トレーディングカード喜怒哀楽

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全73ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

いろいろあったので、トレーディングカードがすっかりご無沙汰になっておりました。

ダービーの日に3年ぶりに購入してみた清水エスパルスのトレーディングカード。

気になったので久しぶりにボックス購入してみました。

イメージ 1

3年前にBBMからのチームエディションがなくなってしまったことは少くなからずショックで、

ペラペラのカードのつくりのチープ感はやっぱり寂しいものがあります。

それでもこのスタイルのいいところは、

・1ボックスでレギュラーカードは揃う

・インサートはレギュラーのパラレル(キラ)のみなので、パラレルにこだわらなければBBMのインサートみたいなストレスはない。

・選手の顔と名前ははっきりする

イメージ 2

1ボックスでレギュラーはしっかり揃いました♪♪♪

イメージ 3

まあ、これでいいんだろうなとは思います。

難易度を上げるよりも地元でしっかりと売ることを考えたスタイルなんだろうし。

BBMが絡むといろいろと大変なんだろうな・・・と思うけれど、イベントカードの刻印とかないとプライベートサインとの区別がつかないこととかは問題ではあるかもしれない。


イメージ 4


1ボックスに1枚のサインキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

フレイレさんでした。

サインカードは12種類とのこと。クリスランと北川選手と立田選手のサインは欲しいかもしれない。

追加購入はわかりませんが、取りあえず久しぶりの購入はすごく楽しかった!!!

開く トラックバック(0)

DAZN効果でオリックスの応援にすっかり目覚めてしまった中、最近とんとご無沙汰な

「トレーディングカード開けてみようかな???」

という気持ちになってしまい、取り寄せてみました。

オリックス・バファローズROOKIES&STARS

イメージ 1

さて、開けてみた所ちょっとつくりが薄くて残念。さらにカードの構図がなんかほとんどいっしょ・・・

イメージ 2

イメージ 3

これなんか同じカードかと思うくらい同じ・・・

もう少し構図や写真に凝って欲しいなあというのが正直な話。

イメージ 4

背番号20、近藤大亮選手のサインげっと!!!

という非常に微妙なところですが、オリックスの選手には普通にサインはもらえませんからねえ。。。。

間もなくBBMのオリックスカードが出るだけに、そっちはいっぱい開けてみようかな????

開く トラックバック(0)

先日、某トレカショップでWWEの超高級版シリーズである、

2016 TOPPS WWE UNDISPUTED WRESTLING

を1ボックスげっとしてきました。

イメージ 1

 ↓
詳細は上のURL通りなんですが1パックに1枚何か入っているという夢のようなつくりであるだけにボックスを開けてみただけで何かドキドキしてきます。

イメージ 2

1パック目からドキドキしつつ開封開始です。

どれを取っても何かが出てくるというのはどのテー振りにも自分の好物がのっているようなものかもしれません。

で、早速来たのがこれ!!

イメージ 3

NXTの人気者、ベイリーのサイン!!!

子供たちにも圧倒的人気の正統派ディーバのベイリー。ASUKAに敗れてベルトを失ったものの、ここのところのNXTでは復帰をアピールしつつありますね。

なかなか好調な中、2パック目は更に大物キタ!!!

イメージ 4

AJスタイルズのサインは50枚限定

先日の日本公演でも大人気だったAJスタイルズ、ジョン・シナとの抗争はどうなっていくのか???注目しております。

イメージ 5

そんなこと言ってたらもう1枚AJ登場・・・こっちは99枚限定なんですが。。。。。微妙っす。

イメージ 6イメージ 7





















ダッドリーボーイズが見事2人揃ったのはうれしい

どちらかが欠けていてもなんか変な感じ。こういう「2人で1つ」なチームに関してはこういうラッキーな引きもあるんだなと。

イメージ 8

サインは先日の来日メンバーだったバロン・コービンも出てきました。

ここからはサイン+コスチュームカードなかなかいいの来ましたよ。

イメージ 9

ジェイ・ウーソのサイン&コスチュームカード

カラフルなコスチュームのウーソズだけにオレンジ部分はなかなかいい感じかな????と。

イメージ 10

ルチャ・ドラゴンズのカリストもカッコいい!!!

残念なことに先日のドラフトでルチャ・ドラゴンズは解散になってしまいました。

単独でもUS王者になった実力者のカリストには期待をしています。個人的には大好きな選手ですのでラッキー!!!

