人生、波瀾万丈

私のこと、語ります・・・。本当にあったことと創作が混ざってます・・・。

お奨めの読み物

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]

吉田調書

最近話題になっている、「吉田調書」。
福島原子力発電所の事故当時、所長だった
故吉田昌郎氏に対する聞き取り調査をまとめた
文書が、朝日新聞で公開されています。

全文を読むためには、登録(有料・無料)を
しなくてはいけませんが、隠されている事故の
様子について知ることは、現状把握にとって
とても大切なことだと思いますので、
是非お読みください。




第一章 原発は誰が止めるか

第二章 住民は避難できるか

第三章 ヒトが止められるか





「吉田調書」関してのいくつかのブログ記事

ほかにもいろいろな方が、書いていらっしゃるので、
検索して探してください。
視点が違えば見え方が変わる・・・。

国民の命や安全を考えているのは誰か?
まぁ、一人一人が自分や家族の命を考えているでしょうけれど
地域として、国として、選挙で選ばれた代表者達が、何を最優先
するべきかを自覚していれば・・・。
現在の状況にはなっていなかったでしょね。。。

これからも暴露合戦が続くかもしれません。
でも、今さら語られても・・・という気がしないでもないです。
とはいっても、事実・真実がきちんと公開されることは歓迎
すべきことです。
隠蔽体質がまかり通ってしまっては、明るい未来への道は
拓かないですから。。。


私が原発について考え始めたのは、4年前からです。
その前は、恥ずかしながら無関心でした。
を読んで、稼動するだけで、作業員の被爆がある原発を
続けることなんて、おかしい、って感じ、それ以来、
原発に対して反対の立場をとっています。

とはいっても、福島原発事故が起こるまでは、まだ
日本と世界の叡智を結集して、チェルノブイリ事故以降に
いろいろと技術の発展があり、なんとか制御できている
のだろうと、信じていました。

福島原発事故で、そうではないことが、はっきり分かり、
原子力をヒトが制御することは不可能だと明らかになって
しまいました。。。

私達の国だけでなく、地球上すべての国々、そして人類
だけでなく、地球上に生息する動植物に多大な影響を
与えている福島原発事故。。。

事故が起こっていなくても、原発を稼動しているだけで
環境を破壊しているんですよね。。。

それでも、福島原発の事故の当事国である我国日本では、
事故後の選挙で、原発推進の政党が政権が取る結果と
なりました。
その後の参議院選挙でもまた。。。
そして、先日の都知事選挙でも。。。


私が書いた過去記事です。
参考のために・・・

まうみさんの記事も参考に・・・

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

ガヤトリー・マントラ

インドのガヤトリー・マントラについて、
以前から、水井伸輔さんのブログで紹介
されていたのですが、個人的にマントラとか
真言とか祝詞とか、あんまり興味がなくて
スルーしていたんです。

でも、この間から、気になり始め、今日突然、
水井さんがあるサイトに連載していた文章を
読み始め、完読しました。

そして・・・ご紹介のサイトから
ガヤトリー・マントラを聴いてみたら、とても
心地よく、作業中のBGMにしています(笑)

マントラは、まだ覚えられていないのですが、
マントラのリズムというか、イントネーションというか
メロディーというか・・・いつの間にか覚えて、
一緒になってハミングしています♪

PART1からPART39まである長い連載ですが、
すべてのリンクを載せます。
ガヤトリーマントラに関しての理解が深まるので、
最初から順番に、読むことをお勧めします。







































Trinity Webに掲載されている


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ガヤトリー女神・ガヤトリーマントラについて、
こんな風に書いてありました。
悟りの女神ガヤトリー(Gaya=牛の糞、tri=三)は、
創造神ブランマーの力で三つの牛の糞から生まれました。
五つの頭は四つのヴェーダと神を象徴し、
十本の手にはヴィシュヌ神のシンボルを持っています。
リグヴェーダにおける24音節よりなる韻律、
ガヤトリーマントラは、光と悟りを与える最も尊いマントラの一つ

ガーヤトリーは五つの顔をもつ女神であり、これら五つの顔(1〜5)を
もって存在するガーヤトリーは、五つの生命力(プラーナ)でもあります。
女神はすべての生命を守護し育てます。
生命を守護している時、この女神はサーヴィトリーと称されます。
サーヴィトリーは真理に基づく生活を送る人を守り導きます。
人の倫理的知性を高めようとする時、女神はガーヤトリーと称されます。
女神があなたの語る言葉を守護して育てる時、女神はサラスワティーと
称されます。
このように女神は、言葉と生命と倫理的知性を守り、ガーヤトリーとして
サーヴィトリーとしてサラスワティーとして、あらゆる方面から人を守護し
育てます。

