全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

2017年 GKユニフォーム

随分前の話になってしまいますが、今年久しぶりに、

清水エスパルスがGKユニを発売する

ということになったので、限定販売のものをげっとしました。

こんなことを言うのはなんですが、「オレンジが似合わない」ことに関しては1,2を争うくらいの人間ですので、今年の復刻迷彩ユニは魅力的だったのですが買いませんでした。

イメージ 1

緑のGKユニ、うーんカッコいい^^

我ながらこっちの方がしっくりくるという謎、一応、鳥栖戦でデビューしてまだ1分け1敗で勝ちなしのかわいそうなユニ・・・

イメージ 2

番号が入っていないのは単純に「応援してる選手がいなくなったら使えなくなっちゃう」からですが、普通に1番入れておいてもよかったかな????という気持ちにもなります。

ただ、清水のGKの場合、むしろ黒を発売して欲しかった・・・

まあ売る気になったのだから来年は黒にしてください、お願い・・・

イメージ 3

25周年の記念ロゴはやっぱり買ってよかった。

イメージ 4

諸事情でスタジアムでは着られないGKユニと並べてみる。

昔のGKユニっていろいろゴツゴツしているなあと実感する。というのか今がシンプル過ぎるのかもしれません。

あ、最近ついこんなものを購入してしまいました。

イメージ 5

何に使うかは謎。

開く トラックバック(0)

清水がまた勝てずにがっかりしていますが…

なかなか勢いに乗るって難しいですねえ。。。

アイスタ東京戦は参戦できなかったのですが、その前の日の土曜日、静岡市民文化会館へ久しぶりに行ってきました。

イメージ 1

隣の大ホールに止まっていたトラック。。。。ちょっとこわい感じの人が多いなとは思ってましたが…そんな中をすり抜けて中ホールの方へ。

岡村靖幸 2017 SPRINGツアー ROMANCE

初めての”生岡村ちゃん”ですよ。

出会いは大学生の頃のNHK FM「ジョイフルポップ」

「だいすき」のシングルCD買ったよなあ。

去年発表されたアルバム「幸福」は間違いなく傑作だったし。。。。。

数年前にフジテレビNEXTで放送されたLIVEもカッコよかったからツアーに静岡が入ったときから「絶対に見たい」と思っていました。

だが、チケット申し込みを忘れてしまい、諦めていた中、なんとなく気になってチケットをコンビニで探してみたら

「何、買えるじゃん???」

もちろん、後ろから2列目というめっちゃ後ろでしたが、さほど大きな会場ではないのでそこは問題にはならなかったと。

イメージ 2

パープルのツアータオルとTシャツを買って取りあえず着席。

3時間圧倒されまくりでした!!!

スーツにめがね、ちょっとぽっちゃりなさえないサラリーマン風にも見える51歳の岡村靖幸がステージ上でスーパーマンに変身するみたいな気持ち。

歌、演奏はもちろん、ダンサー2人を従えて踊りまくる岡村ちゃんのエンターテイナーっぷり。

「静岡ベイベエ!!!」と何度も何度も煽りながら見せ付けるパフォーマンス力。

CDでしか聴いてなかった岡村靖幸のLIVEはこんなに楽しいのか???
という気持ちに。うん、今まで知らなくて真面目にもったいなかったと思う。

そうかと思うと「イケナイコトカイ」「カルアミルク」なんていうバラードはヤバイくらい切なく歌ってくれるし、

「どぉなっちゃってんだよ 」「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」「だいすき」なんていうさほど熱心じゃない自分でもわかる曲で煽られて、本当に幸福。

アンコールではキーボードやギターで昭和の歌を弾き語ってくれたのですが、

「卒業写真」「シルエットロマンス」「あんたのバラード」

意外すぎる選曲。特に「あんたのバラード」の力の入れっぷりには驚いちゃいましたよ。どれだけこの人引き出しあるんだとうか???と。

段々終了時間が近づいてくるのを感じ、これでも満足なんだけれど・・・

それでもやっぱり「幸福」の中の大好きな曲を聴きたい・・・

と言う願いが届いたかのような素敵なギターのイントロ。

「愛はおしゃれじゃない」














これを待っていたんです!!!更に最後の最後、やってくれたのは

「ビバナミダ」














一番生で聴きたかった「幸福」から2曲で締め。これでもう完璧に満足しました。

イメージ 3

お腹いっぱいの初・岡村ちゃんLIVE。そりゃあ「また行きたい」ですよ。

後は昔のアルバムからしっかりと聴き直しもしたいですねえ。うん、最高すぎる夜でした。

文章力がなくて伝わらないのは申し訳なし(笑)

開く トラックバック(0)

こんな番組があったな・・・という思い出を語る場所が欲しくなったのでオヤジの懐古趣味ですが共感してくれる人がいたらうれしいな。

※記憶違いもあると思われますし。。。。

第1回目に取り上げるのは

「谷山浩子のオールナイトニッポン」

イメージ 1

何度も書いていますが、自分が「オールナイトニッポン」を聴くきっかけになったのは間違いなく、漫才ブームの後に現れた「ビートたけしのオールナイトニッポン」です。

が、


その内に3時から始まる「2部」というものがあることを知り、結局お目当てだったはずの「ビートたけしのオールナイトニッポン」よりのめりこんだのは木曜日3時の谷山浩子さんのオールナイトニッポンでした。

