日常

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
最近、一気に涼しくなり過ぎて逆に寒いくらい。気が付いたらもう9月も後半なんですね。。。。。

先週の土曜日に強引に参戦したエコパで負けたことは少なからずショック・・・

イメージ 1

次の日はいつもならJ-STEPで第八のホームゲーム・・・となるのですが、ただ今13連続勤務中のため、残念ながら参戦できず・・・

そして明日も神戸に行くこともユースへの参戦もできないまま・・・

ちなみに明日も仕事後に職場の会があるため生放送を見ることもできない状態になっちゃうのでますますテンションだだ下がり。疲労もたまっていくばかりで全然ダメ(汗)

やっぱり疲労がたまっているとダメですね、今日も仕事ではミス連発。。。。。。。

もっとしっかりしないとと思いながらもため息連発で病んでいる状況です、はい。

アジア大会の日本の活躍を見ることが唯一の癒しかもしれない。。。。。ガンバレ、日本

嗚呼、見なくちゃいけないサッカーもレコーダーにたまったままだし・・・・

あ、でもようやく香川のドルトムント初ゴールは観たんですよ!!!


この土曜日にはブンデスリーガでマインツとドルトムントのシンジダービーなんですねえ。。。。。

たまには生中継でみたいけど体力あるかな?????

最近朝が辛い中ですが、香川や岡崎の活躍も励みにしたいものだけど、「努力しているからこそ彼らは輝くことができる」のだよね。

最近改めてダメダメ状態ですが、低空飛行でも生きていこうかなと・・・・・・・・・・・・
台風11号が接近中です。
 
職場でも外に出ているものが飛ばないように締まったり、緊急時の連絡メールを出したりと慌ただしかった訳ですが、最大の問題は土曜日のJリーグ・・・(汗)
 
台風11号の接近に伴う、8/9(土)徳島ヴォルティス戦開催に関するお知らせ
  ↓
 
イメージ 1
 
8月8日(金)19:30現在
 
台風11号が10日(日)に静岡県内に接近する予報が出ております。
明日の試合開催については、通常通り試合を開催する予定です。
今後の気象状況、公共交通機関の運行状況等、ご来場のお客様の安全を考慮し、試合を中断、中止する場合もございますので、ご了承ください。
 
今のところは実施の予定、多分試合中か終わった辺りから来るかもしれない・・・
びしょ濡れになるのは覚悟ですが、それだけに必ず勝ちたい一戦なのはどちらも同じかと。
 
無事開催を祈りつつ、今からシート張りに行って来るのですが・・・
 
自分が前日シート張りに行った試合に全然勝ててないというジンクスが(汗)
 
 
ジンクスは破るためにある・・・・・・・・・はずだ。。。。。。。。。

へたれ

自分は弱虫だ。
 
負けるのが嫌いっていうか負けるのが怖い。だから応援するチームにはいつも勝って欲しいというか全部勝って欲しいと思うから負けたときには本当に落ち込むし、哀しくなる。
 
呆れてしまうことや怒りがこみ上げてくることも多い。
 
ただ、自分が所属しているチームの中で前の方へ行かせてもらったり、自分より年下のメンバーがいたりする中、昔みたいに自分の感情をそのまま好きなように出すことよりも自分の周りだけでもポジティブな空気をつくれるようにしなくちゃいけないって思っている。
 
それはエスパルスでも第八でも同じつもり。
 
自分ができることなんてせめて声出すことだけ。それが届かないものかもしれないし、不可能かもしれないかもしれないけれど自分の弱虫な気持ちを押さえつけていないと本当に自分が挫けてしまう。
 
そこまでする必要があるのか???って思うこともある。
 
そんな想いをするなら別にスタジアムに行かなくてもいいじゃないか・・・っていう気持ちになることもある。
 
 
イメージ 1
 
ただ苦しさを超えたときの喜びも知っているから「次こそ」「今日こそ」と思い臨む。
 
それを「自己満足」「ウザい」「暑苦しい」と言われることだってわかっているけれど、せめて90分間はプレーする選手たちに向かってポジティブな声を出したいって思う。
 
「今は耐えるとき」「いつか結果が」って信じることしかできない自分は必死で頑張り、厳しいことも言えるサポーターて呼ばれる人たちになれていないんだろうと。。。。。。。
 