これら五つの顔をもつ一つの神こそが、生命力そのものです。
私たちの生命力を保つ植物をはぐくみ、世界を維持しているのは太陽です。
ですから、ガーヤトリーマントラを唱えている時、直接、太陽エネルギーに
『暗黒を追い払い、肉体が浄化され、アストラル体(感情体)が浄化され、
コーザル体(魂の器)が浄化されますように』と祈っているのです。


水井さんの記事に書いてありますが、
ガヤトリー・マントラは、以下のサイトで、
サイババが伝授している正しい唱え方の音源(無料)を
聞くことができます
http://www.sathyasai.or.jp/gayatrimm/gy.html

特に、ガヤトリーマントラ108回がお勧めです♪
BGM代わりに流したら、いいんじゃないかと・・・(笑)

イメージ 1













細胞の中のミトコンドリアが喜んでいるような気が
するのは、私の妄想・・・?!

 ∞ ∞ ∞

2017年5月8日(月)(4,13)〜追記

最近やっていなかったのですが、今日から、ガヤトリーマントラを
PC作業のBGMにして、地球の浄化を加速しようと思っています。

水井さんの「ガヤトリーマントラ」に関する新連載記事の目次。









数えきれないほどの魂が、それを行うことによって世俗の奴隷状態から解放されました。

マハトマ・ガンジー...
病気を治し、魂を向上させます。






















































イメージ 2

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

去年から、年間購読をしている、「世界戦略情報みち」
編集人である、天童竺丸さんが、8月1日号、9月1日号、
9月15日号、10月1日号と4回に渡って連載をなさった
記事です。

全文をネット公開されているので、多くの方々に読んで
いただきたいと思います。


みち387号(平成25年08月01日)


昭和20年8月15日、まだ生まれてもいなかった私には
その時、生きていた人々が何を感じ何を思ったのか
想像することしかできませんが、この4つの記事に
託されている思いを、私たちは受け継いで、私たちの
子孫へとまた伝えていかなければいけないのでは
ないでしょうか。。。

私たちが今、こうやって生きているのは、多くの方々の
犠牲があったからこそ。。。
その思いの上に成り立っているんです。。。

そして、今、時代はまた大きな転換期です。
もしかしたら、昭和20年8月15日よりも、過酷な時を過ごして
いるのかもしれません。

ならば、今一度、あの日に何が起き、今にどうつながって
いるのか、そして、未来にどうつなげていくのか、を私たち
一人一人がしっかりと感じ、考え、意識し、行動に移すことが
大切だと思います。

だから、天童さんが公開してくださった、この4つの記事は
とても大切なことを教えてくれていると感じます。
ぜひ、お読みになってください。。。


「神やぶれたまはず」をお書きになった、長谷川三千子さんは
月刊日本9月号特集 昭和二十年八月十五日正午にも
寄稿されています。



開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

ケッシュ財団については、今年の初めごろから
あちこちのブログで取り上げられていて、放射能の
除去技術を日本政府に提供して回答待ち状態、
という話を聞いています。

マスコミ報道には一切出てきてはいませんが、
ネット上ではかなり話題になっています。

放射能の除去技術だけでなく、他にもあるようで、
それも、宇宙理論に基づいたテクノロジーらしいです。。。

これからは、宇宙の法則に則った、テクノロジーが
中心になっていくんでしょうね。。。
























ついでに、おまけ・・・。
<12月20日、追記>
今日見つけた記事。。。
『ケッシュ財団の闇の商法が発覚』

先日私も、ケッシュ財団が発電機を5000ユーロで販売という
ニュースをどこかで目にしてて、????って思っていたので、
やっぱり、そうなんですかねぇ〜。

情報としておいておきますので、読んだ方はご自分で判断してください。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
 
【原発問題に「無関心」なあなたへ。】
http://d.hatena.ne.jp/kohitujipatapon/20130226/p1

表紙には、32名の著者の名前が並んでいる。

さまざまな分野の第一戦で活躍されながら、原発事故・放射能汚染の危機を真摯にとらえ、脱原発に向けて、精力的に活動し続けている人たちです。...


