京都に旅する その2

京都は、祇園祭りです。

イメージ 7

逆鉾の組み立て中

二日目は、天気も良く奈良に行って見ることにしました。
ガイドブックも無くスマホが頼りです。
近鉄で京都から西大寺駅まで急行で小一時間弱です。

イメージ 1


イメージ 2


近鉄奈良駅へ移動して東大寺を目指します。

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 10



イメージ 8


イメージ 9

春日大社の参道が、半端なく長かったです。
JR奈良駅から法隆寺を目指しました。
法隆寺駅迄の所要時間10分余り。
駅から法隆寺行きのバスに乗り向かいました。

イメージ 11


残念なことに改修中で国宝の建物が見れませんでした。
観光客が少ないなと思っていましたが、そのせいかも?
二日間共に天気が良くて良かったのですが、蒸し暑かったので水分補給に気をつけました。
夜の🍺が一段と美味しいかった!

この記事に

開く コメント(0)

京都に旅する その

11〜13日の予定で京都方面に旅してます。
西日本豪雨の影響で新幹線もガラガラです。

イメージ 1


初日は、フジガヤ2さんに触発されて比叡山縦断を決行しました。
10時に京都駅を出発してガイドブック頼りに比叡山山頂を目指しました。
JR京都〜東福寺 京阪乗換〜出町柳 叡山電車乗換〜八瀬比叡山口

イメージ 2



イメージ 3


変わった形の電車に乗れました。
ここからは、ケーブルカーとロープウェイで山頂を目指します。

イメージ 4


イメージ 5


フジガヤ2さんも不思議がられた二個のパンタグラフと架線?
ロープウェイ山頂駅の標高は、810mです。
ここまで1時間30分です。
バスで山頂から延暦寺に向かいました。
延暦寺を散策して帰りは琵琶湖側に向かいます。

イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


気になったので運転手さんに架線の事を聞いてみました。
坂本ケーブルは、駅に停車中に充電する為に架線が、駅に設置されているそうです。
ケーブル八瀬の架線の理由は分かりませんでした。
坂本ケーブルで比叡山坂本に向かいます。
このケーブルは、日本一の長さと途中駅が有る事で有名です。

この記事に

開く コメント(2)

ミント缶DCCコントローラⅣの頒布をして頂き昨夜サッカーWカップを横目で観ながら製作しました。
ミント缶コントローラの製作は3台目です。
今年の1月にはLCD表示の物も製作しました。

イメージ 1
ミント缶コントローラ LCD改


ミント缶コントローラⅣは、以前の部品配置を継承されながらOLEDを搭載されております。
組立てで、少し躊躇したのが電源ICの取り付け方向でした。
基板面の部品印刷に方向の印がなかったので、疑心暗鬼になり部品スペックを検索して取り付けをしました。
IC1(TB6568KQ)のリードピンの曲げ加工も少し難易度が高く、もう少し間隔に余裕があると楽に折り曲げが出来ると思います。
基板のスルホール穴径が部品のリード径にピッタリでハンダ付けが楽でした。
サッカーの試合中に完成し動作試験をしましたが、何の問題もなく一発で動作OKです。
試合は、ハラハラしましたが、引き分けたので一安心でした。
電源SWのON/OFF表示印刷がないので電圧チェック時に慌てました。


イメージ 2

以前製作したミント缶に入れ替え様としましたが、基板取り付け穴とVRの穴位置は同じですが電源ジャックとフィダーコネクターの位置が合わなくて断念しました。
OLEDになり多くの情報が表示出来て良いのですが他の方の指摘の様に
少し見にくい様に思います。
限られたスペースに収容すると言う制約での製品化は、とても素晴らしい事だと思います。
ミント缶に収容するか他のケース収容するか今後思案していきます。
IICの端子もあり今後の拡張性に期待したいと思います。

この記事に

開く コメント(3)

鉄道模型のギミックで踏切遮断機はポピラーな物ですが、動作がリアル感に欠けており不満を感じておりました。
昔のエンドウの製品が手に入ったのでラジコン模型用サーボモータの小型な物を使用して踏切遮断機をDCCコントロールで製作してみました。

イメージ 1

イメージ 2

ソレノイド方式で遮断機を昇降しているため1A以上の電流が流れます。
昇降スピードも速く、動作時に大きな音も発生します。
先ずは、小屋の中に小型サーボを収容します。

イメージ 3

イメージ 4

遮断棒はサーボホーンにアルミパイプをビス留めしております。
小屋の残りのスペースに警報音用MP3再生基板とスピーカー及び警報ランプ基板を組み込む予定です。
今回使用した2ChのServo Decoder 
同一アドレスで一括コントロール出来る機能があり踏切制御等に打ってつけです。

イメージ 6



イメージ 5


遮断機の位置調整やスピードコントロールも1ChはVRで調整です。
2ChはCV設定で調整。


遮断機の昇降スピードが降りる時と昇る時が変更出来れば、よりリアルになると思います。

この記事に

開く コメント(0)

探し物の顛末

マニホールドゲージが見つかりました。
ほんとにリスの木の実貯蔵の隠し場所を忘れてしまうと同じ状態でした。
今までは、マニホールドゲージ・真空ポンプ・補充用エアコンガスを同じ場所に保管していたのですが、数週間前にすぐ隣の棚に移動させて、見えにくい場所なのでリスの木の実貯蔵忘れと同じ様にならない様に懸念しておりました。
別荘に出発の当日にあわただしかったこともあり、つい三点セットで箱詰めしたと思い込み、別荘で荷下ろしした際にも、三点セットで保管したと思い込み5日目にして作業しようと機材を準備した段階で無いことが発覚して、「リスの木の実貯蔵忘れ」が脳裏に残っており、思わず別荘で失くしたと思い込み、さんざん探しまくって自宅に帰っても何時もの場所になかったので、失くしたと思って今日の朝からネットで購入すべく準備をしていましたが、ふと別な物を探しに例の棚をみたら、そこにあるではありませんか!
おかげ様で、浮いたお金で別な物を買ってしまいました。
人間の思い込みて怖いものです。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事