陸王道楽

バイク好きのおっさんのブログです。

全体表示

[ リスト ]

パート1で、写真容量がオーバーしてしまったので続きを・・・

さあ、五僧峠の頂上まで岐阜県側から入山。
これからいよいよタロさん体験記の滋賀県側に下りましょう。

《タロさんのブログ記事》
http://blogs.yahoo.co.jp/tarodansyaku/62084535.html



ホントだぁ〜!
いきなり道路上には石がごろごろ。

中には1mを超える大石も転がっています。
こんなのに直撃されたらひとたまりもありませんね。
イメージ 1
気をつけて行きましょう。
・・・って言っても、落石だけはどうやって気をつければ良いのか?(汗)

大きいのから小さいものまで、しかも角ばって尖った石ばかり。
TLはイボイボのトライアルタイヤだから良いけど、TWやハーレーなら滑るしパンクの心配も。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
タロさんの恐怖の顔が目に浮かびました、お疲れ様でした。
どんちゃんも、こんな道をハーレーでしかも奥さんタンデムでよくも来たもんだ。


わたしはこの道を、石をひらりひらりとよけながら、しっかりと楽しみましたよ。
下りきったところで三叉路になり、まず道なりに左を選択しました。

うっそうとした杉の林の中を細い林道は貫いています。
イメージ 5
ここでタロさんの記事の島津軍が敵中突破でこの峠を逃げ延びた話を思い出してしまい
この薄暗い杉林の中に、落ち武者達が息を潜めてこちらを伺っているような気がして
背筋がぞっとしてしまいました。


すんごいくねくねの急な登り坂や急な下り坂を繰り返しながら、かなり距離を走ったところで
滋賀県犬上郡多賀町のK17に出てしまいました。
イメージ 6

途中にもいっぱいあった「熊に注意」の看板。
こっちの方が落ち武者より怖いかも・・・
イメージ 7
でも誰が置いたか、隣のぬいぐるみが緊張した体と心を和ませてくれました。


このまま県道・国道を走って帰っても面白くありません。
もちろん熊と落ち武者の恐怖におののきながらも、あの三叉路まで引き返しましたよ。
イメージ 8


少し下って、また二手に分かれています。
真っ直ぐ行けば杉集落〜権現谷経由で、これまたK17にたどり着くようです。
タロさんはこちらのルートを走ったようです。

わたしは橋を左折するルートを選択。
こちらはドンちゃんが走ったルート。
かなりの落石林道で、走行中も2回ほどこぶし大の石が目の前に転がり落ちてきて、キモを冷やしました。


しばらくこんな林道を気をつけながら走っていると、集落に出会いました。
保月集落ですが、すでに廃村に近い状態で五僧集落と同じく廃屋が何件もありました。


ここは小学校の跡地だそうで、校舎の一部の便所だけが公衆トイレとして残されていました。
イメージ 9

そして道路を挟んだ反対側には、おそらく教員住宅であったろう2軒続きの建物が廃屋と化していました。
イメージ 10

まだ人が住んでいるような家が2〜3軒あるのですが、人の気配はもちろん声も音もなくし〜んと静まりかえっていました。

この小学校跡地の向かい側、教員住宅の上にお寺があります。
イメージ 11

「出船山 照西寺」の銘板がありました。
戸板も龍の柱飾りも立派で、由緒あるお寺なのでしょう。
イメージ 12


そしてその上には、これも立派な神社がありました。
イメージ 13


寺も神社も綺麗に管理されており、まだここに住んでいる人や村を出たけどたまに戻ってくる人たちが
大切に管理されているのでしょう。


この集落のほかに、五僧集落・杉集落の3集落があったそうですが
昭和50年代に燃料革命で炭の需要が急減した時、炭産を生業としていたこの3集落は廃村化してしまったようです。


この辺のいきさつに興味をお持ちの方は、はHPなどでお調べください。


いずれにしても、この保月地区は数百年も辿れば伊勢・濃尾地区からお多賀さんにお参りに行く主要街道として栄え
明治・大正時代には、約60世帯250〜270人の住人がいたそうです。

