全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

『アクエリオン・第11話 水底のしあわせ』

第1話で重傷を負ってから、出番が無いままのグレン(笑)を見舞う麗花。
見守っていたら容態が急変してまい、またも自分の不幸属性に巻き込んでしまったと、
ショックを受けるシーンから始まりました。
OPパートから、麗花の不幸属性を見せ付ける展開ですね。


本編開始早々、とある湖の側を走っている子供達の乗ったバスが、
突然膨れ上がった湖の水に飲み込まれます。


その頃ディーヴァでは、基地の庭で麗花達が一休み中ですが、
天候が変わって雨に降られてしまい、シルヴィアは麗花の不幸のせいにしてみたり。
座って占いをしている麗花ですが、出てきたカードは『塔(ザ・タワー)』
『運命の別れ』と解釈した麗花は考え込んでしまいます。

塞ぎ込んだまま雨に濡れて帰る麗花の前には、黒猫が通り過ぎる芸の細かさ。(笑)
すると突如目の前に現れる不動指令。
じっと見つめてから言った言葉は、「湧き出す泉のごとき、澄んだ瞳。」
思わず頬を染めて照れる麗花は、やっぱりディーヴァの中でも一番の純情派!(^^)

それにしても不動指令って、麗花になにか言う時、
何故かいつも「くどきモード」入ってる様に見えるのですが、気のせい?
もしかして麗花がお気に入り?狙ってる?
ってことは、ソフィアさんにライバル現る!?


部屋に戻ったシルヴィアは、お兄様に甘えまくりです。
これは前回の反動が出たと見れば、充分にありえますが、
シリウスにしっかり子ども扱いされてるのに、満足してちゃ駄目でしょう?
この辺は、シリウスがただのお兄様に格落ちしかけてるとも見れるのですが、はたしてはたして。


麗花も自分の部屋に戻りますが、なんと自分のPC?端末が雨漏りでおしゃか。
不幸は留まることを知りません。(笑)
ジュンに修理してもらいますが、試しにスイッチを入れると、
モニターから子供たちの霊の様なものが出てきて、
パニックになったツグミが力を暴走、爆発して、部屋が雨でびしょ濡れになるのでした。

麗花は自分の所為って言いますが、
でもこれは単に子供たちの助けを求める心が、麗花の感応能力に惹かれて現れただけで、
むしろ麗花に求められている、大事な役目の一つだと思うのですが……。
これは誇っていいと思うんですけどね〜〜。


皆に迷惑ばかり掛けているのが嫌になった麗花は、書置きを残して旅に出ます。

ってか、書置きが漢文ですよ。
麗花って日本人の系統じゃなくて、中国系だったの?
いつぞやの夢で能面が出てきてたから、完全に意表を突かれました。
でも体術とか考えると、日本系の影響が大きく思えるのですけど。


麗花が駅で列車を待ってる所へ、アポロが登場。
支給される食事では足りないらしくて、いつも自分で獲物を捕まえて食べてるらしいのですが、
口ぶりではネズミとかも平気で食べてる様です。
しかも生きの良いのが食べたいらしいのですが、もしかしてナマッ!? ナマですかっ!?
なんとも凄まじい、アポロの食生活が垣間見えました。(^^;

ところで、あの……アポロくん?
いくらなんでも女性の胸元に顔を寄せて匂いを嗅ぐのは、どうかと思うのですが?
しかも言うに事欠いて、谷まで匂ってきていたって、貴方……なんてひどいセクハラ!(^^;
デリカシー無さすぎの、アポロくんなのでした。

そして胸元に顔を寄せられて頬を染める麗花は、やっぱり純情派。
すいません、なんか麗花がムチャクチャ可愛いんですけど。
おかげで私の「アクエリオン好きなキャラランキング」で、見事に麗花がランクアップしました。
現在
『 リーナ(ダントツ!)>シルヴィア>不動指令>麗花>アポロ>ソフィア>etc 』
って感じです。
嫌いなキャラ?
そんなの今までなんども言ってきた、彼に決まってるじゃないですか。


