あしたに夢を(芦谷英夫ブログ)

ブログを開設しました、折にふれ掲載します、ご覧ください

政治よもやま

すべて表示

浜田市W選シリーズ最終回

■16日浜田市議会議員選挙投開票から一夜明けましたが、選挙結果を振り返ってみます。投票率は68%で4年前に比べ3ポイント下がり、政治への関心が高まっていないこと、18歳まで選挙権が引き下げられ、若い人が投票所に足を運ばなかったのではと考えられます。上位5位以内に4候補が入っているように、新人候補が健闘したことが特徴の2つ目です。 ■地区別にみると、浜田地区は立候補者が5人から6人に増えたものの得票数は736票減らし、石見地区は5人から6人に増え、大量得票した新人候補がいることもあり1780票増やし、長浜地区は4人から3人に立候補者が減って2934票も減らしています。周布地区は2人立候補者数で変わらず714票減らしています。 ■美川地区は立候補者は1人で91票減らし、国府地区は新人候補が1561票確得し、金城地区は3人立候補で変わらずすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

野球場のあり方は!

2017/10/19(木) 午後 9:46

■19日野球場のあり方の検討の参考にする意見聴取会が開催されました。説明によると浜田市には公共施設が575施設あり、うち野球場は4施設で、類似団体や他自治体の状況から3施設にするとしています。が意見として『現在の施設が指定管理により管理され、維持管理が十分でなく、野球場利用者との意見を維持管理や運営に反映すること、 ■野球王国・メッカとして、浜田市の元気 ...すべて表示すべて表示

■このほど大阪の事業家の方を案内して、浜田市役所、市内の水産関係団体、水産加工企業、海洋館アクアスなどを訪問しました。水産技術センターの話では「浜田市では海面養殖は難しく陸上養殖になる。センターでは天然出し汁パックなどの商品開発などを行っている、海外への輸出は釜山やウラジオストクとの定期航路があり、浜田の水産業、水産加工業の可能性があるのではないか。」 ...すべて表示すべて表示

■22日浜田市役所に働く職員の労働組合定期大会が開かれ、挨拶をする機会をいただき、次のような内容で臨みました。『地方自治体は2元代表制で、議員で構成する議会と首長は、それぞれ政見と政策を掲げ別の選挙で選ばれる。職員は首長のブレーンであり議員とは立場が異なり対立することもある。ぎりぎりの選択をし妥協点を見出し、政策を決定し進めることになり、その判断の尺度は市民 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事