DSair2とモバイルバッテリが準備できたのであとは、なごでんさんが開発されているMP3 SoundQubeとドッキングしたシステムを製作することにいたしました。
なごでんさんに無理をお願いしてMP3 SoundQubeの試作版を提供頂きました。
収納するケースはDSair2と同一の物を使用しました。
基板には手を加えないことにしてケースに基板とスピーカを組み込むことにしました。
大きな音を出すためには、スピーカの配置が重要です。本来はケース上部にスピーカの開口部を設けるのが最善ですが、あえてデザインを優先して下部に開口部を設けることにしました。
ケースに入れない状態で口径60φ程度のスピーカの選定をしてみました。

イメージ 1
8Ω 0.5W 48φ

イメージ 3
32Ω 0.5W 60φ

イメージ 2
8Ω 8W 50φ

スピーカ単体では、0.5Wでは満足な音量は出ませんでした。
8Wでは満足な音量は出ますが、厚みがありケースに収納できません。
厚みは18㎜位以下にしないと入りきりません。

イメージ 4

基板を固定するのに25㎜のスペーサーを取り付け裏返しにして取り付けます。
丁度ケースの内寸にぴったりですので、あえて固定しませんでした。

イメージ 5


イメージ 6
左からDC OUT、外部スピーカコネクター、I2Cコネクター、DCC IN


イメージ 7
             I2Cインターフェイスキーボード

サウンド選択のキーボードですが、なごでんさんが推奨されている、しなーぷすさんのキーボードはケース収容が難しそうなのでネットで見つけたました。
しかし、てっきりI2Cインターフェイスと思っていたのが独自プロトコルでしたので直に接続できませんでした。
プロトコル変換するか別な物にするか宿題です。

イメージ 8

前面が、のっぺらなので、何か表示を付けるかな?

イメージ 9
だんご三兄弟 ?

心配していた音量は、8Ω 0.5Wのスピーカでもケースが共鳴箱になっているのか? 十分な音量になりました。(この状態で)
これで、DCC化していない車両やDecoder搭載不可の車両にDCC+SoundBoxがモバイルで実現できました。
最後に、試作品をご提供頂きました、なごでん様に厚く御礼申し上げます。

この記事に

開く コメント(0)

DSair2の製作

頒布頂いたDSair2が届いたので製作してみました。

イメージ 1


イメージ 2



事前に調達していたFlashAir 32GB(海外品)+
3-Port USB 3.0 Hub with Card Reader(保険)

製作は、ハンダ付けする部品がDSair(人柱頒布)に比べて遥かに少なく、あっという間に終了し
難関?のFlashAirへのソフト書き込み作業に取り掛かました。
前回は、海外品でバージョンupを失敗し国内品に買い替えた経緯がありましたがスマイラーさんのチャレンジ精神に触発されて、私もヘソ曲りな性格なので敢えて海外品にチャレンジしてみました。
先ずは、鬼門のバージョンupですがP C内蔵の Card Readerで、呆気なくクリア。
拍子抜けしAPソフトの書き込みも難無く終了し
電源を接続して動作試験も難無くクリア。

イメージ 3


イメージ 4


事前に製作したモバイルバッテリーBoxとの接続

後は、ラスカルさんが開発されているM P3SoundQubeとドッキングしてZゲージ向け?dcc Sound Boxと夢は拡がります。

この記事に

開く コメント(2)

DSairとバッテリーを同一BOXに収容して主にデコーダーが、収容困難な Zゲージ向けモバイルコントローラーを製作をしましたが、今回DSair2が開発されたので、その製品向けにモバイルバッテリーBOXを新たに製作してみました。
前の物は、18650型リポバッテリー 3.7V×2本を使用しDC/DCコンバーターで12Vに昇圧しています。 
使用しているDC/DCコンバーターの性能で1A位しか供給できませんでした。

イメージ 1

まだDSair2を入手出来ていないので同一ケースでイメージを撮影しました。下の段が、今回製作しましたモバイルバッテリーBOXです。
今回の物は、18650型リポバッテリー×3本使いでダイレクトに電流を供給できますが、接続しているリポバッテリーコントローラーが5A容量なのと今回採用したリポバッテリーの性能(仕様が?)で・・・・・?

