ここから本文です

登山ガイド ムーントレックのブログ

書庫全体表示

鎌ヶ岳へ至るロングルート、鎌尾根を登ってきました。
冬は、あまり登られていないようです。特に今年は、宮妻キャンプ場への林道が工事中のため、進入禁止となっており、30分程度余分に歩かなければなりません。
今回、いちおうトレースは、先週のものが部分的に残っていました。ただ、風が凄かったです。おそらく風速20m近い。鎌尾根の稜線では、終始、吹かれっぱなし。耐風姿勢を強いられました。鎌ヶ岳も衝立岩付近でやっと姿を現してくれました。思いのほか時間がかかり、岳峠で午後3時を回っており、ここで下山決定しました。駐車場に戻ったのは、日暮れ直前でした。鈴鹿でも条件次第では、厳しい冬山登山となります。

宮妻から林道を1時間程度、歩いて、さらに水沢峠を目指します。このあたり地形が複雑です。
イメージ 1

今回は、完全凍結していました。
イメージ 2

水沢峠から強風。遅れ気味ながら水沢岳へ。
イメージ 10

ひたすら稜線を歩きます。
イメージ 3

最初の難所、キノコ岩の下り。新雪斜面を降ります。
イメージ 9

キノコ岩の斜面。西側は、強風で雪が飛ばされてます。
イメージ 4

ネチネチと稜線を進んで、衝立岩へ。左から巻きます。
イメージ 5

鎌ヶ岳本峰がやっと姿を現しました。
イメージ 6

風が強く、雪が飛ばされて、地面が露出しています。樹氷も西側が発達しているのがわかります。
イメージ 7

このあたりは、もうトレースが消えています。この先の岳峠で、時間切れ。カズラ谷道から下山しました。
イメージ 8



顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事