日常

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
なぜか本日が仕事始めでございました。。。。。。。眠かったです、はい。
 
そんな正月ボケなのかサッカー観戦ボケなのかよくわからない中、年末にサッカーミュージアムへ行って来ました。
 
「またか???」と言われそうですが買い物じゃなくて久しぶりに展示を見ようじゃあないかということで、国立の高校選手権開会式の帰りにお茶の水まで足を伸ばしてきました。
チケットを持っていけば割引になるのですよ、旦那。。。。。。。
 
 
イメージ 1
 
今回のびっくり。入り口でザッケローニ監督がお出迎え
 
まあ人形なんですが、かなりリアルで夜見たら泣いちゃいそう。。。。(汗)
 
イメージ 2
 
近づいて見ました。。。。。。やっぱりリアルすぎて怖い。。。。
 
久しぶりの有料ゾーンなのですが、今回の目的はこれです。
 
イメージ 3
 
皇后杯決勝戦のINACとアルビレディースのユニ&使用球
 
皇后杯のボールって前は思い切りピンクだったりしたのですが、天皇杯と同じようになったのはいいことなのか統一されちゃったのかはわかりません。
 
皇后杯は残念ながら見ることができなかったのですが、こんなお宝な写真が展示されてます。
 
イメージ 4
 
1984年の決勝戦、清水第八と高槻FCのゲーム
 
当時は7連覇の真っ只中、5連覇の際の写真。この後2連覇し、1987年にベレーザに敗れてから清水第八の名は選手権から消えるのですが、どんだけ強かったんだ????と
 
※つなみに優勝回数10回のベレーザも「連覇ではない」ということは強調しておきます。
 
で、今回はエスパルスサポ、特にユースを見ている人たちにはたまらないものがありますよ。
 
清水ユース、水谷拓磨くんのFIFA U-17 ワールドカップ UAE 2013の代表ユニ
 
イメージ 5
 
しかも代表の10番ですよ。まさに清水ユースの誇り!!!
 
イメージ 6
 
チーム全員のサインが入ったキャプテンマークも展示されています。
 
正面には日本vs.オーストラリア戦の立夏ールームが再現されていますが、清水的にはこちらの方が貴重な展示だったりします。
 
この1週間くらいで高校サッカー観戦に行かれる方にはオススメ!!!ぜひ水谷君のユニを見て来てください。
 
本当は東アジアカップの画像とかあるんですが、それはまたのチャンスに・・・・
年が明けたという実感があまりないまま2014年を迎えてしまいました。


明けましておめでとうございます。

本年も皆さまにはよろしくお願いいたします。

イメージ 1


最後の元旦国立競技場での天皇杯
決勝戦から自分の2014年もスタートです。


今年もたくさんの感動がある1年になることを願っています。
AKB48が2014年3月29日・30日に東京・国立競技場で単独コンサートを開催するとのこと。
 
こういう開催は自由だと思うし、何ら問題ない。
 
ただ、嵐ファンが困惑……“最後”じゃなかったっていうのが意味がわからない。
 
「てか国立は嵐の聖地…。」とか「なんでやーー!!!あの場所は神聖な所なんだぞ!!」なんて言われることにすごい違和感。
 
イメージ 1
 
国立競技場は日本のスポーツの聖地なんです。
 
「聖地」と思うのは勝手かもしれないけれど、ここはサッカーなら日本代表の闘いや日本一を決める場所であり、Jリーグがスタートした場所。
 
ラグビーでも陸上でもここで躍動するアスリートたちにとっての聖地なんです。
 
自分はこの年末年始に繰り広げられるドラマを観に国立競技場に行ってしっかりとこの場所を目に焼き付けたいと思っています。

雑感

ちょっと愚痴・・・
 
ここしばらく持病と言ってもいい人見知りが絶賛発動中で、できるだけ人に会わずに生活したいと願っている今日この頃。
 
うーん、性格が後ろ向きで結構人の心に土足で踏み込むくせに自分が言われると無駄に傷つく。
人の何倍も能力なくて、心遣いとかできないくせに人のせいにしかたがる。

自分の悪いところが全部身に沁みちゃってやだ。
 
仕事でも自分が好きなはずの現場でもブログやネットの上でも・・・

もっとも足手まといなのは自分が悪い。
力がないから仕方がない。
それがわかっていながら努力しないのは余計に何倍も悪い。

わかってるんですけどね…わかってるんだけれど自己中な自分がヤで仕方がない。

そもそもこんなこと書く段階で自分がおかしい。
 
 
そんな訳でただ今徹底的に自己嫌悪中及び気持ちクローズ中
 
明日には何か書けるようにがんばるけど。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事