出力電圧 12.6V (4.2V×3) フル充電時
出力電流 Max 5A ?

今回も前回同様に安価に仕上げるためにダイソー製モバイルバッテリーに内臓しているリポバッテリーを採用しております。(公称 3.7V 2,000mAh) @324 ×3本  ¥972  模型用の物は、同等容量
2,000〜3,000円します。(DCC模型の場合は、それ程、大電流は不要でありダイソー製で充分性能を満足していると思います。)
製作方法ですが、18650型のリポバッテリーの入手ですが

イメージ 2

イメージ 3

今回使用した18650型タブ付リポバッテリー 3.7V 2,000mAh

イメージ 5

新製品? タブなし 18650型リポバッテリー 電池BOX式
18650型の電池ホルダーを新たに購入しないとケースに収容出来ません。 3本一体型の電池ホルダーもありますがサイズ的にケースに収容が困難です。



イメージ 4

見分け方は、右側の充電ランプ表示付の物が新型?でタブなしです。

イメージ 6
モバイルバッテリーの部品

一番下の基板はリポバッテリー用バランス充電コントローラーです。
リポバッテリーは、非常にデリケートな電池でセル間の電圧差が大きいとセル間で大電流が流れ発熱し場合によっては発火する事もあります。
充電にはバランス充電が可能な専用充電器を使用するのが一般的ですが、この様な充電コントローラーでもOKです。
また、過充電・過放電は大敵で余り過放電すると一発でオシャカになります。
不安な方は、専用の充電器で充電できる方法でモバイルバッテリーBOXを製作されることをお勧めいたします。

イメージ 7

DSairと同じケースに計ったようにぴったりと収容出来ました。
電源SW付ジャックで充電時のバッテリーからの電流供給を止めて安全設計を図っております。

イメージ 8
充電中

イメージ 9
動作試験

イメージ 10

イメージ 11

HOゲージ以上用に、4セル(公称 14.8V) 5セル(18.5V)等のモバイルバッテリーBOXを機会があれば製作してみたいと思います。









この記事に

開く コメント(0)

20年ぶりの機装

水中ドローンの製作に、はまりとんと鉄道模型ネタが書けません。
台風24号の影響で土日がOffになり作業スペースが確保できたので
ドローンのフライトコントローラーの応用で船艇に搭載できることが分かりチャレンジしてみました。
先ずは、搭載する船艇ですが下記の物にしました。

20数年前に、大型のガソリンエンジン仕様の船艇が欲しくてヤフオクでゲットしました。

イメージ 1

イメージ 4
水冷ガソリンエンジン

イメージ 5
アウトドライブ

 全長    1000 mm
 船名    ??
 メーカー  HIROBO

エンジンは空冷の物が付いてましたが、その後水冷仕様に換装しました。

予備機で購入した物

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
hiroboのプレートがあるアウトドライブ部

この船の予備機として同じ船艇をやはりヤフオクでゲットしましたが、模型店のディスプレイ用だったらしく、動力部やコントロール部はついてませんでした。
そのままになって死蔵しておりました。
先ずは、動力部ですが、元々ガソリンエンジン仕様でしたが、走行準備の手がるさでモーターを選択しました。
選定したモーターは、ガソリンエンジンの置き換えなのでどのくらいのトルクが必要か不明ですが、KYOSHOの水冷モーターです。
大飯くらいのモーターで無負荷3Vで6Aも消費します。
10数年ぶりのラジコン模型いじりで、モーターのリンケージに苦労しましたが、何とか取り付けました。

イメージ 9
ステンレス製のドライブシャフトが5φの太さで切断に苦労しました。
ユニバーサルジョイントも取り付けました。
モーターリンケージは、ユニバーサルジョイント接続なので取り付け角度により負荷が、かなりかかり位置合わせに大変でした。
暫定で妥協しましたが、ユニバーサルジョイントを新たに手配して後日取り付ける事にしました。
次に操舵コントロールのサーボモーターの取り付けですが、リンケージにサーボテスターが役立ちました。

イメージ 10

後は、スピードコントローラーとレシバー及びフライトコントローラー・バッテリーを搭載すればひとまず完成です。
急がないと夏が終わってしまいます。





この記事に

開く コメント(0)

遅い夏休み

沖縄に、鉄道は無いですがモノレールは、有りました。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事