ここから本文です

登山ガイド ムーントレックのブログ

書庫全体表示

 豪雪の世界記録(11m)の伊吹山へ登りました。自然条件の厳しい山で、風速10m以上の日が年間300日以上あるそうです。尾張の人間にとっては、伊吹おろしで有名。御嶽山とならんでその白銀の山容は、山への憧憬を掻き立てます。山が冠雪すると、なにか、無性にどこかに行きたくなる気がします。
 今回は、予想以上の好天に恵まれました。視界は、とてもクリア。琵琶湖、鈴鹿の連山、名古屋方面がくっきりと。ただ、寒気の影響で頂上は、とても寒かったですが。

現地集合場所は、例の高橋さんの駐車場。400円に値下げされてます。
イメージ 1

快調に1合目を越えると琵琶湖が背後に眺められます。今日はとてもクリア。
イメージ 2

3合目を越え、6合目の避難小屋へ。風が強く寒いので、ウェアは、完全防備体制へ。ストックをピッケルに持ち替えます。
イメージ 3

日曜日なので登山者が多いです。急登になります。
イメージ 4

登るにつれ、空間露出度が上がり、素晴らしい展望の中、テンションが高まります。
イメージ 5

山頂周回道に合流します。もうほとんど頂上。ガスのときは、ここの下降点を見つけることがとても重要
イメージ 6

琵琶湖の大きさにあらためて感動します。琵琶湖の先はすぐに日本海。裏日本にとても近いところです。
イメージ 7

真っ白な頂上広場。
イメージ 8

日本武尊像。エビのしっぽで、拝めません。
イメージ 9

頂上写真です。
イメージ 10

霊仙山、背後に御池岳、藤原岳。
イメージ 11

名古屋方面。名古屋と日本海がとても近いことが実感できます。
イメージ 12

発達したエビのしっぽ
イメージ 13

風をよけて昼食休憩。凍えます。。
イメージ 14

往路を下降します。けっこう急な下りです。
今回は、すべて順調で予定より早く終了しました。
イメージ 15


顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事