そんな歴史ある集落が時代の波に飲み込まれて、ほぼ廃村化してしまった寂しい経緯を思い
林道峠道を走ってみた楽しさとともに、何か考えさせられた一日でした。


帰りは少し回り道をして、2時過ぎに木曽三川公園に寄ってみましたが
やはり雨模様のためか常連さんも2人来ただけで、ポツリとしだしたためそうそうに解散しました。
イメージ 14


五僧峠とその周辺の集落や林道
遠く戦国の時代から近年までの歴史やいきさつなどを調べてから
またゆっくりと走ってみたいものです。

閉じる コメント(22)

顔アイコン

Aちゃん、今回はとにかく行ってみたい・・・が先行して
ノーリサーチで行ったものだから、帰ってきてから調べて後悔しました。
歴史探索ツー、今後ますますクセになりそうです。^^

2010/10/3(日) 午後 11:52 [ SHIMO ] 返信する

顔アイコン

ぴょん太さん、2回ほど落石に遭遇したものだから
いつも崖上をキョロキョロ見ながら走って、とっても疲れました。(汗)
16日はノースケジュールです。
17日は名古屋のバイク友グループとの合同ツーで、三川公園で落ち合って
藤原のマス釣り場で昼食の予定。
一緒に走りますか?

2010/10/3(日) 午後 11:57 [ SHIMO ] 返信する

顔アイコン

いや〜TLにぴったりの道中ですね!!
私も源流釣りで石ころごろごろの林道を良く走ります。
石が落ちているという事は、落ちて来たという事!!
わたしの愛車は天井に落石を浴び、いまもへこんでます。
2輪だったら・・・ (汗)

2010/10/4(月) 午前 0:06 ちゅう太郎 返信する

顔アイコン

ぎょっ、やっぱり落石は恐いですね。
ちゅう太郎さんは、熊さんには遭遇したことはありませんか?
渓流釣りなんてかなり山奥まで入り込むんでしょう。
落石も熊さんも、じゅうぶんに気をつけてくださいね。

2010/10/4(月) 午前 0:10 [ SHIMO ] 返信する

SHIMOさんスゴイですね〜亡霊が出てきそう

2010/10/4(月) 午前 6:04 [ haru ] 返信する

顔アイコン

haruちゃん、昼なお暗き急にUターンも出来ない細い道が延々と続いています。
亡霊・熊さん・事故・・・いろいろ考えちゃうと走るの恐いくらいですよ。
こういうところは、安全も考えて数人で行った方が良いですね。
かっての関ヶ原の戦いの武士たちも、この辺のケモノ道を歩いたのでしょうか。
やっぱり不気味です〜。
こんど一緒にどう?(笑)

2010/10/4(月) 午前 7:08 [ SHIMO ] 返信する

顔アイコン

simoちゃん ドンちゃんの道で クネクネ道の方だったね

オイラと違うコースです ガレキが10km程続く道だったです

お寺や看板も無くて 夕闇に近い 通行車の気配が一切無くて

肝試しに 面白いです

今度ガレキ道 ご一緒しましょう(^^)

2010/10/4(月) 午前 7:22 タロ(Tositakakoike) 返信する

顔アイコン

タロさん、おはようございます。
ガレキ道の肝試し、紅葉の時期に行ったらきれいかも・・・
でも景色なんて見てるヒマないか。(笑)
ぜひご一緒お願いします。
TLM50を治しますか。

2010/10/4(月) 午前 7:43 [ SHIMO ] 返信する

顔アイコン

廃屋とかを見かけるとなんだか考えさせられ寂しい気持ちなります、これまでは走ることがなかった道をバイクで走るようになり感じるようになったことのひとつです

2010/10/4(月) 午前 8:57 iseyann 返信する

顔アイコン

いせやん、この界隈は廃村がけっこう多いです。
人もいない家なのに、家具や衣類や食器・ぞうりなど生活臭だけが取り残されていて
ここに住んでいた人達が離村しなければならなかった運命など考えると
人の運命を思い量ることはできませんが、ほんとうに寂しい気持ちになりますね。
まだまだこれからこんな廃村が増えるんでしょうか。

2010/10/4(月) 午後 0:57 [ SHIMO ] 返信する

顔アイコン

しかし、ここはひどい道路ですね。
自己の責任で通れって、かなり自殺行為のようです。
危険が危の〜ございます。
歴史があれど、人がいなくなるとただのスクラップ村でしょうか・・・。
寂しい限りです。
レストアしますか???