当時は中島みゆきの「オールナイトニッポン」も聴いていたので、

みゆきさんと仲がいいポプコンシンガー

というイメージだった浩子さん。

覚えているのは
1.「組織票OK」なマンガベスト10のコーナーがあったこと
浩子さんが「少女マンガがお好き」だったこともあって始まったコーナーですが「組織票OK」だったんですよねえ。
マニアックすぎてよくわからなかったですが。

あと、浩子さんがマンガの一場面を読んで、いったいそれが何かを当てるクイズもあったなあ。もちろんまったくわからなかったけど。

2.同じく「組織票OKな音楽のベストスリー」→

これは。。。。変な音源が大量に流れたのが印象的で、
当時はやっていた沢田研二の「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」とあみんの「待つわ」を合わせた「6番目の待つわ」という強烈なのは今でも覚えている。

確か、Hato-Pop-Po.の 「あの人は受験生」という曲はこのコーナーからレコード化されたはずだったと。



※今でも途中までは歌える

あとはこの番組の名物ディレクターの森谷さんを中心とした「オールナイターズ」というバンドもあったなあ。

3.大洋ホエールズのコーナー・・・というか関根監督のコーナー→

「わたしはこれで大洋ホエールズ応援歌、「行くぞ大洋」をすべて歌えるようになりました(笑)

関根潤三のネタが面白かったということをうっすらと覚えているだけで、

ゆくぞ、たいよー ゆくぞ、たいよー♪♪♪

というメロディーが刷り込まれてしまったらしい。

wikiを眺めてみると、こんなコーナーあったかな??と思うようなものも。。。
         ↓

ただはっきり覚えているのは「てんぷら☆さんらいず」のOPで番組が始まり、「おはようございますの帽子屋さん」が流れてくる朝5時くらいにはちょっと太陽が見えてきたのはよく覚えている。

























放送期間は、1982年4月8日〜1986年4月3日放送終了。

この間に中学生だった自分は大学生になりました。

ただ、この期間に3時から5時に起きているというのはなかなかつらく、また金曜2部の「鴻上 尚史のオールナイトニッポン」に乗り換えたことも大きかったかも。。。


2012年に一夜限りの復活はうれしかった中、改めて思ったのは一番深夜放送にのめり込むきっかけを作ってくれたのは谷山浩子さんで間違いないかなあ。。。。。。

開く トラックバック(0)

鳥栖戦以来の久しぶりの日本平。

チームは浦和に引き分けたもののルヴァンで大宮相手に大敗して決していい流れとは言えない。

何よりホームでまだ1試合も勝てていない。

イメージ 1

そんな中のマリノス戦、簡単に勝てる相手じゃあない。

実際、マリノスは守りが固いね。。。。。。

がっちりとゴール前を固めて攻撃は手数はそんなにかけてこない。

イメージ 2

がら空きの清水の左サイドを突かれて簡単に失点。。。。

前線のマルティノスと天野にボールが渡るとバタバタしてしまう清水のDF陣・・・

前半の途中からウーゴ ヴィエイラ投入入れられるとますますバタバタした感じなんだけれど、角田もフレイレも自信なさげに守っている感。松原、鎌田が攻撃に入ったところでボールを奪われるとぽっかり空白ができちゃってる。

イメージ 3

攻め込んでいるように見えてマリノスのがっちり固めた守備は破れない。

うーん、苦しいなと思った中だったからこそ、テセの絶妙なパスから白崎が決めた時はもう「最高」としか言いようがなかった。

イメージ 4

前半、完全に消えていたシラが10番の仕事してくれた!!!

ただ、この直後に簡単に勝ち越されてからの清水は・・・・

マリノスはもうガッチリとテセを抑えておけば安全。清水が焦れば焦るほどマリノスは優位になるわけで、ショートは打てども打てども簡単に跳ね返されちゃう状況。もう清水は自滅しているよなあと。

イメージ 5

アディショナルタイムに簡単に3点目を献上してしまったことで完全に決まり。

試合展開を眺めながら正直思ったのは、

このチームの核っていったい誰なんだろうか???と

イメージ 6

もちろんキャプテンはテセで間違いないんし、テセにボールを出せば秀吾とはしてくれる。チアゴアウベスもそうなんだけれど、そこにパスを出す「ゲームメーカー」「司令塔」がいないまま羅針盤がないままただ前に突き進んでるのが今の清水じゃないだろうか???

精度が低い攻めの繰り返し

前に出過ぎて隙間だらけのザル状態

イメージ 7

これじゃあ勝てなくても当然な気がして仕方がない。

「明けない夜はない」というけれぢ、今は夜のいったい何時頃なんだろうか???

選手の気迫は見える。ファイティングポーズを取り続けているのは十分にわかるんだけれど、正直なところ「希望が見えない」状態で清水はトンネルの中にいるような気がする。。。。

開く トラックバック(0)

NHKラジオの配信サービスのらじる☆らじるが変わる

というツイートが流れてから何がどう変わるのか???と思っていたら

イメージ 1





















































5月25日から聞き逃し配信が1週間限定で始まる模様。

つまりはradikoのタイムフリー機能がNHKでもできる???っていうことなのかな???

みたいな感じ昨日、NHK第一の「DJ日本史」を聴いていたら最後の方で、聞き逃し配信がパソコンから始まるという告知があり、これは期待できそう。

ただ、全部が配信されるのかどうか???

何の番組が配信されるのか??はまだよくわからないんですが、radiko並の機能を期待しております。

NHKのらじる☆らじるの進化に期待しております。

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事