森へおいでよ!

お立ち寄り頂き、ありがとうございます<(__)>

全体表示

[ リスト ]

東雲の空とご来光

2月26日以来、久しぶりの高瀬の森からのご来光です。
今朝の高瀬の森での日の出は6時52分58秒。
12月22日の冬至まで2週間ほどとなり、日が短くなりましたね〜(^^;

イメージ 1

イメージ 2

今朝は母の家のペレットストーブの掃除と着火が割と早くでき、余裕をもって東雲の山や空の色の変化を楽しむことができました(^^♪
「言語由来辞典」によると、
「東雲」とは、東の空が明るくなる頃、夜明け方、あけぼの。
語源は「篠の目」で、古代の住居では、明り取りの役目をしていた荒い網目の部分を「め(目)」といい、篠竹が材料として使われていたため「篠の目」と呼ばれた。
この「篠の目」が「明り取り」そのものを意味するようになり、転じて「夜明けの薄明かり」や「夜明け」も「しののめ」と言うようになった。
とされていて、丁度こんな感じの空のことですね。

イメージ 3

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事