過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

早朝に大阪から戻って少し休んでから今度は再び磐田のゆめりあへ。。。。。。
 
チャレンジリーグの静岡ダービー、静岡産業大学ボニータとの対戦!!!
 
イメージ 1
 
14時キックオフは正直、選手のコンディション的にも見ている方にとっても辛いとは言っても
 
一戦一戦が残留のための必死な闘い
 
イメージ 2
 
開始6分でDF、GKもろとも叩き込まれた感じで失点。。。。
 
2点目も豪快なミドルを叩き込まれてしまい追い込まれた前半戦ではあったものの、松下選手がゴール前で粘りを見せてあと一歩でゴール。。。というところまで迫ることはできた。
 
押し込まれながらも何度でも何度でもトライしていくしかないんだっていう気迫は消えていない。
 
イメージ 3
 
産業大の攻撃が厳しいものの、体を張って必死で守る姿に力強さを感じた。
 
これ以上失点してしまったらゲームが壊れてしまう。
 
後半から松下さん、河住さんに代えて川内さん、肥留川さんを投入。今日は素早い選手交代で勝負をかけてきたもののやっぱり3点差をつけられてしまったのは痛いな…
 
イメージ 4
 
何点差をつけられようが前に向かっていく姿勢は第八の意地だと思っている。ようやく反撃のゴールが生まれた。
 
後半からサイドに回った宮川さんが一度は跳ね返されながらもゴール!!!
 
イメージ 5
 
残された少ない時間の中でも前へ前へと向かうしかない。1点奪ったことで一度は消えかけたかもしれない「もっともっと」という気持ちを取り戻したのは間違いない。
 
それでも最後は産業大にしっかりとゲームをクローズさせられてしまった.。1−3でゲームは終了・・・
 
イメージ 6
 
あと5試合の中でどこまで頑張れるだろうか???
 
悔しい展開のゲームが続くけれど、清水の意地と誇りで絶対に残留を摑みたい。選手たちが常に全力で闘っている中、自分も全力でサポートしていきたい・・・
 
「鬼門、長居」での闘いを前にしたとき、「今回こそいける」という気持ちは大きかったと思う。
 
ラドンチッチの爆発で勝利した湘南戦で得た勢い+元紀の復帰
 
林の期限付き移籍はあったものの、プラス材料は多い。メンバーやシステムも去年の元紀がいた形に近づけているように思う。まずは背番号50の躍動を願っていたはず。
 
期待は自然に膨らんでいく。
 
イメージ 1
 
背番号50の姿が…大前元紀が帰ってきた!!!
 
代表効果が大きく、チケット完売の中でのスタジアムの熱気が自然に高まってくる。普段はスロースターターの清水もこの日はキックオフと共にスパートをかけていた。
 
イメージ 2
 
久しぶりに見る元紀のボールさばき、セットプレーの精度は一気に上がってきたような感じ。。。。。
 
セレッソとの意地の張り合いが続く中、痛いところでゲームが動いてしまった。
 
イメージ 3
 
ペナルティエリアでキャラが与えてしまったPKを決められて先制される。。。。
 
ここでいつものデリケートでナーバスなエスパルスが戻ってしまったようだ。勢いに火がついたセレッソの攻撃を跳ね返すことに精一杯の展開・・・
 
FKを最後エジノに決められて2失点目。。。。
 
イメージ 4
 
ようやくCKから平岡が叩き込んで追いついたものの、この直後に負傷でラドンチッチを失うことになってしまった・・・・
 
村田がサイドから切り裂き、俊も積極的にボールを運ぶものの最後はセレッソのブロックに跳ね返されてしまう。逆に櫛引は反応していたものの柿谷に押し込まれた3失点目でほぼゲームは終わった・・・・
 
イメージ 5
 
枝村の4点目は精神的にとどめをさされた気がした・・・
 
 
イメージ 6
 
また鬼門で力を発揮できないまま不様な負け方をしてしまったなあ・・・と思っている中、ゴール裏の怒号が激しくなってくる。
 
選手や監督、チームを責める声に、選手にぶちまけられる水。はっきりと怒りの表情を見せる選手とその間に入る選手、ゴール裏と選手の間に微妙な亀裂ができてしまったように見えたことが哀しかった。
 
勝つか、追いつくかすることができれば後半に向けての勢いを本物にすることができるはずだったゲーム、結果が出せなかったことで次の浦和戦は余計に追い詰められた中での挑戦になる。
 
そしてラドンチッチの負傷は????
 
このゲームで失ったものは、絆、自信、主力選手、挙げていけばきりがない。それでも来週に控えた浦和との大一番に向けて少しでも大切なものを取り戻しながら進んでいきたいのだけれど・・・・

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事