全体表示

[ リスト ]

行政書士の問題3。

 
 
 
 
中央大学真法会編 新司法試験短答式公法系問題集から引用します。

新司法試験、平成20年度第12問を例にしますと、

国民主権の観念における権力性の契機と正当性の契機に関する次の記述について、それぞれ理論的に成立するか、成立し難いか、答えなさい。

主権の正当性の契機において、主権の主体である国民は全国民(国籍保持者の総体)を指す。国民を全国民ととらえると、国民主権の原理は、命令的委任に拘束された国民代表制を要請することになる。
 
理論的に成立し難い。
 
正当性の契機からすると、主権の主体である国民は全国民を指すのであって、有権者を指さない。したがって、正当性の契機からは自由委任の原則が導かれる。
 
したがって、命令委任に拘束された国民代表制を要請するとしている点で、本肢は理論的に成立し難い。
 
 
 
 
 
こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12098
ぜひ、ご覧になってください。
 
こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格
 ▼            した試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12099
ぜひ、ご覧になってください
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事