そんなことをここ1ヶ月くらい考えていて自分にぴったりな言葉がひらめいた。
 
「へたれ」
 
ただサッカーが好きな、チームが好きな、そんな状態でも応援する自分の姿が好きな無責任なへたれなんだと思う。
 
へたれはへたれなりに自分のできることをやる。
 
ただ「それが本当にチームのためになってるの???」っていう批判はあるでしょうが、自分にはこういう姿勢しかできないんだろうなあって。。。。。
先週の日曜日にふと思い立って国立競技場前で電車を降りてみました。
 
千駄ヶ谷門、高校サッカーのときなんかは千駄ヶ谷駅から降りて、そのままこの門から入場してたなあ・・・

 
イメージ 1
 
一番の思い出は北京五輪がかかったサウジアラビア戦のとき。
 
満員の千駄ヶ谷門で開門を待っていたこと、北京五輪を決めたときの歓喜ですね・・・

イメージ 2

横を通って青山門の方へ向います。神宮でナイターがあったためかにぎやかな音が聞こえてくる。
 
代表戦のときにはこの千駄ヶ谷門と青山門を行ったり来たりした思い出があるせいか、もう静かになってしまった国立競技場がものすごく寂しい存在に思えてしまいました。

 
イメージ 3
 
掲示板にももう予定は書かれていないんですね・・・5月で止まったまま

 
イメージ 4

青山門。初めてエスパルスの天皇杯決勝戦でここを通ったときの緊張感は忘れられないですね。
 
ただ、2002年に天皇杯とゼロックスで勝ってからJリーグではいい思い出がなくなってしまいましたが・・・
 
個人的な国立競技場、思い出の闘い(生観戦限定)
 
1位 :第81回 天皇杯決勝戦 清水エスパルスvs.セレッソ大阪
 
2位 :北京オリンピック アジア最終予選 U-22日本vs.U-22サウジアラビア
 
3位:第89回全国高校サッカー選手権大会・決勝戦、滝川第二高校対久御山高校
 
4位  :第28回全日本女子サッカー選手権大会決勝戦 TASAKIペルーレvs.岡山湯郷Belle
 
こんなところでしょうか??????
 
さようなら、また新たな国立競技場を楽しみに待っています。
サッカーのゲームが終わった後にあんなに哀しい気持ちになったのは多分ナビスコカップの決勝戦で敗れたとき以来かもしれなくて、大差で敗れるよりも心にずっしりと刻み込まれる敗戦。。。。。
 
選手の誰々が、監督の采配が、審判のジャッジが、相手のチームがetc.いろんな悪者を見つけようとする声にもうんざりで、自分の声が足りなかったのだ・・・と思いながら疲労で新潟からの帰りは爆睡。
 
イメージ 1
 
正直、撮りためた試合どころかサッカーのニュースを見るのすらうんざり・・・
 
連休明けのいつも以上に憂鬱な水曜日、やっぱりどこか目がうつろな自分に飛び込んできた言葉にはっとさせられ、少し前に進もうと思うことができました。
 
それはロベルト・バッジョの一言
 
イメージ 2
 
「泣き言なんて何の役にも立たない。力になるのは強い意志だけなんだ。」
 
バッジョ自身もワールドカップの決勝戦でPKを外している。
 
時には致命的な大きな失敗をすることが人生には多々あるけれど、そこで泣き言を言っていたって何も得るものはない。逆にこの悔しさや哀しさを忘れずに向かっていくことができなければずっと敗残者のままだ。
 
「強い意志」これを持ち続けることは恐ろしく難しいことだけれど、新潟の敗戦で選手たちが気持ちに火をつけてくれることを信じるし、自分も応援しなくちゃいけない。
 
むしろ余りにもうまく行き過ぎた4月、自分は自惚れ、増長していたんだ。
 
そんな自分の弱い気持ちを戒めながら次に進む。強い意志に少しでも近づければいいな・・・

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事