2010/10/4(月) 午後 11:41 我流兄者 返信する

顔アイコン

我流兄者さん、すごい道でしょう。
本来は送電線の点検整備や山の関係者用の道路との事ですが
わずかでも住民がいて、離村した人達もたまに帰って来ているようですから
県はもう少し整備しなければならないと思うのですが!
スクラップ村同然のところもありますが、この保月村はまだ人の手で整備されているようです。
でもお年寄りが減ってくれば、この村もいずれは・・・
レストアしたいくらいですが、寂しいですね。

2010/10/5(火) 午前 7:45 [ SHIMO ] 返信する

顔アイコン

こんな道を見ると怖いけど行ってみたいデス。
北海道ツーでお財布が薄くなったので
セローちゃんを手放してしまったんよね〜

どっかでオフ車を探してくるから
また誘ってちょ♪ 削除

2010/10/5(火) 午後 10:03 [ ばんちゃん ] 返信する

顔アイコン

この廃墟には行ってみたいなぁ〜
誰かオフ車安く譲ってくんないかな〜(笑)

2010/10/6(水) 午前 2:18 [ ミッチ ] 返信する

顔アイコン

ばんちゃん、結構けわしい道でしたが帰ってくるとまた行ってみたくなります。
セロー手放してしまいましたか、残念ですね。
オフ車は手放すとなかなか入手できないのでもったいなかったですね。
買わなくても良い方法が、下記白恋ちゃんのへの返信コメントに・・・

2010/10/6(水) 午前 7:04 [ SHIMO ] 返信する

顔アイコン

白恋ちゃん、こういう廃墟・廃村は恐いもの見たさで行ってみたくなります。
でも、ここで生活していて離れざるをえなかった人達の心情を思い図ると寂しいですね。
役場やHPなどで歴史やいきさつを調べると、とても勉強になります。
オフ車なんて買わなくても良い方法がありますじぇぃ。
ワシん家の物置に、ホンダの2ストトライアルバイクTLM50ccが2台も眠ってまっせ!
20年くらい放かりぱなしだったけど、キャブ清掃と調整くらいで動くはず。
ばんちゃんといじりに来ますかい?
置き場所もいらないし。(笑)

2010/10/6(水) 午前 7:11 [ SHIMO ] 返信する

お久しぶりです。

23、24日と学園祭ですが、おそらく24日にトライクで行くと思います

よろしかったら…どうですか?

2010/10/6(水) 午後 0:34 [ 野良くろー ] 返信する

顔アイコン

野良くろーさん、お久し振りです。
学園祭10月は憶えていたけど、何日だったか忘れてしまって調べようと思っていた所です。
連絡ありがとうございました。
23日は友達とツーリングの予定が入るかも知れませんが、24日はとりあえず空いてます。
でも往復約180kmと、自走は無理な距離ですしトランスポーターも無いので・・・
でも、行きたいなぁ!

2010/10/6(水) 午後 6:28 [ SHIMO ] 返信する

顔アイコン

もの凄い道を走ってきたんですねぇ〜!
林道ツーリングは楽しそうですがSHIMOさんが走ってきたコース、歴史や景色にとても深いものを感じました。

オフ車一台あれば、行動範囲がさらに広がりますね♪

2010/10/12(火) 午後 9:05 tasuke 返信する

顔アイコン

凄い道でしょう!
わたしの家の周りには、こんな峠道や廃村などが何本もあります。
30代のころトライアルの真似事をしていたころ、あのリュック道具を背負って
あのスタイルであちらこちら走っていたのを久し振りに思い出しながら楽しみましたよ。
250cc以下の、出来れば125〜200ccクラスの小回りがきいて取り回しが良く、どこにでも置けるオフロードバイクがあれば
BIGバイクやアメリカンバイクとは全くちがう世界のバイクライフが広がって来ますよ。
tasukeさんも一台どうですか?

2010/10/12(火) 午後 9:16 [ SHIMO ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事