全体表示

[ リスト ]

いよいよ、この番組について語るときが来た。。。。。

多分、自分の中で一番「ラジオの面白さ」を伝えてくれた番組であり、いろんな意味で自分のラジオとの関わり方を教わった番組であると思います。

それが「鴻上尚史のオールナイトニッポン」

イメージ 1


2部として1983年(昭和58年)10月15日から1985年(昭和60年)3月30日

1部として1987年(昭和62年)10月17日から1989年(平成元年)4月1日

特に、1部時代には「10回クイズちがうね」「究極の選択」といった流行が生まれ、当時流行っていた「ドラクエⅢ」とのコラボも思い出深いものです。

が、高校2年のある日、「こうかみしょうじって誰???」みたいな感じで金曜の夜3時に聞き始めた2部は恐るべき中毒性のある番組でした。

突然、番組中に放った一言「俺はジェンカが踊りたい。番組が終わったら日比谷公園で踊るけど、お前ら来るなよ」

行けませんけれど…という想いと「この人は何を考えてるんだろう?」という謎感

でも翌週の放送を聴くとリスナーが集まってジェンカを踊った話で盛り上がっており、

「何それ???参加したかったよ・・・」

と思いながら、今まで聴いたどの番組とも違う面白さを感じました。

その後も、東大受験生を募集して「合格したらリスナーと共にジェンカ」企画もあったのですが、肝心の東大受験リスナーが不合格でお通夜みたいな放送になったこともあったなあ。。。

当時、糸井重里氏の「週刊文春」での連載「萬流コピー講座」へ挑戦状を叩き付けた「裏コピーコーナー」
あっさり糸井さんの大人の対応でなかったことにされちゃいましたが・・・

ゲストにデビュー当時の斉藤由貴さんが出たのも覚えていますが、鴻上さんが冨田靖子のファンということでよく出てはいたものの(録音で)

冨田靖子さんは鴻上さんが嫌い

ということで、冨田ファンのおいらは心の底から「ざまあみろ」と思っていました。

鴻上さんのことをもっと知りたくて、修学旅行の駅でインタビューが載った「朝日ジャーナル」を買ったり、清水にはほぼ入ってこないエッセイを本屋を回って買ったり、そのうちに本来の仕事である戯曲を読み・・・
大学2年生のときに鴻上尚史作の「デ・ジャヴ」を演劇部で公演したこともあります。

2部は自分が高校3年生になる春に突然終了。

2年半待って1部が始まったときには本当にうれしかったのですが1988年12月17日の放送の次の日、自分が家で体調を崩してしまい、しばらく無理のできない体になってしまったことで翌年の最終回を聞くことはできなくなってしまいました。

ただ、鴻上さんは常々言っていたのが

「大学生くらいのやつが高校の頃から聞いてましたっていうけど、もっと面白いことあるぞ。深夜放送はいつか卒業するものなんだよ」

事実上、「強制リセット」のような形で、この日を最後に深夜放送をリアルタイムで聴くことはなくなりました。

自分自身、大学4年生になり就職の関係の試験もあり、この時期は本当に一部の番組くらいしか聴かないくらいラジオからも離れていくことになったのは鴻上さんの言ってることが正しかったっていうことかもしれない。

※NHK FMの「JOYFUL POP」とか「ジャズクラブ」くらいしか聴いてなかったと思うくらいこの当時のラジオ事情は抜けております。

その後の鴻上さん、TBSラジオで「博愛ラジオ」という番組をやったり、「オールナイトニッポンGOLD」になってから復活していたこともありました。

「いい夢をみるんだよ」

というエンディングの一言を思い出すたびに、この頃が自分にとって「ラジオ青春時代」だったなあと心から思います。

2部時代のROXY MUSICの「MORE THAN THIS」のOP




















1部時代のECHOESの「 Oneway Radio」のED




















今でもこの曲を聴くたびに懐かしく思い出す最高の時間だったと思います。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事