この本には32名の熱いメッセージが収められているのです。

熱い・・・けれども、言葉は丁寧で解りやすく、語り口は穏やかです。誠実な文章が続きます。

強い信念を持ち、地道に活動し続ける32名に静かに頭をさげる。

しかし、そのうえで、思うことがあります。

これは、静かな本ではありますが、とても強い本でもあるのです。

もともと著者達に賛同する読者にとっては、力強いエールとなるでしょう。

だけど、この本のタイトルは、『原発問題に「無関心」なあなたへ。』です。

本当に「無関心」(どの辺までを無関心というだろうか)の人は…ついてくるだろうか。

関心の無いものが、いきなり一方向に強く引っ張られたとき、反発を感じないだろうか。

いくら穏やかな言葉、とはいえ、32人もに取り囲まれて説得されたら苦しくならないだろうか・・・

さまざまな考えかたがあるなかで、一方向の考え方だけを伝えて…伝わったとしてもそれは本当に伝わったといえるのだろうか。

この本で私が一番感銘を受けたのは、一番最後の鎌仲ひとみさんのメッセージでした。

鎌仲さんは、大学で原発事故について自由に話し合う授業をしたときのことを語られました。

その話し合いのルールとして、「正直に自分の思っていることを話しても誰も批判しない、ただそれを聞くだけ」としました。

そうしたら・・・

わたしのほしいのはこの教室のこの空気だと思った。

原発問題については話せない・・・そういう空気がある。
 
本当は話したい。
 
でも話せない。
 
なぜ?

もしかしたら、「話せない」のではなくて、自分とは違う考え方をする相手の言葉をちゃんと「聞けない」ことが問題なのかもしれない、と初めて考えました。

夢物語だ、と笑われるかもしれない。何も分かってない、と批判されるかもしれない。

だけど、一冊の本のなかに、別の立場の人たちのメッセージも同じだけあったらいいなあ、とわたしは思ったのです。

それこそ、「正直に自分の思っていることを話しても誰も批判しない、ただそれを聞くだけ」ができる本があったらなあ。

そうして、そのうえで・・・

真摯に語られているのはどの言葉なのか。自分の魂に響くのはどの言葉なのか。どれが石ころでどれが宝なのか・・・

読者は自分の目で選びとれたらいいと思ったのです。(伝わるべき言葉は伝わるべき人に必ず伝わると思います)
 
この本には32名の熱いメッセージが収められているのです。

熱い・・・けれども、言葉は丁寧で解りやすく、語り口は穏やかです。誠実な文章が続きます。

強い信念を持ち、地道に活動し続ける32名に静かに頭をさげる。

しかし、そのうえで、思うことがあります。

これは、静かな本ではありますが、とても強い本でもあるのです。

もともと著者達に賛同する読者にとっては、力強いエールとなるでしょう。

だけど、この本のタイトルは、『原発問題に「無関心」なあなたへ。』です。

本当に「無関心」(どの辺までを無関心というだろうか)の人は…ついてくるだろうか。

関心の無いものが、いきなり一方向に強く引っ張られたとき、反発を感じないだろうか。

いくら穏やかな言葉、とはいえ、32人もに取り囲まれて説得されたら苦しくならないだろうか・・・

さまざまな考えかたがあるなかで、一方向の考え方だけを伝えて…伝わったとしてもそれは本当に伝わったといえるのだろうか。

この本で私が一番感銘を受けたのは、一番最後の鎌仲ひとみさんのメッセージでした。

鎌仲さんは、大学で原発事故について自由に話し合う授業をしたときのことを語られました。

その話し合いのルールとして、「正直に自分の思っていることを話しても誰も批判しない、ただそれを聞くだけ」としました。

そうしたら・・・

わたしのほしいのはこの教室のこの空気だと思った。

原発問題については話せない・・・そういう空気がある。本当は話したい。でも話せない。なぜ?
もしかしたら、「話せない」のではなくて、自分とは違う考え方をする相手の言葉をちゃんと「聞けない」ことが問題なのかもしれない、と初めて考えました。

夢物語だ、と笑われるかもしれない。何も分かってない、と批判されるかもしれない。

だけど、一冊の本のなかに、別の立場の人たちのメッセージも同じだけあったらいいなあ、とわたしは思ったのです。

それこそ、「正直に自分の思っていることを話しても誰も批判しない、ただそれを聞くだけ」ができる本があったらなあ。

そうして、そのうえで・・・

真摯に語られているのはどの言葉なのか。自分の魂に響くのはどの言葉なのか。どれが石ころでどれが宝なのか・・・

読者は自分の目で選びとれたらいいと思ったのです。(伝わるべき言葉は伝わるべき人に必ず伝わると思います)

転載元転載元: 幸せの青い鳥

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事