ここから本文です

登山ガイド ムーントレックのブログ

書庫全体表示

この時期、激混むが予想される北アルプス。人が少なくて静かな山旅が楽しめる槍ヶ岳飛騨沢コースに行ってきました。
天候不順の今シーズンの中で、貴重な好天気に恵まれ、最高の山旅でした。
1泊2日での槍ヶ岳は、かなりハードでしたが、その分、達成感、充実感は、1グレードアップ! 皆さん無事に登頂を果たされ、槍の穂先での表情は、どなたも最高でした。

最初は、林道ですが、途中から新穂高から穂高平までのショートカット道を登ります。
イメージ 1

さらに滝谷出合と進みます。ここまで、約3時間半。いいペースですが、まだまだ先は長いです。
イメージ 2

藤木氏のレリーフ
イメージ 3

千丈乗越分岐付近のお花畑。今年は、雪が多かったせいか花が豊富です。
イメージ 4

中崎尾根上部が目の前に見えます。けっこう近いです。 冬の槍ヶ岳登行コースです。
イメージ 5

槍平小屋を経てさらに飛騨沢をつめます。急こう配になり、疲れもでてきます。お花畑の可憐な花たちが慰めてくれます。
イメージ 6

やっと、飛騨乗越へ着きました。槍ヶ岳山荘まで、もうすぐです。天気もどんどん回復傾向へ。久しぶりの夏空です。大槍も姿を現しました。
イメージ 7

久しぶりの夏空をバックに。あと少しで槍ヶ岳山荘です。
イメージ 8

殺生ヒュッテ方面を見下ろすとブロッケン現象が見えました。
イメージ 9

槍ヶ岳山荘は、予想通り、かなり混んでいましたが、私たちは個室でなんとか休養をとれました。翌朝、4時半ころから、槍の穂先へアタック。ヘッデン着用です。
イメージ 10

しっかりとした鉄梯子を登ります。
イメージ 11

頂上にてちょうど日出。
イメージ 12

槍ヶ岳頂上は、予想通りの混雑状態。ちょっと危険です。写真をとってすぐに下降へ。
イメージ 13

モルゲンロートの穂高連峰。前穂高岳北尾根の美しいスカイラインは、何度見てもいいですね。
イメージ 14

笠が岳上空に浮かぶ槍ヶ岳穂先のシルエット。
イメージ 15

常念岳は、かなり低い位置に見下ろせます。
イメージ 16

前穂高岳北尾根。右に北穂高小屋も見えます。
イメージ 17

鉄梯子は、しっかりしており、慎重に行動すれば安全です
イメージ 18

下りが核心部です。岩から体を離して、足を置くスタンスを見極めるのがポイント。
イメージ 19

槍ヶ岳山荘で朝食をとり、テラスでティータイム。今日は、好天の中、ゆっくり降りるだけです。
イメージ 20

素晴らしい好天の中、眺めを楽しみながらゆっくりと下山します。
イメージ 21

下りは、早いです。
イメージ 22

宝の木まで降りてきました。
イメージ 23

槍平小屋へ降りてこれました。かき氷で水分補給します。
イメージ 24

下山後、平湯の森で汗を流して、名古屋へ。道路渋滞もそれほどなかったです。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事