あしたに夢を(芦谷英夫ブログ)

ブログを開設しました、折にふれ掲載します、ご覧ください

政治よもやま

すべて表示

自治区見直し!

■浜田市の自治区制度は平成32年度までとなっており、いま見直し作業が行われており、その概要が明らかになりました。自治区制度は平成17年の市町村合併時に導入され、旧市町村ごとに自治区を設け、自治区で使える地域振興基金と別枠予算、地域協議会を設け振興策をまとめそれを実施し、副市長級の権限のある自治区長を配置したものです。 ■見直し案は現行に比べ、新たにまちづくり推進条例を制定し、まちづくり推進の考え方を定め、自治区と自治区長を廃止し、一定程度まちづくり予算を確保し、公民館はまちづくりの拠点として機能の充実強化を図るとしています。 ■が、比べてみると、市民の市政参加の具体的な方策、市民の意見や地域の実情などをどう市政に反映させるか、地域協議会の役割や権限などが明確でなく、地域協議会の機能を強化すること、などの具体化が必要のようすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

風力発電計画に反対多数

2019/1/23(水) 午後 9:40

■22日、美川連合自治会臨時総会が開かれ、27町内中19町内会長が出席し、風力発電計画についての意見集約が行われました。風力発電計画は、出力最大54.000KW、4,500KW級風力発電機12基、区域は内村町、鍋石町、長見町、金城町、弥栄町にまたがり、建設工事は平成34年〜36年5月、営業運転開始を36年9月としています。 ■出席者からは、次のよう ...すべて表示すべて表示

英知を絞りたい!公民館

2019/1/21(月) 午後 11:15

■21日中山間地域振興特別委員会で、公民館連絡協議会との意見交換を行い、9人の公民館長が出席しました。連絡協議会からの説明では、公民館の目的は、地域の生活、文化、教育、福祉などの学びの機会を提供し、あらゆる地域づくり活動を支援するとし、人が集い、学び、人や活動をつなぎ合わせ、地域に生かし輪を広げるとし、あらゆる機能を担うとしています。 ■行政は、自 ...すべて表示すべて表示

■20日新春吟詠発表会に参加しました。これは島根浜鷺吟詠会が主催したもので、会員がそれぞれの吟題で初吟に挑み、発表会には52人が申し込み数人の欠場がありました。詩吟は漢詩に吟符をつけ吟じるもので、この会は関西吟詩文化協会に属し、詩吟には多くの流派があり、流派の数は300とも500とも言われています。 ■自身は、西郷南洲(隆盛)の「偶感」を吟じました ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事