信・望・愛

いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。このうちで最も大いなるものは、愛である。

わたしの涙をあなたの皮袋にたくわえてください

    「わたしの涙をあなたの皮袋にたくわえてください。」
                     詩篇56:8

 ダビデがサウル王にねたまれ、嫉妬され、命を狙われ、追い詰められた時に、こともあろうに、敵対しているゴリアテの出身地ぺリシテの町ガトに逃げ込み、捕らえられましたが、狂気を装って、何とか難を免れるということもありました。
常に命がけと隣り合わせでありましたから、ダビデの流した涙は、山羊一頭分の皮で出来た袋を涙壺とするほどでした。

 この度、東日本の巨大地震・大津波・原発での破壊的痛手に、そして紀伊半島での豪雨による大被害の中で、どれほど多くの人々の流された涙があったことでしょう。

 つい先日、二人しかいない大切な息子さんの27才になるご長男を病気で天に送られたご両親に会いました。
月並みの慰めの言葉をいろいろと語ったつもりでしたが、お母さんは次のように語られました。
「息子が発病してからちょうど一年と数日、足りないながらも一生懸命看病することが赦されたから有り難かった。被災地にあっては、一瞬のうちに愛する人々を失った方々の悲しみと、喪失感は想像を絶するものがあります。」と。
このお母さんの言葉に、”一本参りました”と思わされました。

 「天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は滅びることがない。
  その日、その時はだれも知らない・・・だから目を覚ましていなさい。」
               マルコによる福音書13章:31−33節

赦された”今この時”を活かして、心から神様と人に仕えて、悔いのない人生でありたいと願います。 

                  信愛キリスト教会 牧師 世古 篤子 

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事