過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

3ゴールで鹿島を粉砕した開幕戦、粘り強い守備で闘いぬいてドローに持ち込んだ新潟戦のあと、清水は今トンネルに入ってしまったような状態。
 
特に山形で白崎が挙げたゴール以外得点から遠ざかっている。
 
まずは集中したDFっていうことは大前提。守り、耐えることで攻撃のチャンスをつかむこと。1点取られてバタバタしてしまった松本山雅戦からどう守りと攻撃のバランスを取るかが清水の大命題。
 
イメージ 1
 
ただマリノスがそんな簡単な相手じゃないことも間違いない
 
耐える時間が長くなることは確かな中、相手の攻撃をいかに跳ね返して自分たちの時間を作るのか???そうでなければ簡単に試合は崩壊してしまう。
 
弦太がCBで平岡と組み、左サイドには新加入の福村を早くも入れてきた。
 
イメージ 2
 
福村のサイド突破は早くも大きな武器
 
予想通り、耐える時間が長くなりながらもアデミウソン、齋藤学の攻撃を必死に抑えながらの立ち上がり。ウタカとデュークも次第に連携が合い始めてきたんじゃないだろうか???
 
イメージ 3
 
右サイドから犬飼、左サイドから福村の攻め上がりをストロングポイントにしようとしているのはわかる。マリノス相手にミスはあっても必死にフォローしあいながらー0で折り返し。悪くない出だし・・・
 
後半、清水の時間が増え始めてきた。
 
ただマリノスのDF陣の堅さも健在。福村、デューク、ウタカ、シュートを放ちながらも決めきれずゴールを決められない時間帯が続く中、清水の守備のミスが失点に繋がってしまった・・・
 
セットプレーから平岡、痛恨のオウンゴール
 
イメージ 4
 
 
ここで清水の集中力がぷつりと切れてしまったような状態に入ってしまった。
 
駿、六平を続けて投入しながらもマリノスにペースを渡してしまうとのらりくらりと跳ね返されてしまう。高く分厚い壁の試合巧者っぷり、ファビオに追加点を決められてしまったことでマリノスの余裕、清水の焦りがはっきりと見えてしまった。
 
最後の交代のカード、村田を切った後に健平が一発レッドで退場・・・完全に試合は壊れた。
 
イメージ 5
 
10人での闘い、更にGKに弦太を急増で送り込むっていう最悪の展開の中、マリノスが無理しなかったっていうこともあるんだろうけれど、弦太が守り切ってくれたことだけが救いだったのかもしれない…
 
イメージ 6
 
去年までは確実にチームの流れを変える切り札だった村田も機能不全。。。。。
 
ちぐはぐな攻撃と自滅してしまった守備、清水のサッカーは正直なところ今年のJ1のレベルでは完全に通用していない。哀しいけれどそれが現実。
 
イメージ 7
 
選手たちの想いも様々な中、今はまだ試練の途中と受け止めるしかない。
 
このままずるずると泥沼に嵌っていくのか????それとも改めてもう一度這い上がるのか????
 
三ツ沢で突きつけられた現実は厳しい中、4月に反撃の狼煙をあげることを信じ続けるしかない・・・ 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事