徘徊・・・うろつき回ること

デジタル写真撮りは年金生活者に最良の友・・・金がかからないしね

.

とうとう眼鏡等の文字を刷り込まれてしまった運転免許証
50年余裸眼で通してきたのに
3年前ギリギリセーフだったが今回はアウト
検査で順番待ちしていたときメガネを掛けていたが、試験の時外して入ったのを検査官がめざとく見ていたからと思われる
上だの左だの答えているうちに「ではめがねをかけてください」
「合格です」

身体のパーツがひとつずつ壊れていく
寂しい

高齢者講習が6,000円弱+免許証更新料が2,500円
年寄りの車遊びは金がかかる

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

.

数えてみれば我が生涯
フィルム1眼レフを2台・・キヤノンFT-QL、Nikomat EL
デジタルカメラ6台・・OlympusC900 E100RS SP500UZ XZ-1 Panasonic LX1 FZ100
デジタル1眼レフ6台・・Nikon D50 D80 D300 D500 Olympus E520 E5
ミラーレス1眼を5台 Panasonic GH2 G7 Olympus EM5 EM1 EM1Mark2
(形式を忘れた機種もあるがメーカーのサポート情報で思い出す)
子供の頃プレゼントしてもらったものを除いて自費で購入したものの合計で19台だ

しかしながら、思い出に残る作品は残念ながらそれより少ない
振り返ってみれば、俺には美的才能がない事がはっきりした

だが・・・・
機械いじりが好きで何台ものカメラに飛びついてきたわけだかから後悔はない
だからこれからも良さそうだと思ったカメラが発表されれば発売日に飛びつく

イメージ 1
ジロボウエンゴサク
路傍に咲く小さな花・・・
イメージ 2
チゴユリ
イメージ 3
ヤマツツジ
イメージ 4
シャガ
イメージ 5





この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

.

痴呆検査
生まれて初めて痴呆検査を受けた
あ〜もうそんな年になってしまったんだなぁ・・・
っとため息
結果は合格点が76点に対して我が成績は80点
後4点落とせば俺は痴呆!だぁ
人生最後の試験だから真面目にやらなければね
ところで高齢者講習は実に狭き門
半年前に警察の方から免許更新の案内が早々と来る
まだ半年有るからいいや・・なんてノンビリしていると近所の教習所は満員で遠くまで出かけないと講習が受けられなくなる
気がついてみれば、近所の自動車教習所は免許の取り手が減少しバタバタ廃業してしまったからで我が品川区から姿を消した
運転免許取得者は少子化の影響で減少
天下り先の教習所が減っては警察官の再就職先がなくなる! さぁ大変・・と言うわけではないかも知れないが、爺婆には強制的に講習を義務づけたのでは?と勘ぐりたくもなるほど高齢者教習は盛況だ

俺が年を取って実感する事は目が悪くなった事
特にいきなり暗いところに(トンネル等)入った時、目が見えなくなることだ
回復時間が年相応より劣っているっと出た事だ
こいつは肝に銘じて夜の運転は避けておこう

反してブレーキ反応はきわめて良好だった
まだまだ免許は捨てないぞ

ちょっと古いが先日の旅行で日本国の最西端へ行った時の写真
イメージ 1
初めての与那国島だ
目的は
イメージ 2
シロミスジ
ちなみに 最北端は数年前に行った
イメージ 3
宗谷岬だ
ついでに
イメージ 4
グリーンフラッシュ  樺太の大泊(コルサコフ)から小樽への航海中に撮ったもの
日没時太陽が隠れる瞬間に現れる(0.2~0.5秒ぐらい) 現在ならプロキャプチャを使えば難なく撮れる


この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

.

暖かい日が・・・・そろそろ初夏のにおいがしてきた
イメージ 1
サクラが散り、池面は花びらのタイル
イメージ 2
イロハカエデの新緑と花
そんな中
トラフシジミをターゲットとして待つ
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
今年は出が悪いとぼやく事しきり
それでもちょっぴり暑さを感じるほどに気温が上がり、少ないながら1頭のトラフシジミが飛び込んできた
砂利の隙間から水分補給しているのかなかなか飛んでくれないのだ
仕方なく、「助手」に棒でつついてもらい、強制飛翔を収めた
ss1/3200でもぶれが生じる。アオバセセリより敏感なようで毎秒18コマでも追いつかず
AF固定の毎秒60コマでなんとか数枚が画面内に納まった

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

.

あれ?!
もう四月も半ばかいの?
熱が冷めて久しくブログを顧みない日々が続いている
時々気がついて
いざ、何を書こうかと迷うことしきり

ここのところ
先日石垣島へチョウ撮りに行き
写真の整理にかなりの時間を割いた
なにしろ一押しで30コマ撮れてしまう新しい写真機は
容赦なくファイルを蓄えてくれるからべらぼうな量となる
年を取って体力気力の衰えから集中して作業に当たれる時間が極く短くなった
若い頃なら二晩ぐらい寝ずに頑張れたが今では3時間も集中したらたちまち睡魔が襲う
毎日の日課で天気が悪ければ3時間
晴れなら午前中は徘徊に出かけ、午後,ほんの一時が作業時間なのだ

と言うわけで
イメージ 1
プロキャプチャのおかげで飛び出すところは簡単
「助手」にチョウを脅かして飛び立たせてもらったが
次回は突き棒を用意して・・左手に突き棒、右手にカメラのセルフ作業に慣れないと・・・
イメージ 2
ミカドアゲハ
イメージ 3
アサギマダラ

飛び立つものばかりではなく止まりに来るものも撮影したいと思っているがチョウの気持ちを理解しないと難しいだろうな

この記事に

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事