全体表示

[ リスト ]

あの日から4回目の3月11日がやってきました。

翌日にホーム開幕となる第2節の鹿島戦を控えた昼間に当然やって来た揺れ。テレビで流された信じられない映像。

当然Jリーグも延期となり今までの日常は突然吹き飛んでしまった。。。。

信号が止まって混乱した街中を抜け、津波警報のため封鎖直前だった国道一号線を恐る恐る戻ったあの日のことは忘れらない体験でした。

仙台に住む弟が無事だったことに心から感謝するしかない状態、家族や友人を亡くされた方から思えば自分はまだ良かったのだろうな。。。と思います。

イメージ 1

その後の原発事故、頭の中には何度か訪れたJ-VILLAGEの風景が。。。。

J-VILLAGEには確かにサッカーの幸せな風景があったはずなんですよね。。。。

あのときのスタジアムに集まっていた、運営に関わっていた人たちはみんな無事なんだろうか???という気持ちと共に「サッカーを通じた平和な日常」があの場所から消え去っていったことは哀しみ以外の何ものでもない現実でした。

イメージ 2

今後、東京五輪に向って施設を元に戻していくということですが、まだまだ多くの壁はあるはず。

特に未だに悪意のこもった風評被害をばら撒く人たちが多く存在することへの怒りは何と表現すればいいのか。。。。

今日は亡くなった方々への哀悼と、自分ができることをほんのわずかでも継続していきたいという気持ちが交差する1日でした。

笑い、泣き、生きていることに感謝しながら、こういった日々が当たり前ではないことを改めて感じながら、サッカーっていうものの素敵な力を信じていきたいと願ってまとまらない文章の結びとします。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事