徘徊・・・うろつき回ること

デジタル写真撮りは年金生活者に最良の友・・・金がかからないしね

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全513ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ウトロの船団巡行は海が荒れて中止
残念!

道東のチョウ事情
気温が低く寒い
花がほとんどなくチョウが集まらない
最盛期を迎えているのはシロオビヒメヒカゲとエゾスジグロシロチョウ
アカマダラの春型はかなり傷んだ個体が多かった

イメージ 1

イメージ 2
かなり個体が多くメスを追うオスが各所で見られた
イメージ 3
ゴルフ場の芝の上に多かったアカマダラ
イメージ 4
サカハチチョウも混じる
イメージ 5
カラスアゲハのメス・・
宿のWIFI事情が悪く、スマホをキー局にしてノートから送信

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

.

摂氏2℃
つい先週34℃の記録を出した北海道
昨日から北海道に来て当てが大外れ
用意した下着はすべて半そでのクール下着
知床在住の今部屋では暖房を入れている始末

イメージ 1
北海道に来たからには美味いものが食いたい・・・キンキずくし
前菜のカルパッチョ  バルサミコがベストマッチ

一応ウィンドブレーカーを持参したので何とかなるだろう
今日はウトロの漁業関係者のお祭り
大漁旗を翻し、大音量のスピーカーから演歌を鳴らし船団を組んで漁港近辺のおねり
勇壮なお祭りに参加する予定ですがあいにくの雨と低温に加えて波が荒く船団の「おねり」が実行されるかどうか

イメージ 2
キンキのから揚げ・・骨ごと全部食える・・たれをつけて食えば絶品
あら汁も良い出汁が・・

こちらの目的は番屋で行われる大宴会、下戸だが胃袋には自信があるので大いに楽しみにしている

イメージ 3
〆は釜飯・・米の飯は何時も茶碗1杯だけと決めているが・・釜に入っている全部(3杯)完食
費用はそれなりな出費。ただし現座界隈で食べたらうん万円?

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

.

 一時のブログ熱が冷めて久しい
台風の余波で一日雨
サンデー毎日の身では本日の予定はゼロになってしもた
だからといって高血圧持ちは早く目が覚めてしまい、寝床て何時までもぐずぐず過ごすことができず
飛び起きてしまうのだ
先が短い身の上では寝床で死んでいるわけにはいかないのだ
そんな訳で久しぶりにブログ書きでもしようと発起

ここ2週間ほどある種のチョウ出現を見るために、ホームグランドへ出かける頻度が高くなっている
ろくな成果を得ることもなく一段落

イメージ 1
ホームグランドで出現するゼフィルス(チョウの種類)やヒョウモン類を探す傍らに撮った野草たち、バラ、サクラと言った有名な花ではないが野に咲く花の方が私は好きだ
イメージ 2
花びらの形が卍状
イメージ 3
これが本当のアジサイの花
イメージ 4
秋になると紫色の実をつける
イメージ 5
水辺が好きなトラノオの花



この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

.

ある虫たちの出始める頃・・・食品以外でも”旬”と言う言葉を使って良いものか?
わがホームグランドではまさに今が「旬」
ゼフィルスと呼ばれるシジミチョウの仲間は最盛期
これから出始める夏トラフシジミ
「もう出たか?」というメールによる問い合わせもちらほら

足腰は元気なのだが歩くと踵や足の裏に鈍痛がある
足底腱膜炎と言い、年寄りに出やすい症状で、医者から「治りません」と引導をわたされた
それならもっと歩いて治してやる・・と意地で逆療法を試みる
(ほんとうは歩きたくはないけれど)

小さな虫を見るために痛い足を引きづずって出かける元気のもとは
道楽、よく言えば趣味
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
ゼフィルスたちが飛んだ
イメージ 4
夏のトラフシジミ・・3月下旬に春のトラフシジミが出て、早くも世代交代
光線の加減でもっと青く輝くはずだ。その輝きを求めて足を引きずりながら毎日ホームグランドに出かけるのだ
イメージ 5
追加:青い光を求めて・・・・
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

.

 最近のニュースから:一番力のよわいものの告白を上は「私は知らない」
つじつま合わせに取り巻きは頭を絞る
政治もスポーツもよく似ているなぁ
一方
小さな地方の市長は問題発生から6ヶ月でとうとう観念・・辞任か
しかしながら上に行くほど忖度が働くから
あれほど大山が鳴動しているのに
弱小政党では鼠一匹出すことができない
長引くか消えるか

俺は臭いものに蓋する浮き世が大好き?
何時もの極楽徘徊へ
イメージ 1
ルリシジミの開翅が撮りたい・・・残念半開きか
イメージ 2
それなら飛び立つところを・・・メスだった
イメージ 3
こいつも滅多に表羽を見せない・・地味なくせに
イメージ 4
この位置で見ると紫の幻光が・・
最近定着したコムラサキ
イメージ 5
南国からの使者にもかかわらず、長期滞在した石垣島には存在しない
イメージ 6
小さなナナフシ・・目玉に焦点を当てれば髭や足胴がぼける
深度合成で平坦な写真へ


この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全513ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事