ここから本文です

登山ガイド ムーントレックのブログ

書庫全体表示

鬼ヶ牙から臼杵山までの周回コースは、低山ですが、歩きごたえのあるコースです。
部分的にかなり高度な登降技術が求められます。このコースを余裕を持って歩ける人は、アルプスの縦走コースでも十分、通用します。
今日は、気圧の谷の通過による雨予報。午後3時過ぎの予定でしたが、今朝の予報では、昼前から雨雲が覆い始めます。ただ、2時間程度で通過して、晴れになる期待も。
鬼ヶ牙の下り、道を間違えました。本峰の手前に引き返して、長坂の頭方向へ行かないといけないのですが、本峰ピークから、北へ延びている踏み跡、テープマークに導かれて、多くの人が迷い込むところへ、うかつにも行ってしまいました。
予報どおり、11時過ぎに雨。ただ、雨具が必要な降りは、30分程度。あとは、パラパラ。長坂の頭、船石、そして境界尾根の途中で昼食。そのころには、完全に雨は上がって、陽がさしてきました。
臼杵岳の頂上では、仙ヶ岳、鎌ヶ岳のてっぺんが眺められました。
雨の中のハードな歩き、岩場の登下降、雄大な眺めと、予想以上の内容でした。

鬼ヶ牙東峰 今回は、ここは行きません。
イメージ 1

鬼ヶ牙本峰 この下りに迷い道があります。要注意です。
イメージ 2

岩場の登下降技術が試されます。
イメージ 3

鬼ヶ牙、長坂の頭。このハードなコースを歩いてきました
イメージ 4

新名神が眼下に眺められます。
イメージ 5

臼杵岳頂上からの仙ヶ岳。 存在感ある双耳峰です。このころは、すっかり晴れていい眺めを楽しめました。
イメージ 6

臼杵岳の頂上にて。
イメージ 7





この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事