会いたくないという意思表示をしたので、急いで
教室のドアを閉めて、顔を合わせなくてすむようにしました。

昨日、こちらにコメントを書きましたが、まだどうなんだろうな・・・
っていう気持ちもあったのですが、担任の先生の声を聞いただけで、
硬直・後ずさりするのを、目の前で見て、やっぱりそうなのかーと
いう感じでした。

原因がはっきりしたのですが、あと、2ヶ月弱で卒業なので、
「うつ」を理由に、登校は無理強いしないで、心の回復に重点を
おいていこうと思っています。
ひろみ 2017-05-06 05:18:42

イメージ 3













実は、先日、私自身がストレスでキーっとなってしまった後、
神さまに「どうか解決のための糸口を示してください」とお願い
したんです。

そしたら、その後、するするとくもの糸が降りてくるように
いろいろな現象が目の前に繰り広げられています。
私の場合は、ビジョンとかじゃなくて、ネット検索や、いつも
見ているブログの記事からとか、日常生活の知り合いのやり取り
から、疑問に答えるような情報や知識が入ってくるんです。

これぞ、「魂の法則」に書いてあった、「精妙な方法」という
ものなのだろうだなーと、いつもすごいなーと思っています。

「霊的裁きの法則」の中で、こう書かれています
君たちは、現在は肉体を持たないガイド役や霊界の親しい
者たちから、精妙な方法で、常に支援を受けている。
援助を受けるために、どのように霊界とコンタクトをしたら
よいかは、もう充分話したろう。
助けられるためには、助けが欲しいと願う必要があるのだ。



長くなってしまうけれど、金木犀さんのブログの記事に書いた
コメントも。。。


思い(意識)が先 (ひろみ)
2017-04-29 18:33:48
>いくら、きれいな言葉を使い、いくら丁寧に発言しても、
その人の心がそうではない、あるいは本音を隠している、
嘘をついているなら、ちっとも心に響かないでしょう。
(中にはだまされる方もいるかもしれませんが)

まさに!ですね。

シンクロするかのように、今日書いた記事です。

過去記事でも、よく似たこと書いてます。

思い(意識)が先に振動として伝わるんでしょうね。。。

となると、これも関係ありますよね。

イメージ 5













こちらも・・・ (ひろみ)
2017-05-01 02:02:56
>政治家だけは、真っ先に被災地を助ける動きをするのだと、
超党派でこの危機を乗り越えるのだと、当初私は、心から
思っていたのですが。

私も与野党一体となって日本の危機を乗り越えるんだろうと
思っていたら・・・足の引っ張り合いを始めたので、悲しく
なってしまいました。。。

そして2012年の選挙以降、国政選挙、都知事選挙の結果は、
ご存知のとおり。。。
でも、それも、本当の意味で人間の営みが何であるのか、
人間として生きるということはどういうことなのかを私たち人類が
知るために、通るべき過程なのだと思うようになりました。
分かる人には分かるし、分からない人には分からない・・・。
分かる人は自ら行動を始めてきています。
それが救いです。


06/05/2017
4.11

メンタル・ブロック、マインド・ブロック・・・
いろいろな言葉がありますが、みんな自分の都合のよい
ようにそれぞれ、好きなように解釈していますよね。
私もですけれど。。。

まぁ、それぞれの人にとってのリアリティからの判断なので、
どっちが正しいとか間違っているとか議論する必要もなく
淡々とそれぞれの判断に従って生きればいいのだと思います。

二極化が加速しているので、意思の疎通が難しい場面に
出くわすことも多くなってくると思いますが、それでもなお
お互いに理解し合おう、分かり合おう、認め合おうという
姿勢って、とても大切だと信じています。。。

イメージ 4














今朝のfacebookの投稿

四つ葉のクローバー
五つ葉のクローバー
私たちに幸運をもたらしてくれる

去年と同じ場所で、見つけました。
四つ葉のクローバーの大群。。。
いくつあるか分かりますか?
私も数えてないので正確には知りませんが・・・(笑)

表面的には、不穏な雰囲気が漂っていますけれど、
見えない部分では、全て良い方向へと進んでいます。
自分を信じて、命を信じて。。。
地球も宇宙も私たちを信じているように。

去年、書いた記事です。
このときの四つ葉、五つ葉は同じ道の別の場所です。


∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

わたしの記事を読んで、心に響いた方、
なるほどー参考になったと感じた方、
もしよかったら、わたしに寄付してください♪

こちらのPaypalページで、お好きな
金額を
入力するだけという簡単な操作です。
今、paypal送金では1ユーロは137円くらいです。

paypal口座を予め開設する必要があります。
メールアドレス、銀行口座、住所、連絡先などを
登録するだけで国際送金の手数料がかかりません。

寄付してくださるなら、こちらをクリック♪

どうもありがとうございます♪

閉じる コメント(1)

顔アイコン

去年の同じ場所の四つ葉・五つ葉のクローバーたち。
「五つ葉のクローバー」
https://blogs.yahoo.co.jp/shihihaida/14549956.html

2017/5/6(土) 午後 6:44 [ ひろみ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事