麗花は列車で旅立ちますが、列車が走ってる一連のシーンで、
列車の左脇にカメラを置いた、徐々にカーブを曲がっていくカットの3Dアニメーションと、
カメラコントロールが非常に素晴らしいです。
3Dオブジェクトの列車等も、一両ごとの動きのゆらぎがちゃんと出ていますし、
うまく調整を効かして動かしてますが、カメラ調整はそれ以上に曲者ですね。
あのカメラワークのセンスの良い微妙な調整は、果たして誰の手によるもの?
かなり気になります。
最初に見たとき、あのカットだけ20回以上見直したくらいに、お気に入りです。
でも地味な上に短いカットですし、みんな何も思わず、さらっと流しちゃうんでしょうね〜。

ところで列車の一連のシーンでは、挿入歌が流れたのですが、
これはもしかして麗花のテーマですか?
だとすれば、歌ってるのは小林さんなのでしょうか。
EDクレジットに出なかったので詳細が分かりませんが、CDになればぜひ欲しいものですね。

あっ、忘れてました。
列車では麗花の回想がありましたが、どうやらグレンは麗花にLOVEだったようです。
でもグレンの告白モドキのシーンで、しっかりシリウスが割り込んでましたが、
シリウスもその頃から麗花が気になっていたのでしょうか。
麗花って、密かに人気者。


さて麗花が旅に出た後、ディーヴァでは出撃がかかります。
シリウス・シルヴィア・麗花が選ばれますが、麗花の代わりにアポロが出ます。

当然、アポロは麗花がいない事は知っているのですが、
命令が出る前に、麗花の代わりとして乗り込んでいる辺り、
なにか思うところがあったのか、なかったのか……。

リーナの出番は、ここでジェロームに麗花の書置きを渡して、一言しゃべるだけでした。
まあ……出ただけ、まだマシですけど。
もっとリーナに出番をっ!!


麗花の乗った列車は、序盤で登場した例の湖の側で停車してしまいます。
嫌な予感がする麗花は列車を逃がそうとしますが、前方のトンネルが崩れて、
列車は動かせなくなります。
自分の不幸に列車を巻き込まない為に、後方に一人で走っていく麗花。

湖では、アポロ達がやってきて苦戦中。
合体も、変形途中でトラブルに合って未完成に終わり、3機とも湖の中へ落ちてしまいます。
湖の中では、機体が思うように動かせず、ベクターマシンはひたすら沈没するだけ。
ピンチの中、何故か「匂い」で湖の側に麗花がいる事に気づくアポロ。

ベクターマシンごと湖に沈んでるのに、なんで湖の上にいる麗花の匂いが分かるの?(^^;
まあ、前回はシルヴィアの存在を、オーラを感じ取って気づいたアポロですし、
麗花の存在も、オーラを匂いとして感じ取ったと見ればいいのかも知れませんが。


自分の不幸に、また皆を巻き込んでしまったと嘆く麗花ですが、
そんな麗花を、アポロが叱咤します。
開き直った麗花は湖に飛び込んで、ベクターマシンから排除されたシリウスと交代。
合流した麗花によって、湖自体が収穫獣である事がわかり、麗花ヘッドで合体に。
合体成功率17,2%しか無いらしいですが、まったく余裕の合体成功でした。
あまりの余裕ぶりにびっくりするジェロームとソフィア。
それを横目に、合体した姿を見た不動指令が、
「桶の底を、抜けーっ!!」
叫んで、目の前のコンソールを殴ってぶち抜きます。

ってか壊しちゃ、だめじゃんっ!!
とか思ってたら、今週はノンストップで突き進みます。
指令に応える麗花が、

「思い知れっ! 必殺! 不幸のどん底っ!」
『不幸最低拳』
「桶の底をっ! 抜けーーっ!」

大爆笑!!
しかも技の名前が『不幸最低拳』と出た後、ヘロヘロになって消えていく細かなコダワリっぷり。
朝食にパクついていた茹でタマゴを、噴出しそうになりました。
今週は見事な2段落ちを披露してくれた、不動指令&麗花に乾杯!ですね。


序盤で取り込まれた子供たちやシリウスを無事に救出して、
だれも犠牲にせずに助け出せた事に感動する、麗花。

あれ?
もしかして収穫獣を取り逃さずに助け出せたのって、全編通してこれが初めてなんじゃ?


