過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ビートたけし、中島みゆきという2大巨匠のオールナイトニッポンの洗礼を受けてしまった自分は、他の曜日も聴いてみたくなる訳です。

火曜日には所ジョージがいて、水曜日にはタモリがいて、金曜日には吉田拓郎、そして土曜日には笑福亭鶴光がいて・・・

テレビでは知っている大物がラジオではなんだか面白いことをやっている。

タモリのオールナイトニッポンで手えびニュースを継ぎ足して変なニュースにしちゃったり、久米明の物まねで朴訥な朗読をしたり、まだ「笑っていいとも」が始まる前の話。

そして「鶴光の土曜日」の下ネタの洗礼

後で聴いた話ですが、中学の同級生が葉書を必死に出していたことをある日自慢げに話していて感動したのを覚えております。

他にも、欽ドンでおなじみだった山口良一さんのプロレス話が楽しみだった山口良一のオールナイトニッポン

景山民夫とのコンビが怪しくて、後にヤンパラで天下をとる三宅裕二も出ていた「高橋幸弘のオールナイトニッポン」

「この人はコメディアンじゃないのか???」と真面目に思った「坂崎幸之助のオールナイトニッポン」

いやあ、面白い大人いっぱいいたんだな・・・

で、自分はある日気がつきます。3時にラジオを消して寝ようとする後にも何か番組がやっている。

「オールナイトニッポン2部の存在」に気がついてしまいました。

※ちなみに地元SBSでは「歌うヘッドライト」当時から自分はニッポン放送で聴いていたのです。

ここでは初めて聴く名前が多かったなあ・・・

永井龍雲、阿呆鳥、伊丹哲也・・・その中で一つだけ異色の番組がありました。

ただ、洋楽がずっと流れている不思議な番組。「オールナイトニッポン」=「トーク番組」という先入観があっただけに、その番組の存在感はよく覚えています。

そう、伝説のDJ、糸居五郎さんです。

イメージ 1

そのことがわかったのはもう亡くなってから随分経ってからの話。

糸居五郎さんのドキュメント番組で改めてその人柄を知ったのは、亡くなられて15年近くたったときのこと。

さて、ここまで来て思ったのがこの話の続きは、前に谷山浩子さんオールナイトニッポンのことを書いたときに直結します。 

順番間違えたっぽい感がありますが、よかったらこちらも見ていただけると喜びます。
                ↓

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事