コスチュームカードのみのものも出てきました。

イメージ 11

筋肉獣、ライバック

カリストとのUA王者で連敗してからすっかり出てこなくなってしまいましたが・・・腹ペコマッスルはこのままフェイドアウトしてしまったらそれはかなり寂しい話だなあと。。。。。。

さて、レアカードは「少なければ少ないほど値打ちがある」ことは言うまでもありません。その中でも1of1となると世界に1枚しかないカード。

それが出ました・・・がすごく微妙です・・・(汗)

イメージ 12

エンツオ・アモーレ印刷プレートカード

カードを印刷する際に使う印刷プレートを1of1カードに、しかも個人的に大好きなエンツオ・アモーレ選手だけにガッツポーズですがやっぱり微妙な感じ。

しかし1ボックスでこれだけ楽しめる分けですが、レアカードだけが素晴らしいんじゃなくって通常のレギュラーカードも充実しています。

イメージ 13
イメージ 14























レギュラーカードのジョン・シナとブリティッシュブルドッグ

厚めのカードが高級感を出してくれているしカッコいいんですよね。。。。

イメージ 15

DIVAではお気に入りのベッキー・リンチをUPしてみました。

ただこのボックス自体の数が少ないのでレギュラーカードを集めきることができないのはかなり残念です。

今回、一番お気に入りだったのはずばり普通のレギュラーカードですが、

イメージ 16

ザ・ファンクス!!!カッコいい!!                 

開く トラックバック(0)

2016 TOPPS WWE

今ひとつ調子がよくなかった5月からの日々のはまりものだったのがこれ↓

2016 TOPPS WWE公式トレーディングカード
イメージ 2

WWEのスーパースターのトレーディングカードですが、さすがはTOPPS、カードの質も何か違う高級感が漂っております。

イメージ 1

KENTA改めイタミヒデオに今やNXT女子王者のASUKA選手のカード

中邑真輔カードは多分、次に発売される分になるんでしょうか????日本人選手がこうしてカードになるのはやっぱりうれしいもの。

こうしてカードを眺めていると、レジェンドカードの方がうれしくなってしまうのは年代のせい。

イメージ 3

アンドレ・ザ・ジャイアント、”ミリオンダラーマン”テッド・デビアス

イメージ 4

リック・フレアー、デイビーボーイ・スミス

イメージ 5

殿堂入りの”マッチョドラゴン”藤浪辰巳も登場!!!

レギュラーカードを見ているだけでも楽しいのですが、ボックスに2枚当たりがあるらしいこのシリーズ。


1ボックス目は”スーパースター”ビリー・グラハムとJJディロンのサイン

イメージ 6
イメージ 7























※もっともこれで運を使い果たしてしまったらしいのですが、

イメージ 8


現・WWE女子王者、シャーロットのサインにめぐり合えるとは・・・

リック・フレアーの娘、ダーティーな方法での王者防衛が続いてはおりますが・・・

サインは本当にもうこれでストップ。オークションでまさかのルーク・ハーパーのサインが手に入りましたけど(笑)

イメージ 9


2ボックス目はシャーロットのサインとブレイ・ワイアットのTシャツカードが。

イメージ 10

最近、ワイアット一家の出番がなくてやや不満です、わたし。。。。

3ボックス目にはさすがにもうツキはなかったのですが

イメージ 11


大好きなPAIGEのコスチュームカードが引けた

「これがサインだったらな…」という嘆きはどのジャンルもいっしょですわ・・・

イメージ 12

ラストは麗しの自撮り王子、タイラー・ブリーズ

去年、獣神サンダーライガーの対戦相手として脚光を浴びるか???と思ったら最近はお笑い路線ですねえ。。。

さてこのシリーズですが、取り扱ってるところも少なく、集めている人もまたどれだけいるのか???が疑問です。インサートとか全然そろわないのでトレードしてくれる方とかいませんかねえ????

開く トラックバック(0)

オークションやショップで手に入れたものをいくつか紹介してみます。

ティト・サンタナ

イメージ 1



個人的にはリック・マーテルとのタッグチーム、ストライク・フォース(Strike Force)のイメージが強かった気がします。

来日した時の印象が薄い・・・

ロバート・ギブソン
イメージ 2



やっぱりリッキー・モートンとのロックンロール・エクスプレス(The Rock 'n' Roll Express)「世界のプロレス」では「未知の強豪」としてインパクトがありました。

もっとも来日したら大したことはなかったという現実も・・・

シッド・ビシャス

イメージ 3



考えてみたら1989年2月、ビシャス・ウォリアーのリングネームで新日本プロレスで藤波辰巳のIWGPヘビー級王座に挑戦してるんですよねえ。。。。簡単にやられちゃった印象・・・

ダニー・スパイビーとの巨人タッグ、スカイ・スクレイパーズとかWWFのシッド・ジャスティスはかろうじて覚えている程度ですいません。。。。

パット・タナカ

イメージ 4


デューク・ケオムカの三男で1983年末に留学生として新日本プロレスに入門というのは初めて知りました・

ミスター・フジをマネージャーにサトーこと佐藤昭雄とオリエント・エクスプレス(The Orient Express)を結成していたのはビデオで見た記憶があるかな????

SAMU(サムラ・アノアイ)

イメージ 5


SAMUというとわからなかったのですが、新日本プロレスに来日したワイルド・サモアンのリングネームで知っていた選手。。

元WWF世界ヘビー級王者のヨコズナことロドニー・アノアイ、リキシのリングネームで活躍したソロファ・ファトゥ、ソロファの弟のウマガことエディ・ファトゥらは、彼の従弟にあたる今のロマン・レインズやウーソーズにもつながる一大ファミリーですねえ。

またレスリングカードギャラリーやるつもりです。

開く トラックバック(0)

全73ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事