無事に合体出来た事を報告がてら、グレンのお見舞いに行く麗花とシリウス。
ですがそこにグレンの姿は無く、新国連軍のメディカルセンターに移送された後。
占いの結果『運命の別れ』を思い出して、愕然となる麗花。
取り落とすお見舞いの花は、果たして何を意味するのか?

白薔薇の花言葉って、純潔とか尊敬だったはず。
(うわ、やな連想が働く……(^^; )
花の選択には、意味が無いかもしれないですし、考えるだけ無意味かもしれませんけど。



次回『アクエリオン・第12話 琥珀の時』
「無様だな、私がまた予告など。」
「いいえ、お兄様はどんな事をしても、素敵だわ。」
「そうか。」
「次回、創世のアクエリオン。琥珀の時。」
「さあて、来週も合体しちゃうぞ。」
「……え?」

MCは笑いに走ってますが、映像を見ると結構ポイントになるエピソードの様な気もします。
あの羽根は、やはり堕天翅族のものなのでしょう。
堕天翅族の秘密が、少し明かされるのでしょうか?
アポロとシルヴィアの過去生の映像もありますし、シルヴィアは泣いてるしで、
二人の関係にも動きがありそうです。

折り返しを迎える第12話。
色々と期待できそうですね。
来週が待ち遠しいです。(^^)/
 

閉じる コメント(6)

顔アイコン

不幸最低拳に大・爆・笑!鼻血が出そうになりました…不幸を持って敵を制す!不幸も極めれば武器というパラドクス

2005/6/15(水) 午前 8:33 yuj*u_*l*er 返信する

顔アイコン

幸福も不幸もしょせん本人の主観ですしね〜。でも開き直った麗花に期待しようと思ったらあのラストですから、今後の麗花絡みの展開が、かなり心配ですね。

2005/6/15(水) 午後 1:13 式町 返信する

顔アイコン

えっと、ご説明をば。菅野よう子さんや梶浦由記さんが音楽担当している作品の場合、ヴォーカル曲でも「BGM]の範疇として扱われるので、「挿入歌」として別枠でEDテロップに表示されることはまずありません。 というわけで、今回の挿入歌は、6月8日発売のサントラ[VICL-61648 創聖のアクエリオン オリジナルサウンドトラック]に収録されている「鳥になって」です。歌っているのは[COWBOY BEBOP]でエドを演じていた多田葵さん。↑で細かいサントラの感想書いているのでご参考までにー。 削除

2005/6/15(水) 午後 2:21 [ 光機 ] 返信する

顔アイコン

情報ありがとうございます。そういえばビバップとかでもクレジットには出てなかった気がします。多田さんは最近名前を聞かなかったのですが、歌で参加とは、正直驚きました。ブログの感想拝見しましたが、CDが欲しくなったので、近い内に買ってきます。アニメのCD買うのって、多分ネギま!の歌うクラスメートCD以来ですね(基準が意味不明ですね(^^; )

2005/6/15(水) 午後 5:53 式町 返信する

顔アイコン

ども、はじめまして。 TBありがとうございました。今週になってブログはじめたばかりですが、よろしくお願いします。 菅野さんの作詞といえば、エンディングのGabriel Robinsonもそうですね。多才な人ですよね! 削除

2005/6/17(金) 午前 6:00 [ エムジェイ ] 返信する

顔アイコン

はじめまして〜(^^)/菅野さんの曲の量産スピードと、そのクオリティの高さには、いつも驚愕させられます。あれだけ作り続けて、第一線に居続けるって凄いです。(^^)

2005/6/17(金) 午前 11:57 式町 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(26)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事