ここから本文です
shima's house☆This伊豆しまぱぱブログ!
山と自転車と食べ歩き日記を伊豆から発信しています。

書庫神奈川県

記事検索
検索

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2008年10月15日、これがブログなんだという軽い気持ちから
始めて早10年が経ちました。
仕事に遊びに追われて今ではゆるく長いupとなっていますが、
これからもゆる〜く〜長くブログを続けていきたいと思っています。

小田原から湘南を結ぶ西湘バイパスの高架を見上げるこの景色、

イメージ 1
小田原魚港にやって来ました。

イメージ 2
小田原提灯をモチーフにした灯台が目立ちますね。
小田原漁港といったら…

イメージ 3
魚料理じゃありません

イメージ 4
“ひととせの雪”
かき氷のお店です。

イメージ 5
氷にシロップをかけるかき氷じゃない、ナンか楽しそうなかき氷。

イメージ 6
これは迷うな〜

イメージ 7
数量限定のシャインマスカット

イメージ 8
甘い!そして頭にキンキン来ないぞ。

イメージ 9
そしてこちらはトマト
シロップとお塩でいただきます。

イメージ 10
トマトだけにお塩が合います。
さっぱりとしていて珍しい美味しさですね。
他のかき氷も気になります。


オギノパンの次にこちらへ向かいました。
イメージ 1
あいかわ公園の駐車場に車を停めてぶら散歩です。

イメージ 2
公園内を歩いて宮ヶ瀬ダムを目指しましょ。

イメージ 3
新石小屋橋から目の前には大沢の滝。

イメージ 4
見上げるダムは迫力がありますね。
そして手前にはロードトレイン愛ちゃん号。

イメージ 5
さぁ、インクラインに乗って宮ヶ瀬湖を見に行きましょうか。

イメージ 6
うぉ〜〜

イメージ 7
出発進行!

イメージ 8
所要時間は約4分、最大傾斜は35℃と楽しめますね。

イメージ 9
インクラインを下りればそこは宮ヶ瀬湖。

イメージ 10
湖のそばには“水とエネルギー館”もあって無料で見学出来ます。

イメージ 11
宮ヶ瀬と水と自然のお勉強、ためになりました。


久し振りに食べたくなりました。

イメージ 1
市街地じゃなく山道へ向かう場所にあるのがかえって魅力なんでしょうか。

イメージ 2
オギノパン 本社工場直売店

イメージ 3
前に来たのは何年前だったかな〜

イメージ 4
色々パンを買いましたが、ここではやっぱコレでしょ!
“揚げパン”
小学校の給食で食べた懐かしい思い出。

イメージ 5
おーっ、テラスでパンが食べられる!
しかも椅子が学校の教室にあったのですね。

イメージ 6
直売店の横では工場見学も出来ます。

イメージ 7
パンがますます好きになりそうです。


武蔵小杉、お洒落な街ですね。
その武蔵小杉駅から徒歩僅かで行けちゃうお店でランチタイム。

イメージ 1
駅に近いのに静かな通りに面しています。

イメージ 2
Grace a vous(グラス・ア・ブー)

イメージ 3
こじんまりとしていますがすごくお洒落でいい感じ!

イメージ 4
席はカウンターとテーブルで全15席。
開店前に着いて1番乗りでしたが開店後しばらくして満席となりました。

イメージ 5
本日のランチ コトレット・ミラネーゼをお願いしました。

イメージ 6
前菜がこんな感じで登場!インパクトありますね。

イメージ 7
続いてサラダとスープ

イメージ 8
メイン料理のコトレット・ミラネーゼ(チキン)

イメージ 9
こちらがコトレット・ミラネーゼ
上品でボリュームもあってお腹が喜びます♪

イメージ 10
ランチにコーヒーor紅茶も付きますが100円upでカフェラテにしました。
そうそう、僕以外のお客様は全て女性客という女子ランチ人気のお店ですね。

イメージ 11
営業時間はこんな感じ。
早めの時間に行かれることをオススメします。




山歩きの後の腹ごしらえにとこちらにやって来ました。

イメージ 1
メガサイズ推しのMakotoさんリクエストのお店です。

イメージ 2
なまらうまいっしょ
店名と看板の色が同化してどうかしている?

イメージ 3
北海道で食べれなかった豚丼がここで食べられるなんて!

イメージ 5
分かりそうで何を頼んでいいのか分からない…

イメージ 4
Makotoさんがこれにすると決めたから僕も同じで!

イメージ 6
国産バラ豚丼 なまら盛り 豚汁セット

イメージ 7
なまらは北海道ですご〜いという意味。
なまら盛りでなまら美味しい、そしてキャベツもなまらいっぱいだ〜



全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事